人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2019年 06月 ( 44 )   > この月の画像一覧

夏の子

7月になる。もう夏だ。

10才位までの記憶はほとんどが夏だ。心を凝らせば、正月や凧揚げと泥あんか、祖母が灰を掻きまわしていた火鉢、火鉢に鉄板を渡して焼いてもらったうどん粉の「亀」、などが浮かんでくる。それぞれに楽しいのだが、私の記憶は「夏」に集中している。春や秋は印象が薄い。

米軍の空爆は正確で、川を挟んだ工場地帯は爆弾、こちら側の市街地は焼夷弾(ナパーム)と分けて攻撃したらしい。まちは平らで浅草の松屋や川岸の工場などの、コンクリートの建物が「縁側」から見えていた。夜には小名木川の貨物列車の音が聞こえていた。

工場地帯は当時は「廃墟」だった。工場が戻ってくるのはもう少し後になる。夏になると見渡す限りの「原っぱ」が広がる。何キロも遮るものがないという視界は、私の原点の一つになっている。毎年駄菓子屋で竹の棒に網が付いた「虫取り」を買った。もう少し年上の子は「竿竹」に鳥もちを着けて虫取りをした。草の生い茂る原っぱの所々にレンガ造りの塀が残っていたり、建物の土台があった。

圧巻は二つ三つあった池(爆弾の痕)だ。子供はここで戦争があり、爆弾が落とされたことなど知らない。こんな情景に疑問を挟んだ記憶はない。戦後10年以内だろうが爆弾の痕は立派な池になり、小魚が泳ぎカエルが繁殖しザリガニが這い、水の中にはミジンコが漂って立派な生態系を形作っていた。「アメンボ」は不思議な生き物で腰を下ろして(何で浮くんだろう)とずっと見ていた。「何で魚がいるの」と尋ねた記憶がある。「卵が風に乗って飛んでくるんだよ」と言われて納得した。

原っぱは昆虫の宝庫だった。子供たちは一つ一つに名前を付けて区別していた。頭のとがった草色のバッタは、大きなものから小さなものまで沢山いた。子供の分類ではイナゴはやや高級なバッタだった。トンボも糸トンボから、シオカラトンボ、など小中型は子供でも採れた。バッタの王様が「オオト(大型のイナゴ)」ならトンボの王様は「オニヤンマ」だった。大きくて立派で、高いところを毎日同じ時間に同じ通路で一直線に飛ぶ。大きな子や大人は大型の網で、待ち構えている。それで捕まる。石を投げると着いてくる。(あまり頭良くないな)と思っていた。

池で子供がおぼれて死んだという話はほとんど聞かない。「危ないから行っちゃだめだよ」と言われていたが「自己責任」で遊んでいたらしい。

沢山の虫を観察し、飼い、放し、じっくりと観察していた。(この小さなものにある「命」とは何だろう)と、子供は子供なりに毎日「不思議」を体験していた。草も木も昆虫も蜘蛛も、最初に実物を知り後から名前を聞いた。この体験による学び方がいつまでも残る。

用水路は下水道管が埋められ、道路の工事が始まり少しずつ工場が帰ってきた。あの空白の10年間ほどの間、子供たちの記憶に「緑の草原」が束の間生まれて消えた。私の夏の思い出はあの草原の思い出だ。

by zoofox | 2019-06-30 09:25 | 子供時代 | Comments(0)

歴史の力

三原じゅん子さんの演説が凄い。録画を見て思わず笑った。この人は私にとって「遅れてきたアイドル」だった。(いい女だな)とは思うが、身近にはいてほしくないタイプだ。「恥を知りなさい」という言葉には素直に納得する。言葉を出す方向さえ自分でしっかり考えていれば絵になる。(国会は舞台じゃないんだよ)とも思う。

ここ数年「歴史認識」という言葉が流行した。中国が言い出して韓国が広めた。日本は昔から「歴史物語」という文学ジャンルがあり、一般大衆もそれぞれの歴史観をもっている。悪役の大名も地元では優秀なリーダーになる。自分があり歴史上の人物がいるという大前提を意識せずに理解している。もう少し言えば、日本人ほど国や個人、それぞれの歴史に興味ある人たちはいない。空襲と災害以外に大きな打撃がなかった国では、墳墓も寺も神社も、古戦場も残り、そんな歴史遺産に囲まれて育っている。

地域の覇権ではなく、国として方向を変え過去の歴史を葬ろうとしたのは、明治維新だけだ。しかし、いつの間にか壊された寺院も復活している。

歴史認識はその時代ごとに力のある勢力が、過去を都合のいいように解釈することだろう。何をしても歴史的な事実は動かない。その事実を新しい資料や発見を基に先人とは違う解釈をして得意になる。でも「元寇」は事実だし、「川中島」も「関ケ原」も事実だ。日本中どこでも、例えば江戸は消えても東京にはしっかり江戸の遺物が残っている。都合が良くても悪くても、この動かせない「点」を尊重して動かさなければ、解釈は自由だろう。ただし、昔の人のやったことを現代の人が責を負うというのはどうかな。

歴史小説で「秀吉は耄碌して晩節を汚した」、「家康はタヌキ爺」、「勝頼と秀頼は先代より凡庸だから家を潰した」と書かれてきた。ここで何人かの人がテレビで、「勝頼も秀頼も眉目秀麗で身体が大きく優れた人物だった」と解説している。(ご自由に)と言うしかない。家を潰した当事者を悪しざまに言うのも、持ち上げるのも解釈の自由だ。人間の行動は何面にもとれる複雑なものだ。一部に注目すれば違う解釈になるのは当然だ。私たちは(そんな考え方があるんだ)と感じる。隠しても隠せない歴史的遺物がありそれぞれの謂れは広範に流布されている。歴史が結果を上書きし続けている文化圏では、極端な議論もご愛敬だ。

歴史の本質は虚偽と真実モザイクだ。どれが虚偽でどれが真実か判りにくい。それを読み解くのは学者に任せておけばいい。私たちは気に入ったモザイクの破片を集めて、「お気に入り」の歴史を想像すればいいだけだ。

三原じゅん子さんの迫力ある安倍応援演説は大した度胸だが、「民主党の時代には・・」を持ち出すと興が覚める。過去を自分の解釈で言う時には、自分の言葉で言わなくちゃ。政治家に受け売りは似合わない。

by zoofox | 2019-06-29 08:37 | 考えること | Comments(0)

父さん

父さん、会いたいね。何度目かな、僕は自分がピンチになると父さんに会いたくなるみたいだね。おかしいね、父さんが僕より年下になるなんて、年下の父さんなんて想像できないよ。そっちはどうだい、母さんはどうだい。ばーちゃんは相変わらず歌舞伎に夢中なのかな。あのね、もうしばらくすると僕は父さんの年を超える。父さんは何を考えていたのかな。きっと自分が居なくなちゃうなんて考えもしなかったんだろうね。僕は父さんがあんなに辛抱強く頑張る人だとは知らなかった。今考えると何もかも行き届かなくてごめんね。

僕のことは心配しなくていいよ。父さん譲りの隠れた楽天家だから。きっと何とかなるよ。父さんはお金の心配なんかしなかったよね。僕もしていない。父さんの年金で母さんは大丈夫だった。でも母さんはずっとお金の心配していた。いくら大丈夫だって言っても心配していた。きっと何とかなっちゃうから心配はいらないよ。二年程前に、父さんのカフスやネクタイやペンや定期入れの入った洋服箪笥、古くなったから捨てちゃったよ。ごめんね。

じゃあ、またね。

by zoofox | 2019-06-29 06:00 | 自分のこと | Comments(0)

赤ちゃんの飛行機

二週間に一度、三週間に一度赤ちゃんが遊びに来る。離乳食が始まっていつの間にかよだれが少なくなった。ちゃんと食べているのだろう。ここに写真を出せないのが残念だ。今、歯が白く見え始め這い出す練習なのか、両手を広げてエビぞりに頭を反らせて、足も上げて臍だけで体を支え「飛行機」だ。「凄いねえ~」と声をかけると満面の笑みだ。何をすると大人が喜ぶかもう知っている。

次には這い出し、すぐ歩くだろう。健康に育ってくれればいい。

電話が来て、風邪をひいて医者に連れて行くという。「大人しくしていればいいのに、飛行機やるんだよ~」という話に何か目頭が熱くなる。風邪を引けば経験の少ない親は右往左往するだろう。何となく違う雰囲気にきっと「笑って笑って」と得意の飛行機をしている姿が思い浮かぶ。

赤ちゃんは何事にもストレートだ。これがいい。人間の哀しさがもう始まっている。


by zoofox | 2019-06-28 10:29 | 身の回りのこと | Comments(0)

金メダル30個

山下泰裕さんがJOCの会長になった。今の商業五輪の始めと言われる「ロスアンゼルス五輪」で一番重いクラスで優勝した。この人が何時までも記憶に残るのは、「柔道で一番強い人」と、エジプト選手の「武士の情け」と、温厚な顔立ちのためかなと思う。人を束ねるのは何か特別なものを持っているのだろう。

柔道では大きな人に投げられている間に投げられない工夫が身につく。相手への掴まりどころも分かってくる。勝てないけれど素直に負けない。柔道には「体重が重いものが強い」などという考えはなかったはずだ。相撲と同じだ。そのうちに「どのくらいの体格の人が一番強いか」という目安が出来てくる。最重量の人が一番強いとは限らない。最後はバランスなのだろう。

柔道やボクシングで世界中の人の記憶に残るのは、重量級(無差別級)・ヘビー級のチャンピオンだ。誰もがこのクラスの勝者が「世界で一番強い」と知っている。陸上でも水泳でも体重別を導入していないスポーツで、一番強い人は一人だ。オリンピックでは細かいクラス分けは必要ないのになと思う。延々と何日も競技が行われて、金メダリストが何人も生まれる。こんな競技は出場者の関係者しか興味がないだろうに。

しかし、現実に認められる「柔道世界一」は一人だ。山下さんはその時点での世界チャンピオンだった。それだから何時までも世界中の人の心に残る。それなら「金メダルの重さと軽さ」を知っている人だ。「金メダル30個目標」は何か戴けない気がする。新しいJOCの会長として、「メダルの色と数」ではなくて「スポーツを通じて得るもの」を大切にして欲しいな。

by zoofox | 2019-06-28 09:08 | 考えること | Comments(0)

自己診断

昨日は診察日だった。4月からの主治医は非常勤のI先生だ。近くの大学から通ってくるスラリとした女の子。前の先生からの引継ぎをもう一度確かめている。それだけに私の話をよく聞く。医師が漏らすキーワードを自分で再構築してみる。毎日の血圧、体重の記録、細かい血液検査の継続記録から見えてくるものがあるのだろう。私からすれば自分の身体を対象とした「推理小説」を読み解くようだ。同じ証拠をどう繋げるかは知識の差になる。患者の仕事はどれだけ正確に「症状」を医師に伝えられるかだ。

やっと、半年ばかり悩んでいた症状に結論が出せそうだ。来週入院して詳しい検査をすることになった。前の先生は異動のガタガタした時期に、「ちょっと入院しましょうか」と言っていたが立ち消えになっていた。

プライバシーの本丸だから詳しいことは書きたくない。「治療が始まるのか」、「詳しい検査」なのかは私にとっては大きな差がある。いずれにしても「まだ、何年か」は猶予の時間があるらしい。

「自分の身体は自分で分かる」というのは本当だ。表面的な変化は自分が一番わかる。医師はそれをきちんと整理して関連付ける。仮につけられていた「病名」を疑ってみるのも解決に近づく。一つの症状には自分で結論が出た。歯の捻挫は意外なところに関連している。胃カメラをしてもらえばはっきりする。もう一つは何が原因か今のところ乏しい知識ではお手上げだ。

さあ、放り出してあった「旅の支度」をもう一度確かめないと。

by zoofox | 2019-06-28 06:22 | 自分のこと | Comments(0)

エドとベア・サバイバルの達人

「エド・スタフォード」と「ベア・グリルス」二人とも英国人だが、陸軍とSASと出身は少し違う。お馴染みのエドは「特殊部隊」の選考に漏れたトラウマを抱えていたらしい。私だけの細やかな趣味嗜好かと思っていたが、今年はTVの再放送に併せてWebとユーチューブにも色々な形で登場していたことを知った。

この二人を比べようと思うのは私だけではないらしい。先入観なしに見ていると、エドは試行錯誤があり感情豊かな性格だ、時々弱音も吐く。ベアは身体能力は素晴らしい。走る跳ぶ登る泳ぐと山岳の行動は登山家やスポーツマンのようだし、プログラミングされた精密機械のように見える。

日本でも役者(?)生活の傍ら狩猟免許を取って「括り罠」で害獣を駆除して食べている人がいた。多数の画像はそれぞれ何十万のも再生回数を誇る有名なユーチューバーらしい。私が知らなかっただけだ。

しかし、誰にでも「面白いですよ」とお勧めする気はない。自分で見てしまって(見なければよかった)と思う場面が沢山ある。日頃、動物の生態や獣医さん番組を楽しみに見ている。鹿や猪を捕まえて殺して食べる行為には興味はあるが、想像の世界だけでいい。彼は獲物に手を合わせて「自然を戴く」姿勢を示している。それでもそれが日常生活になると私にはもう着いていけない。




by zoofox | 2019-06-27 20:09 | テレビの話 | Comments(0)

今頃気が付く

何時でもどんな場面でも聞ける歌というのがある。若い時はそんな歌が多かった。自分で歌うという選択肢を捨てて、今は素直に他人の歌声に耳を傾ける。(この歌は私に歌えるだろうか)という邪心がなくなると「歌は心に沁みる」という感覚が理解できる。好みはだんだん偏って、「カレンカー・ペンター」と「坂本冬美」がずっとお気に入りだ。「好み」と言うのは自分勝手なものだ。「何それ」と言われても気にしない。感覚的なことには理由がない。けして「色気」ではない。最終的には作品としての「歌」ではなく「歌手」、「声の運ぶもの」に対する好みになる。

先日は敬遠していた「村田英雄」に驚いた。今日は「倍賞千恵子」を思い出した。倍賞千恵子と吉永小百合、この二人は私たちの年代では映画とレコードで憧れた人だ。倍賞千恵子の声は硬質で高い、吉永小百合はしっとりとしている。比較するつもりはない、倍賞千恵子のことだ。「寅さんのさくら」のイメージが定着する前はアイドルだったし、映画はいい共演者を得て幾つもの心に残る作品を残している。

この人の歌は、古い時代の「歌曲」のイメージが残っている。発声と滑舌は歌謡曲のものではない。かといってオペラでも宝塚でもない。由紀さおりのジャンルも似ているがクラシックではない。あえて言えば「SKD風」なのだろうがSKD風は彼女しかいない。若い時は「倍賞千恵子がいい」とは言えなかった。接点は下町しかない。例によってNHKの深夜ラジオに起こされた。点けっぱなしで寝たらしい。「さくらのテーマ」、「オホーツクの舟唄」・・新しい歌に聞こえる。桜貝もあるし、あざみの歌もある。急いでユー・チューブで探す。まるで忘れものを発見したような感じだ。

いいアンプとスピーカーを買うかな。レコードやCDのように「もの」が残らないし、いい音質で何時でも聞ける。大きな音は耳の負担になる。豊かな音を聞くことを長らく忘れていた。

そろそろ窓の外が明るくなってきた。今日は出かける日だ。

by zoofox | 2019-06-27 04:59 | テレビとラジオ | Comments(0)

藤井七段

囲碁将棋チャンネルも藤井七段の対戦は割と生中継してくれる。先日も七段同士の対戦を見ていた。最近案外早く終わることがある。今回も秒読みに入る前に100手以内で勝負がついた。

藤井七段は解説者や見ている者の思惑を外して、自分の時間で勝負している。「中盤のせめぎあい」だと思って見ていると、案外終盤だったりする。彼が水を何本も飲み長考を繰り返し、ふっとトイレに立つ。それが二、三回繰り返されると、(もうそろそろかな)と思う。きっと頭の中の将棋盤ではもう詰んでいるのだと思う。トイレで小便をして顔を洗い、「ヤッター」と一人ガッツポーズをしているような気がする。

とにかく藤井七段の「詰めろ」は時限爆弾のように意外なところから始まる。そして、一度始まったら幾らジタバタしても詰むしかない。私の力量ではどこから始まりどこで終わるのか解説なしでは分からない。解説者の腕の見せ所のような将棋だ。

by zoofox | 2019-06-26 06:01 | 考えること | Comments(0)

ヤスデとウスバカゲロウ

「ナメクジ一匹が電車を止めた」というニュースがあった。すっかり忘れていたこと思い出す。小渕沢から小海線が出ている。八ヶ岳のふもとの富士見町を巻いて茅野から諏訪、岡谷、(高頭)伊那、あの地区はいいところだった。中央道が少しずつ伸びて、小淵沢止まりの時期が長かった。サバイバルで一般的になったが「昆虫食」が日常的に行われている。気候も地理的にも厳しいところだ。

東京から行くと、「蜂の子」、「ザザムシ」、「イナゴ」時に「羽化した蚕」と色々なものを食べさせられた。今は珍味や高級食材になっている。「イワタケ」や土のついた「松茸」を始めとする山菜、山葵(ワサビ)菜、野沢菜等々ほかの地区では食べられない物があった。野沢菜など戴いて帰っても東京ではすぐ美味しくなくなる。イナゴは知らないと跳び足をよく喉につかえさせた。蚕のさなぎは美味くない。

畑からイナゴを手ぬぐいの袋に竹を差して、沢山取ってきたお婆さん(社長の母)の顔や嫁さん(副社長)を懐かしく思い出す。

小海線は勾配が急な路線だが、たまに「ヤスデ」が大発生して列車が止まった。私は目撃していないが線路も道路も大変なことになったらしい。野辺山を越えた佐久地区で「ウスバカゲロウの大発生」には遭遇したことが二度ある。こちらは一日か二日続く。雪の降り始めと似ている。坂では車が滑るので、信号の手前の平らなことろに止まる。前の車が通過したのを見て私も動き出す。夕方には照明の周りに恐ろしいほどの大群が群がっていた。なにか(幻想的だな)と感じた。

まだ、原村に別荘地ができ始めた頃だ。当時は「虫たち」も元気で時々デモをしていたんだな。今はどうなっただろうか。走ってみたいな。

by zoofox | 2019-06-25 06:04 | 思い出 | Comments(2)