人気ブログランキング |


不思議なこと


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
子供時代
若い日
カメラと写真
自分のこと
考えること
ニュース
テレビとラジオ
詩のようなもの
思い出
ようやく気がついた
食卓
気に食わないこと
歴史
過去と未来
言葉
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん 順..
by zoofox at 20:41
ヘルシーかつ酒の肴にもな..
by waku59 at 13:08
> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ハコスカ
at 2019-09-17 17:27
日本人とユダヤ人
at 2019-09-17 07:50
敬老の日
at 2019-09-16 21:49
変だね
at 2019-09-15 21:06
議論
at 2019-09-15 06:01
車が戻った
at 2019-09-14 20:00
子供
at 2019-09-14 07:56
人と向き合う
at 2019-09-13 12:35
世代
at 2019-09-12 09:07
買い物難民
at 2019-09-11 20:30
狂騒曲
at 2019-09-11 07:54
手元の不如意
at 2019-09-11 01:14
都市伝説かな
at 2019-09-10 20:27
三平さん
at 2019-09-10 04:15
時刻合わせ
at 2019-09-09 20:12
食堂
at 2019-09-09 09:09
悪いことと狡いこと
at 2019-09-08 16:46
車検
at 2019-09-07 08:06
京急電車
at 2019-09-06 08:14
ホットサンドの機械
at 2019-09-06 06:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2019年 08月 ( 49 )   > この月の画像一覧

おれ、おかしいかな

短絡的で刺激的な新聞やテレビ、Webニュースに頭の中がごしゃごしゃにされている。例によって時々自分のブログを読んでみる。投稿したものも下書きも、残したくないものが沢山ある。こんなに自分が色々なものにいとも容易く影響されていたとは思ってもいなかった。多分「パソコンで字を書く」という行為自体が余分なところにまで目が行ってしまうのだろう。

韓国も日本も「ヘイト」を商売にしている一連の人々がいる様だ。自発的なデモ隊が印刷された同じビラやプラカードを持つはずがない。昔からデモをするときは、プラカードの意匠を凝らすことが一つのアイデンティティだった。私たちのデモは分会ごとにハリボテの人形を作っていた。日本のヘイトの書き込みも、明らかに同じ人やグループが持ち回りで投稿している。香港のデモは雨傘さえバラバラだ、その方が迫力を感じる。

この「教材」が契機で、私は「日本近世の歴史」のこと「人間の反応」、「ポピュリズムの形成経緯」など貴重な観察結果を得ている。本に書かれていたことが目の前で起こる時に、そこにいるということは、年寄りにとっても十分刺激的だ。

だが、今後はあまりこのことには私生活でも触れない様にする。考えると血圧が上がる。話が通じないのはストレスの基だ。

しかし、歴史の立会人の一人として、書けるものは資料を貯めて、出典を明らかにして残す。何年か先に私が居なくなった後で、「日本があの時から違う道を歩き出した」、普通の爺さんがこんな未来を考えていたのか、と子供たちの参考になればいいと思っている。勿論、ゴミとして捨てられても悔いはない。もし日本が残っていれば、民主主義の将来形の先取り(専制の芽生え)を研究する人は沢山いるだろう。

追記(2019/09/01)
(もう書くまい)と自分で決めた。こんなことに神経を使うのは馬鹿げている。違う視点で整理ができれば、また少しは書く準備がある。当面気が付いたことはここに書き足す。

かの国の内部の事は知らない、知りたくもない。日本のテレビ局の至らなさに我慢ができない。結局「ニュース」ではなく「ニュースショー」でお茶を濁しているのは、冷静なニュースでは視聴率が取れないからだろう。扇情的、感情的な「番組作り」が「ショー」として、「娯楽」と「平和の危機」を同じレベルで「一時の出来事」として扱っている。
この人たちの頭はどうなっているのか。車で他者の通行を妨害して事故直前にまで追い込む事件と、国同士の付き合いの大問題、もしかしたら日本にミサイルが飛んでくるかもしれない、後生大事に抱えていた安保体制が崩れる危機に面している状況。こんなことを真剣に伝えようとしない。かの国の悪口を言い放題のテレビ局が、知らん顔をしてこの国のドラマを放送し続けている。結局は茶番で茶番に踊らされている。家庭の主婦たちが、お茶を飲みながら「大変な国だね」ときっと話題にしている。私も「感情」を突かれるとこんなに脆いものか、と自分が情けない。

日本でもかの国でも、もう一つ二つの国でも、誰か「台本」を書いている人が絶対いる。その目的は沢山思い当たりすぎて訳が分からない。今も昔も事件の本質は簡単だ。『誰が一番得をするか』、とか『誰が一番儲けてきたか』ということを二重三重の印象操作を払いのけて考えれば、納得がいく。大衆を意のままに操り自分の目的に導こうとしている「人たち」がきっといるはずだ。


by zoofox | 2019-08-31 22:47 | 自分のこと | Comments(0)

後進国

日本で高名な情報業界の大立者がアメリカで講演した。曰く「日本は先進国ではなく『後進国』だ」という。韓国出身の人だし大騒ぎになるかと思っていたら至って静かだ。要するに「情報業界では更新(進歩)を怠るとあっという間に後進国になる」という意味らしい。また、今流行りの日本ヘイトの発言でなければ、静かに聞く度量が日本人にはあるらしい。私としては(この国で散々儲けておきながらよく言うよ)という気持ちはあるが、もっともだと思う。

ということは「先進国」というのは不動の地位ではないということだ。先進国だとおだれられて、自国を肥やすことに努力せず、”宗主国”や”後進国”に延々と金をつぎ込めば、やがては追い抜かれる。巨大な貯えを隠していれば”老大国”などという隠居の名称が与えられる。日本は老大国にも成れないだろうなと感じる。

中国やインドやインドネシアに追い抜かれれば、単なる「後進国」になる。私はそれは「世の習い」だと思う。ウサギと亀の逸話は”足の速さ”ではなくて”時間”だと思う。世界の中で「日本の時間はもう終わりつつある」ということに気が付いて発言する、これは慧眼だと思う。問題は何時もの通り、「問題提起する者は解決策を準備しておかなければならない」ということだろう。では、後進国に向かう日本はどうしたらいいのか。

難しい想定だな。国民の平均年齢はどんどん高くなる。今後は「攻める」より「守る」が大切になるのだろう。私は穏やかに「グローバル」から遠ざかることかな、とも思う。別に民族主義ではない。世界の一会員として、国内を外国の色々な脅威から守り、目立たずにヤマアラシのような準備をしながら、穏やかに義務を果たす。何時までもトップランナーではいられない。そう気が付けば、「輸出入」、「環境問題」、「文化を守ること」、「無駄な付き合いの廃止」等々、やることは沢山ある。

「トップランナーでいなくていい」とは、寂しいことだが、世界の注目を浴びずに国内を肥やす、この方が国民には嬉しい。

by zoofox | 2019-08-31 08:05 | 気になること | Comments(0)

アドレスを消した

迷惑メールの事で何度かこのことには触れた。電話線の時からあるプロバイダーと契約して、私のインターネット生活とともにあったアドレスを解約した。分かりにくいプロバイダーの「解約方法」を探してやっと電話がつながり、電話上で解約手続きは済んだ。常時接続にしてからは、メールと宣伝の入らない「ホームページスペース」のためにずっと残しておいた。

愛着のあるアドレスだが、スパム、成りすまし、フィッシングと中国の「ある奴」のメールだけは防御を超えて入ってくる。「中国」と断定するのは使っている漢字と言葉の不自然さだ。同じところからずっとたらたらと入ってくる。あるいは日本の中から配信されているのかも知れない。メールが来るのは土曜と日曜だ。「IPアドレス」は分かっているのに、プロバイダーにも警察の婦人警官にも相談したが解決策はなかった。「アマゾンのプレミア会員」、「ヤフーのプレミア会員」まだあと幾つか、『更新が遅れています。個人(クレジット)情報を更新しないと利用できなくなります・・』と、手を変え品を変えメールを寄こす。ありそうな設定だが、私には心当たりがないからすぐわかる。

何だか不愉快だってありゃしない。夜メールの向こう側でひっそりと作業している「若い男」の姿が目に浮かぶ。

だから、愛着を捨てた。

by zoofox | 2019-08-31 06:03 | 気に食わないこと | Comments(0)

拝謁記

8月15日以降、宮内庁の長官だった田島道治氏が残した「拝謁記」がニュースになっていた。戦争が終わった後に生まれた私の心の中には「天皇制」の時代は生きていない。昭和天皇を賛美するわけではないが、私の中で昭和天皇は特別な天皇だった。神が人間になった人だ。皇室という枠を外して、「歴史上の人物」として子供のころから見ていた。何で日本の隅々まで行幸を繰り返すのか。生き残って「象徴像」をどう考えていたのか。田島氏の記録が100パーセント信じられるのかは分からないが、公開された記録の中からマスコミは「記事になる」部分だけを強調するのは気になる。

今年齢を重ねて考えると、何のことはない。きっと当時の大人や周りの政治家は「天皇の迷い」をみんな知っていたのだろう。吉田茂は天皇の苦悩の表現にストップまでかけている。その一部が今漏れ出て見えている。近世の政治家(?)で徳川慶喜と昭和天皇は(なんか似ているな)と思う。一度は「武士の頭領」の椅子に座った人だ。慶喜は大政奉還をし、昭和天皇は敗戦以後の自分の立場を自分で考えて決める、という厄介な仕事に取り組んだ。二人とも大事の後に天寿を全うしている。

新聞は「反省」という言葉を大きく取り上げる。しかしその割に「何に対して」という考察が緻密ではない。新聞の記事を書く人は、「今の感情」だけではなく「書かれた時代背景」に対する考慮も必要だ。今の世の中の陳謝すれば済む「反省」とは同じ意味ではないと思う。当時はまだ混乱が続いていた。ロシアや中国や朝鮮や南アジアから、すべての日本人が引き揚げてきたわけではない。敗走の途中で命を落とした人もたくさんいる。戦争で亡くなった人々の命と財産。その混乱を引き起こしたこと全てに、自分の責任をひしひしと感じていたのではないのか。個人的には生きていることが苦しくなるほどの苦悩だったと思う。自分自身の将来も見えない時代だった。

天皇の戦争に対する責任は、時代が決めることだった。時代の狭間で、時代が決める責任と自ら感じる責任の乖離に悩んでいたように感じる。特別な時代の特別な位置にいた人の気持ちは、このような資料が少しずつ解き明かしてくれないと、永遠に埋もれてしまう。自分の命が自分の自由にならない苦悩かも知れない。

言いたいことが上手く伝わるように書けない。ただ昭和天皇が試行した「象徴」の仕事は昭和天皇だけのものだ。後から続く天皇は外側だけを真似ても、その苦悩には触れられない。自分の命が尽きるまで、人々の安寧を神に祈り続け、滞りなく神事を司り、戒律を守り、日本の国の隅々までを見て回った(いや、見られて回った)、これは昭和天皇の方法だ。天皇が凡庸か秀逸かは関係ない。国民を思い祈るのが本来の役目だ。同時に政治から独立した「外交官」として各国と好誼(よしみ)を通じる必要もあった。

英語の訳はともかく、天皇は国王でも貴族でも大統領でもない。昭和天皇は力をもって利用されることにも敏感だったように感じる。趣味の磯歩きからいつの間にか勉強して学者になっている。国民から見ると「戦争を起こした天皇が今は学業に専念している」という姿は、先の戦争を遠くに感じ、日本は二度と戦争はしないと悟る手段になった。昭和天皇はそんな人だったと思っている。

民主主義の中の天皇は「国民を護る」ことを真剣に考えて欲しい。

※私は天皇制に対する批判は特に持たない。「天皇制を創り上げ利用した時代」に興味がある。今の時代は昭和天皇の考えた時代の方向に動いているのだろうか。

by zoofox | 2019-08-30 11:12 | 考えること

見ぐさいこと

私の家は明治、大正、昭和の三代の家族がいたから、出身地の違いと時代の違いで今思い出すと面白い言葉が行き交っていた。「見ぐさい」という言葉も、方言なのか時代の言葉なのか今となっては分からない。「みっともない」が一番近いと思われるが、相手に投げかける悪口には使われなかったから、少し意味が違うのだろう。”見る”と”臭い”の複合語だ。叱られるときに「そんな見ぐさいことをするな」とか使われた記憶がある。総じて「不快な印象を与えるようなこと」、「不誠実なこと」の意味らしい。

方言にしろ昔言葉にしろ、感覚的な、感情的な意味が強いように感じる。私にはこの一言で意味が通じる。何故こんな言葉を思い出したのか。あまりに「見ぐさいこと」が多すぎるからかもしれない。

by zoofox | 2019-08-29 22:44 | 思い出 | Comments(0)

文化人類学

学生の頃、履修科目の余り単位というのが時々発生した。取らなくてもいいが取ってもいいという単位だ。半年、二単位の「文化人類学」という科目を取った。広い階段教室は学生で埋まっていた。彼は「人気助教授」だった。世界中を旅して研究し、本を書き、時々学校で講義する。そんな生き方は当時でも(いいな)と感じる人が多かったのだろう。半年、20回ほどの講義は「学問」だから面白いだけではない、かなり数量的な調査と解析があった。しかし、スライドの写真と軽妙な語り口は忘れられない。

しかし、「人間とその行動を見つめる学問」があるというのは新しい感覚だった。僅か半年の受講で私は「人(自分)を観察する」ことに興味を持つ。「何故、何のためにこんなことをするのか」、ほとんどの場合は丁寧に観察すれば原因と結果がある。

それから「教育」という学問が気になった。当時の社会情勢から私は教師への道を諦めたが、(これは使える)と合点がいったことは手帳に書いていた。それも遠い昔のことだ。しかし、会社員になって若い人たちと話をするとき、そんな時のヒントが役に立つことがあった。

人を誉める時は自分の直感ですぐ誉めろ。人を非難するときはじっくり考えて選んだ言葉で伝えるべきだ。関東と関西は「バカ」と「アホ」のニュアンスが違う。どんな時でも怒りに任せて全人格を否定するような叱り方はいけない。そんなことも言った。

まあ、文化人類学とはあまり関係がないが、自分の行動を少し醒めた目で脇から見つめる、というのは今でも必要かな。

by zoofox | 2019-08-29 08:17 | 考えること | Comments(0)

水平射撃

香港のデモは一向に留まるところを知らない。中国の「武装警察」がデモ隊に向けてピストルを構えている映像が流れた。上空に向けての威嚇射撃だったと報じられ、音は聞こえるが射撃している姿は写っていなかった。これ、子供のころ見たことがある、60年安保の皇居前の白黒写真だ。警官がSWの38口径(多分)の拳銃を水平に構えていた。帽子の顎紐をかけて白い手袋をしていたと思う。片手撃ちの姿勢だから多分45口径ではないと思った。当時も(日本はどうなるんだろう)と不安に思った。

デモを鎮圧するのにピストルを出してくるのは、どう考えても行き過ぎだ。水平に撃てば怪我人や死亡者が容易に予想される。でも、映像が流れる間はまだ余裕がある。いざとなったらこの国はブラックホールのように情報を出さなくなる。天安門事件のフェイクニュース(?)に神経を尖らせて、欧米のメディアの前では同じ間違いを見せないように必死で抑えている。それがピストルを解禁したのだから、武力鎮圧は近いのかな。

何か世界中の人が苛立っている。その先は何だ?

by zoofox | 2019-08-29 05:41 | 気になること | Comments(0)

また一年

午後9時、フェンスを閉めに庭に出ると微かに虫の声が聞こえた。(去年も書いたな)とふと思い出す。「ツンツンツン」と鐘を叩くような声だ。姿は知らないが「スイッチョ」だ。去年も聞いた。去年はとんでもない暑い夏で心身ともに疲れた。それでも「秋」が来ると、虫はちゃんと鳴きだす。今年は寒い梅雨がありとんでもなく暑い日があって、もう8月も末だ。(こんな狭い庭で良く生きていたな)と毎度のことながら感心する。

また一年生き延びた。これからは毎年そう思うんだろうな、きっと。

by zoofox | 2019-08-28 21:15 | 身の回りのこと | Comments(0)

年金水準

参議院選挙が終わって韓国の騒ぎもあるし、もういいという判断が出たのか、厚生労働省が年金の「財政検証結果」を発表した。「28年後には現役収入の5割に」という見出しがある。とんでもない、私の年金は「3割以下で2割付近」だ。中小企業で企業年金がなかった分は少ないが、とても「5割」などと言うのは夢の数字だ。それもこれから28年後に訪れるという。答えは分かっている。基準になるのが「標準世帯」だからだ。会社勤めの夫と専業主婦の組み合わせなど、今の社会では稀になっている。世帯収入は親父の分、年金収入は二人分と説明が明確にあれば納得する。

今の世の中、結婚しない男女も増えている。柔らかく新聞の記事にはなっても、単身老人の厳しい現実はわざと避けている。数字のマジックは怖い。最近は「同じ言葉」で「同じ内容」を伝え合わない風潮だ。嘘ではないがミスリードはいけない。外国の事にばかりかまけていないで、いい加減に国内の混乱と疲弊を何とかする気はないのだろうか。

by zoofox | 2019-08-28 08:28 | 気に食わないこと | Comments(0)

PV稼ぎ

ここ半年ほど(テレビは気が狂ったのかな)と心配していた。韓国の「日本ヘイト」と日本の「韓国ヘイト」が入り乱れ、「高速道路でのあおり運転」のドラレコ映像を手に入れると、一日中流し続けている。私は「マスコミの乱れ」と受け取っていたが、一歩下がって考えると、新聞は週刊誌と違い案外冷静に報道している。勿論、どこを贔屓にするかで多少の表現の違いはあるが、 自制的に感じる。Webは滅茶苦茶、テレビもほぼ滅茶苦茶だ。だから私は動物ドキュメンタリーや古いドラマを観ている。

「視聴率」という言葉が「PV稼ぎ」と一致しなかった。Webでは「クリックして貰ってなんぼ」という世界だから、扇情的に扱えば扱う程スポンサー収入が増える。視聴率争いがし烈だとは聞いていたが、こんなところに出てくるとは。この種類の問題を、コメンテーターなる人を入れて、煽れば煽る程視聴率が上がるのだろう。

報道規制はとんでもないが、この「ニュースの煽り」はトランプの言った「フェイクニュース」とどう違うのだろうか。

こんな安易な番組作りを続ければ、車離れの次は確実にテレビ離れが来る。長い目で見れば自分で自分の首を絞めている。○HKさんこれでいいのかい。民放だけの問題じゃないよ。スポンサーは受信料を払っている人々なんだからね。

by zoofox | 2019-08-27 23:31 | ようやく気がついた | Comments(0)