人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2019年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

報道

あれっ、「報道」は「報導」じゃなかったっけと思う。最近報道されないニュースが多い気がする。「ドイツのホルンバッハ社のCMが日本に侮辱的だと世界中で叩かれ、謝ってCMを中止した」とのこと。WEBといえども署名のあるニュースだからフェイクとも思えない。現物は見ていないがユーチューブで晒されているという。ドイツという国には親しみを持っていたが、(やはり白人は白人なんだな)とがっかりした。でもこれは事実を確認する術がない。

先ごろ米国を訪問した総理夫妻がトランプからひどい扱いをされたというニュース。これもテレビや新聞には出てこない。写真で見ると明らかに立ち位置が不自然だ。写真一枚で(日本の立場って何なんだ)と感じてしまう。でも、本当の所は分からない。

きちんと報道してくれないから、WEBの一片の記事で誤った判断や印象に導かれる。テレビショーでは同じインタビュー、同じ再現フイルムを何度も流す。(これが「自由」なのかな)とも思う。てんでんばらばらなニュースが渦巻いているからいいのかなとも思うし、一時の「国定ニュース」とどちらがいいのか判断に苦しむ。ちょっと離れてみると、マスコミ全体がCMのように感じる。やはり、ニュースの種はバラまいておくから各人で判断しろ、ということかな。

以前トランプが高名なニュース社を「フェイクニュースだ」と言っていたが、案外こんなことを指すのかな。その気になれば写真を合成することもできるし、「ないこと」を「ある」と報道することも可能だ。暫らく経って謝ったり訂正すれば良いというのもおかしい。責任感が全体的に薄いのかな。きっと報道されなかったり、自己規制で外に出ないニュースは多いんだろうな。

今日からどんな報道が飛び交うのだろうか。

by zoofox | 2019-04-30 07:39 | 気になること | Comments(0)

チジミ

明け方に「カーペンターズ」の話を聞いていた。私はこの兄妹のカレンの歌声が大好きだ。何か「癒し」の効果を感じる。32歳で拒食症で亡くなるとはなんとも勿体ないことだ。そんな話を聞きながら二度寝したら、珍しく7時に内線で起こされた。

軽トラックで曳売りに来る「魚屋さん」を待って、赤ちゃんの製造責任者の母親が来た。昨日食べた「チジミ」がおいしかったという。帰りがけに「作ってやるから見ていきな」と言うと台所に来た。私自身は作るが食べない。女性陣はなぜかこの韓国風お好み焼きが好きだ。

ニラを茹でて、小麦粉を適量、水も適量、シラス少々、全卵一つ。ニラを水で冷ましてよく絞りかき混ぜる。料理とは言えないほど簡単だ。フライパンに米油とごま油を少々いれて熱する。後は弱火で中まで火を通すだけだ。できれば蓋をして「待つ」のが工夫だろう。何度か表と裏を焦げ目が出るくらいに焼く。まな板にとって包丁が「サクッ」と通れば成功だ。準備から完成まで5分でできる。

「作り方は分かったわ」と言って半分持って帰った。後の半分は同居人が食べる。私は(お好み焼きと同じじゃないか)と思っている。

料理をしていると、自分が好きなものと他人が好きなものが、微妙に異なる場合がある。年寄りがいる時は幾つもあった。最近は少ないがこのチジミはそれに当たる。

by zoofox | 2019-04-28 08:47 | 身の回りのこと | Comments(0)

流行語大賞

至る所で、枕詞として「平成最後の・・・」というフレーズが聞こえる。私は(嫌だな)と思ってしまう。昭和が終わる時は天皇の臨終報道に国民が一喜一憂して、国の活動が一時止まる程の影響を受けた。小渕長官の有名な「平成元号の発表」も(そうか天皇が崩御して元号が変わるのか)と冷静に受け止めていた気がする。今回の「改元」は何もかもが力づくに思える。挙句の果て出てきた元号が「忖度」の塊だったと知れて、何だか気が抜けている。個人的には死ぬまで「昭和」と「西暦」で行く。西暦の初めも良く分からない起源だがまあよしとしよう。

元号もそうだが、ここで「連休」が始まる。何か「法律を自分勝手に都合にいいように動かす」ことが、権力の発露と思っている人がいる様だ。法律は思いつきや国民の使い勝手で勝手にいじるものではないと思う。税金が足りなければ従来の税制をじっくり見直して、「取り漏れ」の穴をふさげばいい。「租税特別措置法」などは穴だらけだ。これを見直すだけで、財源は容易に生まれる。何も新税を作ったり税率を上げるなどという方法と取らなくても、考えれば案は出てくる。なんだか基本を忘れて手先の器用さだけを誇っているようだ。

ことほど左様に「安易に新しいものを作りすぎる」気がする。新しい物を作る時は一つ古いものを壊さなければならない。私は自分の事でも絶えず見直しをしている。屋上屋を重ねては肥満体質から抜け出せない。「スマホ」が新しい文化になっている。スマホがないと決済ができない、税の還元が受けられない、これなんかも「行き過ぎ」に見える。

私は「古いものには手を入れて最後まで使う」ことが普通だと思っていた。「スクラップ・アンド・ビルト」も勿体ないな、と思っていた。今はスクラップせずにいきなりビルトだ。(これでいいのかなあ)と感じる。でも、世間に竿さして「俺は反対だ」と叫び続ける根気もない。

by zoofox | 2019-04-27 08:19 | 気になること | Comments(0)

守るもの

ある「スポーツ評論家」の寄稿に刺激されている。

(見てくださる方が多いな)と思うと、このブログの「だから白鵬が嫌い」のアクセスが増えている。報道では「三本締め」でけん責処分を受けたとある。大相撲について、白鵬については書きたいことが沢山あるが、感情に任せた発言は自分をも傷つける。若いころから国技館に通って身近で相撲を見ていた。それだけに色々なことに気が付く。でも・・・この「気が付く」はあくまで私の感覚だ。万人の共通意識とはならないだろう。相撲協会の組織としての不完全さや、白鵬の行動を批判するつもりはない。私にあるのは「個人の印象」を超えないし、これを人様に押し付けるつもりはない。ただ、ほんの戦前まで地区の「鎮守様の行事」としての地盤があり、大相撲がその先にある。原点はここにあると思う。

「相撲の普及、啓発」とか「世界に広める」という意味のことを唱える人がいる。これは、考え違いだと思う。相撲がグローバルになったら、わざわざ小屋(国技館)まで見に行く必要はなくなるだろう。「極東のTOKYOの特定の舞台で常設されている珍しい古典芸能」なら、十分に名物としての希少価値は残る。歌舞伎と同じだ。たまに外国公演をすれば成功する。しかも勝ち負け以外の「相撲を知らない人」が普及や子供の指導ができるはずがない。相撲を愛する人が自分の首を締めるようなことを考えるだろうか。私には周囲の人の意見にしか見えない。

日本の柔道・空手、香港のカンフー等が「スポーツ」として、無秩序に広がり力任せのゲームとなり、「護身の術」という本来の形は消えてしまった。今後、門外不出だった「空手の型」が点数制度の競技種目となると、「空手の型」も同じ道をたどる。第一、型を知る「審判」が沢山はいないだろう。拡散した後に何も残らない。私はこれが嫌なのだ。「剣道」や「合気道」はまだ「自分を律する道具」としての役割を保持している。いたずらに拡散しないからだ。羨ましがって「俺の国のものだ」というところも出てくる。

物事の表面だけを見て「ことなかれ平等主義」で万人から文句が出ないような「評論」は止めてほしい。これは「文化」の問題なのだ。「スポーツ」、「武道」、「興行」そして「神事」、これらを一緒くたに考えてはだめだと思う。何を残し何を捨てるかは,今後のあなた方が考えることになる。

by zoofox | 2019-04-26 11:15 | 考えること | Comments(0)

尻の頬っぺた

今日はいろいろあって2時ごろに帰ってきた。帰り道、スタンドでガソリンを入れた。スタンドにお爺さんが多い。少し前まで顔が見えた、外国人や女性がいない。もっと前は若者の従業員ばかりだった。「現金でいいんですよね、Tポイントも違いますよね」とえらく支払いの確認に丁寧だ。同系統のスタンドで以前ETCカードを作った。勿論クレジットカードが付いている。3%だか5%安くなるはずのガソリンはその後どうなったのだろう。ガソリン代にいちいちカードは使わないのがいけないんだな。

家に帰って遅い昼食を食べ。ふと気が付くと「尻の頬っぺた」が痛い。随分久しぶりの感覚だ。腰痛ではなく明らかに筋肉痛だ。背筋も少し痛い。ここ数日、毎日8キロも9キロもある「生きているダンベル」を、後生大事に持ち運んでいたかららしい。道路を走る車が好きで、泣き止めの特効薬になっている。いい加減に抱いて落としでもしたらエライことだ。そんな訳で今日は尻の頬っぺたが痛い。

by zoofox | 2019-04-25 21:47 | 自分のこと | Comments(0)

花の別れ

c0366973_20104742.jpg
今年は三回目の「八重桜」です。随分長く咲いてくれました。葉が大きく多くなり緑が勝っています。散り損ねた花も肩身が狭いように見えます。ご苦労様。また来年。

by zoofox | 2019-04-25 06:03 | 身の回りのこと | Comments(0)

寝覚ノ床

自分に活を入れてひとぼやき終わった後で、(あれっ「寝覚ノ床」ってなんだっけ)、懐かしいような不愛想のような変な言葉だ。目が覚めて布団の中でずっと考えていた。ブログのテーマを、起き際の「布団の中で考えたこと」という意味で「寝覚の床」と思いついたが、お馴染みの言葉だった。南信州上松の名勝地だ。古い昔の馴染みの場所だ。この連休が終わると物販は一気に低調になる。5月の連休後上高地の駐車場で(どうしよう)と悩んだこともある。駒ケ岳や木曽の名勝も商売している身にとっては関係ない。身近な売り上げの方が嬉しい。

長野県は、伊那・飯田線と木曽を回る二本の線で名古屋地区と繋がっている。塩尻から「木曽路」に入ると何となく道路が狭くて「湿気」を感じる。きっと樹木が多いせいだろう。観光地では普通の物販はお呼びではない。伊那・飯田と木曽福島を通る道路は並行している。飯田から一山超えて木曽路に向かう山道を走ると由緒正しいような地名に幾つも出会う。「清内路村」(清少納言?)というような地名があったように記憶する。先の上松の近くには「大鹿村」というのもあったな。山は小さくて険しいが、古くから人が歩いたような「道」や「地名」が豊富なところだ。鎌倉から戦国、徳川時代、この「中山道」は長野県の中部から南部にかけて、好んで山の中を進んでいる。昔の人は足腰が丈夫だったんだな。

今、少し書きだした時点で当時の風景が浮かんでくる。国道から山道に入る阿智村(飯田市郊外)の鋭角な曲がり角や、中央道の見上げるような真っ白い高架とその後ろの青い空を思い出す。連休が終わる頃、山は青葉・若葉でむせかえる。山が生命感にあふれて一番きれいな時だ。ウグイスが鳴き方の練習をしているころだ。

さあ、体調を整えてセンチメンタルジャニーに行きたい。やっと一つ目標ができた。

by zoofox | 2019-04-24 07:32 | 気になること | Comments(0)

何をやっているんだか

自分に対する言葉だ。「お前、毎日何をやってんの?」ふと、尋ねてみたくなる。心に秘めた目標をもって、毎日をコツコツと努力している方々がいるだろう。病気のベッドで自分の時間を見つめている方々もいるだろう。世のため人のために「何かできないか」と悩みながら懸命の行動をとっている方々もいるだろう。私はどれにも当てはまらない。

昨日は、朝早く起きて、朝食を作り、朝風呂に入り、赤ちゃんをあやしてまた泣かれ、歯医者で定期点検を受け、床屋で丸坊主にしてもらい、スーパーで買い物をして、郵便局で金を下ろし、掛け時計の時間を合わせ、ピザを焼いて夕食にした。これが人様に誇れる生活だろうか。まあ、「誇る」などということは最初から考えていない。

自分に問うてみる。「あんた、これでいいのかい?」

気が付いて愕然とすることがある。(老後に何をするか)、そんなことを迂闊にも今まで何も考えていなかった。大体「老後」だと思っていないから始末が悪い。ふと、(親父やお袋は何を考えていたのかな)と思う。私が心配をかけていたから、こんな気分じゃなかっただろうな。でも何か「道は開ける」という予感はある。長い長いモラトリアムで終わるのか違う展開があるのか、楽しみはある。

by zoofox | 2019-04-24 05:56 | 自分のこと | Comments(0)

自動車事故

選挙に紛れて、高齢者の自動車事故の話が幾つかある。自動車は「走る凶器」と言われた。走る凶器を自由に操っていた年代がだんだん年を取る。自動車事故死は「交通戦争」と呼ばれたが、私が関心を持っていた時期の半分以下になった。車に乗る人が少なくなったのと人口構成の」変化がそうさせるのだろう。当然人口構成の動きに従って「事故年齢」も高くなる。全部「想定内」のことだ。

自動車の利便性を知ってしまった後に「免許返納」が一つしかない手段とはいかにも高齢免許者に気配りがない。今免許を持つ70歳以上の人は丁度「教習所料金」が跳ね上がる前後の人だろう。近所で車を乗り回して、いきなり「鮫洲の試験場」に行くのが一般的だったのに。例外的だった「練習場受験」が当たり前になる頃だ。行政が権力をもって「経済」に立ち入る方法が始まった。

大金を払って免許を取り、ずっと自動車税や重量税を払い続けて、「あなたは年取ったから免許を返しましょう」では立つ瀬がない。車業界は「電気自動車」に大きく舵を取った。コンピューターが運転を制御する時代はすぐそこに来ている。ドローンが遠く離れた地球の裏側から武装集団を攻撃できる時代だ、「自動運転」はもう実用段階に入っているのではないかと思う。投資や在庫を抱えて発売を控えているのかと勘繰りたくなる。

「人を見たら止まる車」、何より「スピードの出ない車」が必要になる。ゴルフカートや舗道を走れる電気自動車は何故普及しないんだろう。私は車を車庫から出すのが面倒になったということもあるが、運転中に気を失うのが怖い。別に気を失ったことはないが、ニュースは気になる。オートバイなら自分の事故で済むところが他人をひき殺すなど考えたくもない。

「効率化」などと言わずに、インフラを担当する地方自治体や大きな企業は、社会貢献として切り詰めてきた「赤字バス」を、庶民の足として復活すべきだろうな。使いやすい路線や本数の充実も必要だと思う。車を減らして「都電」もノスタルジックでいいかもしれない。外国のお客さんに「古い日本の良さ」を知ってもらいたいんだろ。東京都さん。

by zoofox | 2019-04-23 09:23 | ニュース | Comments(0)

作業服を着た

起きて時計を見ると、5時15分だ。布団がだんだん薄くなる。昨日はベージュのコットンパンツを久しぶりに出したが、左足に食べ物の汁を付けた。すぐ洗濯すべきだろう。朝起きて(何を着ようかな)と思った時に、(そうだ作業服を着よう)と思いついた。

会社では当初、数年おきに防寒着やジャンパーを支給していた。外の仕事が無くなり、会社の方針として「被服貸与」は真っ先に削った。しかし、古い職員は昔の事務服やジャンパーをロッカーに持っている。事務所の中でもブルーのジャンパーは白いワイシャツに合う。私も数着持っていた。そんな古い服は退職時に捨ててきた。

退職後の自宅では通勤の服は使えない。普段着はいつの間にかジーパンと厚手・薄手の綿のシャツに変わった。その頃街道沿いの作業服屋さんで、よく技術者が来ている薄いグレーがかったベージュの厚手の綿の作業服が目についた。ズボン、シャツ、ジャンパーを同色で揃えるとそれなりに合う。ポケットが沢山ある。丈夫でしっかり縫製してあり、何より安い。実際に着てみると上着は合うがズボンが少しきつい(そのうち着られるだろう)と数年置いてあった。

何年も経ってやっと出番が来た。鏡の中には「高齢者事業団のおじさん」のような自分が写っている。作業服を着ると何か(働かなくちゃ)と思う。

by zoofox | 2019-04-23 06:01 | 身の回りのこと | Comments(0)