人気ブログランキング |


不思議なこと


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
子供時代
若い日
カメラと写真
自分のこと
考えること
ニュース
テレビとラジオ
詩のようなもの
思い出
ようやく気がついた
食卓
気に食わないこと
歴史
過去と未来
言葉
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん 順..
by zoofox at 20:41
ヘルシーかつ酒の肴にもな..
by waku59 at 13:08
> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ハコスカ
at 2019-09-17 17:27
日本人とユダヤ人
at 2019-09-17 07:50
敬老の日
at 2019-09-16 21:49
変だね
at 2019-09-15 21:06
議論
at 2019-09-15 06:01
車が戻った
at 2019-09-14 20:00
子供
at 2019-09-14 07:56
人と向き合う
at 2019-09-13 12:35
世代
at 2019-09-12 09:07
買い物難民
at 2019-09-11 20:30
狂騒曲
at 2019-09-11 07:54
手元の不如意
at 2019-09-11 01:14
都市伝説かな
at 2019-09-10 20:27
三平さん
at 2019-09-10 04:15
時刻合わせ
at 2019-09-09 20:12
食堂
at 2019-09-09 09:09
悪いことと狡いこと
at 2019-09-08 16:46
車検
at 2019-09-07 08:06
京急電車
at 2019-09-06 08:14
ホットサンドの機械
at 2019-09-06 06:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2019年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんの強襲

昨日は「赤ちゃんの強襲」を受けて予定がすっかり狂いました。少しずつ時間をおいて見る赤ちゃんは、赤ん坊から「坊主」に変わりつつあります。上と下に白い歯が少し見えて、何でもカリカリと齧ります。(これはやんちゃ坊主になるな)と今からその片鱗が見えます。親からすると数時間でも集中から解き放されて、洗濯、掃除、買い物と赤ん坊のいない時間も必要なようです。「みんな一人で見ているんだから」と口では言いますが、ミルクを飲んだ後、頭がだんだん熱くなり、身動きが少なくなって抱かれたままコテンと眠りに入る姿は一種の醍醐味でしょうか。

あっという間に這い出して、今は掴まり立ちの練習をしています。膝の間に入れると立ってそのまま遊んでいます。自分の言葉でしゃべり、独り言を言い、文句を言います。言葉も少し出ているように感じます。「ヤダ」、「マンマ」などは偶然とは思えないけれどまだ本物ではないようです。

私の直系ではありませんが、「血」というものは面白いなと感じます。ちょっとした部分や表情が「母親」や「親戚の人たち」に似ています。旦那の両親もそう思っているのでしょう。

私に子供がいればもう40才を超えているでしょう。(何で結婚しなかったのかな)とは思いますが後悔はありません。子供がいても寂しい友人は沢山います。いてもいなくても老人は寂しいものです。

by zoofox | 2019-07-31 07:51 | 身の回りのこと | Comments(0)

ネット遊び

何か最近のざわざわとした世間の原因の一つが見えた。キーワードは「PV(Page View)」にあると何年か前に書かれた記事があった。「PV」自体には幾つかの訳があるが、Web上のページをクリックした回数が色々な利益を生み出しているらしい。インターネット上の「記事」の評価は「クリック数」しかない。内容は問われない。結局、だれが書いたか分かりにくい、内容の検証が行われにくい(都合が悪いとさっさと削除する)、それとGAFAの野放図な情報集めと拡散の手法が重なっている。

政権の批判ばかりを読む人の画面には「政権批判」の記事が紹介される。韓国の大騒ぎを注目する人にはそれなりの記事、中国やロシアに注目するとそちら方面と蓄積された情報が「お勧め記事」として、個人の嗜好にまで入り込んでくる。検証は無用なのだから、センセーショナルな或いはヒステリックな記事(コンテンツ)ほど目を引き、PVを上げれば金が入る。大新聞社、通信社、週刊誌・・・等々も「デジタル版」としてWeb上での争いをしていると、派手な見出しの記事に簡単に抜かれる。

ポータルサイトの記事が最近特に荒れているなと感じていたのは、私の思考がどうでもいい記事を探して歩いた結果なのだな、と気が付いた。多分GAFAの提供する優先順位は幾つかの要素が混ざっているらしい。個人の嗜好と提供する側の優先順位があるようだ。自分に対して開かれたページだけを見ていると、(ほほう、世間はこう動いているのか)と思い込むが、「世間」とはAiが作った仮の世界かもしれない。

かの国のヒステリックな反応と日本の対応は、Web掲示板の書き込みと同じに見える。「ホワイト国」といい「吉本問題」といい、似ているな。きっと私たちが新しいエンターテインメントをこんな所に求めているからかもしれない。

ネット遊びには少し飽きてきた。




by zoofox | 2019-07-31 05:52 | 気になること | Comments(0)

忘れる

一昨日の夜、カメラの電池の充電をした。本格的に暑くならないうちに川岸の鳥たちに挨拶してこようと準備していた。ペンタックスのMEにもISO400のフィルムを入れた。昨日は朝起きて、胸に薄く汗の名残があった。あっという間に本格的な夏が来た。20日前には寒い寒いと言っていたのに、これだものな。歯医者に定期健診に行った。終わってから床屋に回る(ここは月曜日定休ではない)。スーパーの駐車場で刈り上げた頭が痛い。急いで帽子を探す。1cmでも2cmでも毛がある時は夏の太陽に「頭が痛い」という感覚はなかった。坊さん刈りにしてからは夏は痛いし冬は極端に寒い。
c0366973_23000306.jpg
ペンタックスME リコーF2の50㎜付

c0366973_23003476.jpg
ペンタックスK-7 18-135mmの定番ズーム付
持って行くのはこの二台。最近のカメラはどんどん軽くなっている。これは重たい。

結局買い込んだ冷凍食品が溶けるので川岸には行けなかった。予定していたことができないというのは私の一番大嫌いなことだった。今は違う。日陰の少ない当地では、ここ何年かの夏の暑さは「命の危険」を感じる。テレビが「熱中症」とか「脱水症」とか騒ぎ過ぎるきらいもある。

さて、今日はどうだろう。今日、明日はもう予定がない。何処へ行ってはねられても自己責任だ。フェンスの鎖と南京錠を忘れないように買おう。途中本屋にも寄りたい。たまには外食でもしたいが、食事計算が滅茶苦茶になり、後からの修正に手間取る。面倒くさいことだな。

私は「その時」が来ないと思い出さない。去年の暑さは毎日異常だった。暑くなって初めて思い出す。冬の寒さも同様だ。手帳の日記で血圧の後に、一行か二行「暑い」とか「○○で写真」と書いておく。それだけで思い出すことができる。同居人は根が真面目だから私が70才のお祝いに上げた「10年日記」をこまめにつけている。記録スペースは私の手帳の何倍もある。私の日記はブログが代用で手帳にはほんのエッセンスしか書いていない。それでも雰囲気は伝わる。何とか風化しようとする記憶を止めておいてくれる。

それをもう一つ補強するのが写真かな。フィルムカメラは暫らく操作しないと使い方を忘れる。しかもそれに現場で気が付く。使えるうちにどんどん使わないとな。きっと暑いだろうな。

by zoofox | 2019-07-30 06:04 | 自分のこと | Comments(0)

クライマーズハイ

私はクロスワードパズルが好きだ。クイズの本を買ってきて没頭するほどではない。休みの日の朝に新聞のパズルを解く。新聞のパズルはある意味高度だ。連想の細かい隙間を攻めてくる。

廊下の突き当りに小さな棚があり、洗剤とか電池とか細々とした必要品がストックしてある。目の高さにピンクの「ドライマーク付き(用)洗剤」と書いた箱がある。ここを通って目にするたびに「クライマーズハイ」という言葉が浮かんでくる。関連は何もないが、私の中では何かの関連を感じているのだろう。連想好きは中学生の頃の「駄洒落好き」がまだ残っているのだろう。言葉の一部を置き換えて、思いもよらぬ言葉と言葉を結び付けるというのは案外高度な遊びだ。これで子供は言葉を覚える。

昨夜瀬戸大地選手が400m個人メドレーで優勝して、現地のインタビューを受けていた。会場に流れるインタビューは、何と韓国語だった。しゃべって答えている。会場の雰囲気は一変して歓声が沸き上がった。日本で外国人優勝者が「アリガトゴザイマシタ」と答えてもこれほどの歓声は生まれない。(ふーんこういうことか)と私は独りごちた。何がこういうことかとは説明し難いが、印象と現実は少しずれているということなのかな。

クロスワードはすべての言葉が明らかにならないと、隠されたキーワードは表れてこない。世の中そんなもんだな。

by zoofox | 2019-07-29 07:48 | 気になること | Comments(0)

GAFAって何だ

テレビ爺のテレビが先週から不調だ。CATVの接続が少しずつおかしくなって、とうとう地上波の接続も切れた。電話を一本すればいいだけの話だが、(どうなるかな)とまだ放ってある。こんな時でもないと撮りためた映画や番組の録画をじっくり見られない。まあ、映画のストックは沢山あること。入院中は地上波だけで、BS、CSやネットの遮断を経験したばかりだ。今TVで見られるのは「ユーチューブ」だけだ。

ごちゃ混ぜの、連日続いたテレビ報道に(もう情報はお腹いっぱい)という感じもあった。少し遠ざかりたいなという自分の意思もあるようだ。まあ、すっきりすること。自分の見たいものだけを見る、という選択をしばらく忘れていたようだ。茶の間のおしゃべり箱を自室まで持ち込んだのが間違いだったな。

テレビ爺がネット爺になりつつある。ネットのニュースは玉石混交というより、「石」ばかりに見える。メールを読みにポータルサイトに行くと、一度検索した商品が山のように出てくる。これではGAFAが目の敵にされるなと感じる。テレビは自分の都合で情報を送り付けるが、ネットは知りえた情報を元にこれでもかと宣伝を仕掛けてくる。TVより始末が悪い。

都会の隠遁生活を気取っていても、容赦なく押し寄せてくる。(ネットも遮断すればもっと爽快だろうな)と本当に思っている。道を歩きながらもスマホにはまり込む人たちの頭の中はどうなっているんだろうか、とも思う。

by zoofox | 2019-07-28 10:50 | 気になること | Comments(0)

飲めない水

爺さんは早起きだし、新聞が好きだ。ニュースに触れていることで自分が生きている実感を探している。新聞が物足りないとラジオやテレビを頼る。それでも「情報貧乏」の渇きは満たされない。その次はネットの世界、Webのポータルニュースにはまり込む。〇チャンネルや外国の「日本語ニュース」も覗く。大新聞社の「デジタル版」は頭の見出しだけで後は有料になる。以前は情報を語る人は、毎日何種類もの新聞を読むと聞いた。ニュースは背景を考慮して読み比べないと、自分の判断に近づかない。

自分の前に差し出されたコップの水をぐいぐいと飲んで、(社会とはこんなものか)と思っていた時代が懐かしい。やっと気が付く。差し出されたコップの水は吟味しないで飲んではいけないものだった。今の時代は厄介だなと思う。気が付かずに汚染された水を飲み続けることもある。

この感覚的な「不信感」とキャンキャンと犬のように同じことを喚き続けるマスコミ。「○○から国民を守る党」が議席を得たが、「有害情報から身を守る」ことは無理なのかな。そんなことに神経質になると身の回りは「飲めない水」ばかりだった。

by zoofox | 2019-07-27 05:39 | 考えること | Comments(0)

時代は変わっているのか

高校野球の岩手県決勝戦で大船渡高校の佐々木選手は登板せず、学校は甲子園出場直前で敗戦となった。毎日、佐々木選手のニュースを楽しみにしていたが、(こういう選択もできるようになったんだ)と妙に得心した。監督が大人の選択をしたのか、冷静に選手の体調を見ていたのか、そのあたりにはあまり興味はない。選択も結果の一つだ。

「もう一歩頑張れば、何とかなる」と頑張った結果が無残に終わる、そんな場面が沢山あった。その逆も沢山あった。高校野球では「甲子園に出場すること」が選手や学校の最大の目標として有り続けた。自分の身体を顧みない頑張りが、美徳とされ手本とされてきた。監督は詳しく語らないが、そんな高校野球界の従来の動機付けに「少し違うんじゃないの」と意見しているように見えた。

「アスリート・ファースト」だと声高に言われる。当然のことだ。頑張れ、頑張れと尻を叩くことや学校の知名度を上げることだけが指揮官の仕事ではない。MLBの選手の使い方を、最初は(何でこんなにかったるい使い方をするんだ)と思っていたが、観客に素晴らしいパフォーマンスを見せるための「現場の知恵」だったんだな。

今までの「何が何でも甲子園」というのは少し度が過ぎた。春と夏に選手の一挙手一投足に日本中が注目し応援した時代はもうない。チームメイトの「彼には次の段階があると思いますから」という言葉が印象的だ。急いで使いすぎて身体を壊すことはない。冷静なチームが出てきたなと思う。

by zoofox | 2019-07-26 08:06 | 気になること | Comments(0)

ロボットのカンブリア爆発

NHKを毛嫌いしていたが、普段のテレビを見たくないときは、テレビのEテレ、ラジオの第二放送はたまに聞く、等圧線を延々呼び上げる「気象通報」は何故か昔から飽きない。その昔の北朝鮮の暗号通信のようだ。夕食後の第二放送だった。

大阪大学の石黒先生が「人工知能ついて」講義していた。世間では「Aiが人間の職を奪う」、「人間とロボットはどう向き合って生きればいいか」などという入り口論が多いが、この先生はもっと先を見ている。「少なくても数世紀未来には人間とロボットとのキメラ(複合体)や多様な体や形態を有したアンドロイドが生まれ、ロボットのカンブリア爆発(多様性のある大進化=元爬虫類のカンブリア爆発)があるだろう(意訳)」。とおっしゃる。

ちょっと待ってよ。それって23世紀や25世紀には、人間の世の中は終わっているってことなのかなあ。日本だったら、「”江戸時代”があって”東京時代”があって、都市の空洞化と高齢化が進み、”多様性を持ったAiの人工知能ロボットの世界(時代)”になる」、ってことかな。大胆なこと言うなこの先生。「より良い人間の未来のために」とか「子供たちに美しい地球を残さなければ」とかという決まり文句の未来はどうなるの。人間はどうなるんだよ。短い時間で石黒先生は「地球に暮らすその時代の人間たち」については触れていなかった。手塚治虫だったら、このAiの進化を何というだろう。「ほら、僕の言った通りだろう」とはけして言わないだろう。意見を聞きたいものだ。

最近、何十年か先には人間のする仕事の半分はAiロボットの仕事になる。という発言がある。学者の考える未来では、この動きがあっという間に加速されて、「時代」をつくる。将棋や碁の世界ではとうにAiが人間の天才を凌駕している。単純作業ではずっと前からだ。この蓄積が「カンブリア爆発」したら、人間は軽く駆逐されてしまうだろうな。一番先端科学を消費する戦争の現場では、「ドローン」は欠かせないものになっている。戦争はAiが人間の代理をすることになりそうだ。・・・何だか明るい未来じゃないな。

by zoofox | 2019-07-25 05:56 | テレビとラジオ | Comments(0)

美しい日本の私

何年かに一度「川端康成」のこの小評論を思い出す。当時はノーベル賞の授賞式でこんな小難しい「意見」を書いたのか良く分からなかった。今でも分からない。しかし、日本の歴史から考えると、戦後復興の劣等感からイケイケどんどんの日本が、立ち止まり大きく右旋回したポイントのように感じる。日本人の本質は「自分の事を誇らない」にあると思うがそれを破った。「神秘の国日本」の手品の種をばらすような効果があったな、と思い当たる。

気が向いたときに、京都に飛び、奈良に行き、誰でもが「古い日本」に触れることができた。人気の少ない縁側に腰かけ石の庭を見つめる自由もあった。長いこと薄暗い金堂で仏の顔を見上げている時間もあった。古い日本に取り囲まれるときの何とも言えない安ど感、静けさ、そんなものを大切にしていた。

そんな国民の財産を色々な手段で拡散し、宣伝して観光客を呼ぶ。観光客は「珍しいもの」を見に来るだけだ。「へー、日本人はこんなものを大切にしてるんだ」と落書きして疵をつける。食べ物を食べ散らして道に捨てる。自分たちの大切にしてきたものをわざわざPRするのが悪い。(私たちはこんなに歴史を大切にする民族なんですよ)と外国に知らせる必要があるのだろうか。国土は消耗品でも金儲けの道具でもない。先祖の遺産で飯が食えると思うのは間違いだ。

アピールして注目されれば、今度はそれを守ろうとする。意識せずに普通にやってきたことが、今度は一つの目標になる。

あの頃から日本が少しずつ変わり始めたと思う。自分の国を誇ることは大切だが、外国に大きく知らせる必要はない。外国のように胸に手を当てて国歌を聞く必要もない。古い寺の裏道を歩くときに、そっと頭を下げたり、(また来ましたよ)と心の中で呟くだけで意識は通じる。

by zoofox | 2019-07-24 09:56 | Comments(0)

病院には何かが住む

ああそうだな、と思い直す。九日間入院していた。寒い寒い入院生活だった。書かないでおこうと思っていたが、忘れるわけにもいかない。特に治療を要する訳でもなし、検査と安静の日々だった。病院食は味気なくて毎日腹を空かせていた。足がなまるから屋上を千歩ずつ歩いた。薄暗い曇り空ばかり見ていた。検査をして投薬内容を一新した。何とか(少しはいいかな)と劇的な変化はない。

栄養指導のお姐さんに、こんこんとお話しされた。彼女の指導による体重の減少は評価しているようだが、栄養的には至らないらしい。何の何グラムの中には、何と何が入っている。この(何を)栄養秤で測って調節しないといけない。私の食べ方は「野菜炒め」、「酢豚」、「カレーライス」、「サラダ」と言うように一度に食べる量以上を大皿に作って、タッパに入れ冷蔵して何度かに分けで食べるものがある。若い人にはこの食べ方が理解できない。「食事は一度に食べるものを作る」という先入観がある。最終的には仕切りのある大皿を用意して、そこに盛り分け写真を撮る。材料吟味から始めると食事前には憂鬱になる。(何時までこれが続くのか)と考えたらもう駄目だ。だからそんなことは考えない。

やはり去年の猛暑辺り(車に乗らなくなった頃)から少しずつ身体は弱っているらしい。病院の歯科も受診した。私は痛みをこらえているのだが、レントゲンを撮って「まだ大丈夫ですね」という意見だ。痛いんだから抜いて欲しいと思ったが、痛み止めをくれただけだった。どうせだから抜歯してもらえばよかった。

保険屋さんに請求したが、何の足しにもならないな。でも病院にいる時は時々人が亡くなっているらしいし、トイレで唸っているお爺さんがいる。深夜の洗面所でお婆さんを口説いているお爺さんもいる、静かな廊下に丸聞こえだ。

退院してから思うと入院中は妙に気が大きくなっている。少しの痛みや不調は気にならない。きっと病院には何かが住んでいるんだろうな。

「具合が悪くなったら短期で入院できますか?」と聞いたら「いいですよ」といっていた。・・・・誰が入院なんかしたいものか。

by zoofox | 2019-07-24 06:05 | 自分のこと | Comments(2)