人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2019年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

思い出マニア

深夜放送を聴いていた。池田恵(いけだめぐみ)さんという人が、銀行通帳の電子化に関連して「私は『思い出マニア』ですから、記帳が好きなんです」と言っていた。

うーん(うまいこと言うな)と感心した。私が常々自分の性格が掴めずに(何でこうなるのか)と不思議に思っていたことに一つの回答をくれた。特にブログを書くようになって何時も(何でこんなに古いことを覚えているのか)、(子供時代のこんなことに何か意味があるのか)という疑問があった。単なる「物を捨てられない性格」が反映しているのかなと思っていた。

「思い出マニア」か、この言葉で括ると説明がつく気がする。自分で自分にレッテルを貼らないと安心できない訳でもないが、何となく納得できる。マニアなら仕方ないな。これからは他人に向かって「捨てられない性格」の代わりに「思い出マニアですから」と言えるかな。まあ、言葉は違っても同じことなのだが。

by zoofox | 2019-05-31 06:01 | テレビとラジオ | Comments(0)

NHK

NHKが「ネット同時配信」に参画するという。ラジオ、テレビ地上波、BS放送に驚くほど多数の電波割り当てを受け、「英語放送」もしている。今度はネットに参加するという。NHKは金だけとられてほとんど見ないからどうでもいいのだが、そのうち「インターネット環境がある場合は料金の対象になる」とでも言いだすんじゃないかな。

巨大な純益をあげながら、補助金運営を行い、職員待遇は最高という企業だ。この会社はどこまで貪欲なのだろう。目立たないところでは質の高い番組作りはまだ続いていると思うが、私がたまに目にする番組は劣化と手抜きが目立つ。自分の会社の立ち位置と寄せられる希望が分かっていない。

私が求めているのは「信用」だ。どこにも偏らない情報だ。基本の基本を疎かにして、民放の真似をしている姿に金は払いたくない。図体が大きくなりすぎると「総身」に知恵が回らなくなる。「国鉄」、「郵政」に続いて「完全民営化」と「無料化」が必要だと思うな。知りたい情報を発信しない放送局はいらない。国が必要と認めるなら、全額国の予算の「国営放送」にすればいい。広く法律で料金を取ることにしていて、求められる情報を隠したり与えないというのは、商売の道に反するだろう。

ネットで放送内容が変わる訳でもないとすれば、完全な重複サービスになる。

by zoofox | 2019-05-30 07:26 | 気になること | Comments(0)

自宅サバイバル

(もう一度浮気してみよう)と思っている。近所の内科に主治医を移す算段をしている。大き目の病院はCTもMRIもあるし、検査も少し待てば結果が出る。だから信頼できるとは限らない。こちらの話を聞いてしかるべき手段をさっさと取ってくれる医者を探している。昔の先生は血圧を測りながら時に聴診器を出し、ゆっくり話を聞きながら診察した。今の医者は血圧は機械で測らせ、パソコンの画面を見ながら診察する。頭はいいのだろうが、慢性病とはいえ二か月一度は間が開きすぎる。

昨夜はここ三か月の血圧・体重の計測表と手帳の整理をしていた。印刷しようとしたらプリンターのインクが切れた。新しい医者には私の既往症や最近の検査結果は見せないとまた検査される。ゆっくり血液検査の結果を見ていたら、自分で(栄養失調じゃないのかな)と思った。食事制限が過ぎて基礎体力が落ちる近辺にいるらしい。少なく食べることが日常になると満腹感を忘れる。これはいけないな、しかし体重は増やしたくないし、糖尿の危険はもう嫌だ。併せて相談してみよう。自宅でサバイバルというのは戴けないな。

by zoofox | 2019-05-30 06:11 | 自分のこと | Comments(0)

白いシャツ

昨年の秋からずっと体調が悪い。「体調が悪い」というのは都合のいい言葉だ。聞く人が想像を加えて納得してくださる。私の場合は幾つか原因が思い当たるが、医者との見解が合わない。幾つか薬を変えたがどんぴしゃりと治らない。(もう治らないんだ)とも思うが何とか普通の生活に戻りたい。外から見ると何の異常もないのだから、自覚症状は口で説明しないと理解してもらえない。そんなことも面倒だから、自分で沈殿する。

(車の運転中にもし具合が悪くなったら)と思うと好きなドライブもできない。他人を傷つけるのが怖い。「免許返納」などと聞くと余計に腹が立つ。ちょっとした病気を幾つもして来た。気圧の変化が耳に変調を伝える。定年直後からひどい目に遭った「掌蹠膿疱症」は何とか消えてくれた。大好きなことが幾つもできなくなる、癪だな。

今日は押し入れの衣装箱の中から、白いシャツ(ワイシャツ)を取り出した。ボタンダウンの綿シャツだ。今の時期、長そでのワイシャツは気楽に着られる。アイロンもいらない。(随分世話になったな)と思う。濃い目の背広と白いシャツは「何か」のためにスタンバイしている。結局「今ないことは将来もない」ということらしい。ジーパンに白いシャツというのは案外合うな、と感じる。

暑くなるなら一気に夏になって欲しいな。

by zoofox | 2019-05-29 14:40 | 身の回りのこと | Comments(0)

自分と向き合う

毎日際限なく、とりとめのないことを書いているのに、昨日の事件以後寡黙になった。報道されるニュースを見て読んで自分の感想も書けない。犯人を責めることも被害者に寄り添うこともできない。誘発されて私自身のPTSDが頭をもたげたようだ。

こんな日もある。自分自身と向き合う日だ。

by zoofox | 2019-05-29 10:09 | 自分のこと | Comments(0)

腎臓移植

電撃ネットワークの南部さんが「今月中旬に手術」と聞いて、ずっと気にしていた。「移植が成功した」というニュースを今見て(本当によかった)と思う。糖尿病から腎不全という病気のリレーは他人事ではない。私とは違うケースだが何とか予後が良く、また過激な芸に復帰してほしいものだ。60代はまだ若い、身体を大切にして欲しい。

by zoofox | 2019-05-28 19:29 | ニュース | Comments(0)

不幸な時代

今の私を点検してみると「嫌韓」、「嫌中」、であり「嫌米」、「嫌自民」だ。これも根拠はない。新聞やテレビの影響だろう。若い時から「安保反対」、「自民反対」と漠然と左翼的な位置にいれば居心地が良かった。社会党も民社党も一時期の共産党も、野党の主張は私の主張だと思っていた。それが何処かで変わってきた。今、野党を支持する根拠が無くなった。与党は昔よりもっと性質が悪くなった。自分がこう言い切る部分に既に色が付いている。それにしても(支持する政党がない)とは不幸な時代だ。

最近、民主主義の一番大切なところが壊れ始めていると感じる。旗色と主張をはっきりしない政治が横行している。「選挙に影響するから今は棚上げにして、多数を取ったらやろう」、それが内部の秘め事ではなく新聞が堂々と書き、TVが伝える。外国の大統領がそう言う。実際そのようになるのだろう。国民を馬鹿にしていると思える。それでも与党が支持を受けるのだから私の想像を超える。「小選挙区制」とか「二大政党制」というのは絵に描いた餅だ。頭の中の妄想だった。結果、誰が得をして誰が損をしたのか考えれば容易に分かる。その中でも一番損をしているのは私たち国民の大多数だ。国会を通らない「法律」やその「変更」が多すぎる気する。

日本が変わったように外国も変わった。その中で今の私の意識は「ほんの一時の意識」かも知れないと感じている。あからさまな敵意を見せる相手や、嵩にかかって乱暴狼藉を働こうとする「意識」には、本能的に反発を覚える。厄介なことに人間の意識はそんな感情が多くを支配する。

戦後を考える時、同じ私の中に「日本は分割されずに運が良かった」と感じる部分と「あそこで清算しなかったのが、今の歪みを起こしている」と考える部分がある。この考えは時として嫌米や嫌中と相入れない。だんだん白黒つけ難いことが多くなった。ある日嫌いな国が突然好きになるかもしれない。嫌いな党を支持するかもしれない。そんな心から出す言葉には何時も自分でも満足できない。

by zoofox | 2019-05-28 06:05 | 考えること | Comments(0)

相撲観戦

人間の存在理由の一つに「自己顕示欲」というのがあるんだな、と感じる。自分や自分の能力を「あるが以上に見せたい」という欲は誰にでもある。私にも未だに残滓がある。そこは認めたうえで、実行するか否かはその人の人生に対する取り組みと言えるだろう。

国連で演説しようが、片言の挨拶はできるかもしれないが、難しいニュアンスを含んだ「交渉」をできる語学力とは誰も思ってはいない。昨日の相撲観戦、トランプは真ん中で腕組みをしていた。その隣で距離を置いてメガネをかけていた。画面の中では二人が会話している姿はない。炉端焼きでは終始通訳に向かって話していた。トランプの反対側だ。「言葉が通じない」のは別に恥ではない。何時ものように真ん中の後ろに通訳を控えさせて、相手の目を見ながら話せばいいだけだ。

実況のテレビの映像には忖度は入らない。トランプが終始下唇を突き出して不満そうな顔をしていた。(言葉は通じないし、交渉は参院選後だというし、何を考えているんだ)と思っているように見えた。

すれ違い、相手の胸の内が分からない、だから真剣に相手の声に耳を傾けて何とか最善を尽くそうとする。それでいいのだと思う。勿論この国では英語が標準語ではない。通訳が雇えるのだから専門家に任せればいい。「私はそんなこと言わなかった」と後から言えるように。

by zoofox | 2019-05-27 07:56 | ニュース | Comments(0)

舌足らず

赤ちゃんが喋る準備をしている。「ブブ」、「ババ」、「イヤッ」、「アイ」色々な言葉の要素が隠れている。時々「ウン」といって頷く。(こいつ分かってるんじゃないのかな)と思ってしまう瞬間だ。周囲の人が発する言葉やフレーズを一生懸命真似しようとしているように思える。定期健診の医者には「言葉が早い」と言われたとか。母親はネットで調べて発育が早いのか遅いのか気にしている。経験者が何人もいるのに、肉親の言葉は信用できないようだ。離乳食の好き嫌いもはっきりしている。(この娘はどうだったかな)と母親の顔を見るが、あまり覚えていない。私が手伝ったのはもう少し大きくなって保育園の送り迎えからだ。

私はブログに向かうとき、何も考えずに心に映ったことを書いていく。勿論、新聞を気にしながら書くときもある。書き出して(こんなこと書くつもりじゃなかった)と思うことがよくある。赤ちゃんも私も語彙が少なくて反射神経だけでは同じようなものだ。そんな時「途中下車」した話題は何時までも心に引っかかる。自分でコントロールできる字数(根気)に限りがあり何時も舌足らずになる。

赤ちゃんの舌足らずは次第に足りてくるが、私の舌はどんどん短くなるんだろうな。



by zoofox | 2019-05-27 05:38 | 自分のこと | Comments(0)

沈黙の艦隊

トランプ大統領が日本に来た夜に、先日録画した「沈黙の艦隊」を見ていた。本で見て映画版でも何度か見ている。本編をご存じない向きには退屈な話になる。雑誌に連載され90年に映画化されたという。

日米で造った「攻撃型原子力潜水艦」を持ち出し、「独立国ヤマト」として検証不可能な原爆ミサイルを盾に、米国海軍を手玉に取り、日本と安保条約を結ぶ。という荒唐無稽な設定だが、日本人の抱いている焦燥の一端に何時の時代でも触るようだ。
この「アニメ」がまるで実写版のように見える。「自衛隊の性格」、「核抑止力」、「米国の持つ日本蔑視」・・・まるで大人の童話だ。アニメ映画だから過程を省略して結果だけを見せてくれる。

面白いのはこの30年間の間の見る側の変化だ。最初は「戦争もの」として、次には「日米安保」について、そして「核の抑止力」のカードとしての強さだ。マンガがマンガでなくなる。冷戦構造の崩壊の後、中東での長い戦争、イランの核問題をどうしても重ねてしまう。

北朝鮮が核開発を終え、ミサイルの準備もしているという今の時代に見ると(北朝鮮とそっくりだな)と思う。非核三原則がアメリカの空母によって有名無実になっていたなどという内容は今や常識だ。

今回(今時点)での感想は、一発の核ミサイルを持っていても、世界は動かないだろうと思う。色々な見方ができる。自衛隊広報として、日本の核武装を求める、日米安保に対する不満、隠しテーマとして「憲法改正」もあるかもしれない。エンターテインメントとして楽しむにはいいが、どうしてもそこでは終わらない。「日本はどうするのか」という問いをずっと続けている。

by zoofox | 2019-05-26 09:29 | 考えること | Comments(0)