人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヤスデとウスバカゲロウ
at 2019-06-25 06:04
先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2018年 04月 ( 46 )   > この月の画像一覧

診察日

今日は検診だった。先生が代わってから二月ごとが、一月半ぐらいになっている。若いお姉さん先生だ。待合室で見覚えのある白髪頭があった。床屋の親父だ。私は月曜日に代わったのは先生が代わってからで、前は親父さんと同じ先生にかかりながら、午前と午後で顔を合わせたことはない。会計の時声をかけた。検査数値はまあまあだがクレアチニンが少し上がった。「オシッコが濃いと上がるんですよ。水を沢山飲んで下さい」と言われた。尿酸値が普通以下になっている(薬のせいだ)、体重も同じようなところを上下している。今月、腹一杯お酒飲んでから、下向が少し鈍っている。

睡眠時無呼吸検査は毎日マスクをして寝る。結果が携帯電話で営業所に送られて、それが医師の元に来る。「無呼吸はなくなりましたね」、(最初から無呼吸なんてないはずだ)、新しい部屋に移ってから血圧は少し高い。血圧の薬を外したのと、部屋で半袖になると寒い。ある程度原因はある。糖尿病は話題にもならない(普通の数値)。「ああ、しばらくぶりにCT撮りましょうか」、すぐ検査室に電話して、すぐCTだ。結果もすぐ出る。癌はなかったが気になる所見がある。まあ、医師が気にしていないのだから、私が心配することはない。腎臓よりもこっちの方が危ないかも知れない(素人所見はあてにならないが)気がする。

私の区では、65歳になると「肺炎球菌予防接種」お知らせが来る。70歳、75歳でも接種しないと「割引」のお知らせがくる。中に「主治医の意見を聞いて下さい」という項目がある。一応聞いたら、支障なしとのことだった。

c0366973_23033587.jpg
私の机の上だ。右側にパソコンがある。左側には作業台を置いた。紅いのはMAXの11mmのホチキス。ぺったんこに厚い紙でも閉じられる。針(ステープル)が一般的でないのが玉に瑕。ストップウォッチと時計が二つ、真ん中のダイバーは「自動巻のクォーツ」だ。しばらくスタンドに当てていないと夜光が見えない。ストップウォッチはカレンダー替わり、スタンドが二台、電話の充電器がある。こうして私の身の回りは、またごちゃごちゃになっていく。ここでこのブログを書いている。

by zoofox | 2018-04-16 23:51 | 身の回りのこと | Comments(0)

子供返り

米英仏がシリア施設をミサイル攻撃したとき、日本のマスコミの反応は少し鈍かった。第一報が入って、沈黙の時間があり、映像が入ってきた。その前には幼児達を介抱したり治療する映像が何回も報道された。

(何か人間って進歩しないな)、とふと感じてしまう。トランプ、(安倍)、習近平、プーチン・・・・今の世界の指導者は、「幼児のような」反応をする。非常に分かりやすい。分かりやすいだけに恐い。只プーチンの怖さが出てくるのは多分これからだろう。

国内問題は、もう夫人を含めて「証人喚問」をするか、衆議院の解散総選挙しかないと思っている。それでも、自民党が多数を占めると思う。ただトップは代わらざるを得ないだろう。期待はそこだけだ。

偉そうに聞こえるかも知れないが、世界の問題はずっと「植民地支配体制」の影響を引きずっている。安保理事会の中で「拒否権」などという古色蒼然とした方法がまかり通っている。第二次大戦の戦勝国達が造った「国際連合」が、それこそ「グローバル社会」には合わなくなっている。この「戦勝国仲良しクラブ」が、何時の間にか軍事力を持つ「制裁クラブ」に変質している。日本はいくら金を積んでも最終的には仲間に入れて貰えない。この国際的な話し合いの場を、もう一度造り直せれば、まだ希望はある。経済はグローバルで政治はブロックという二重路線は、もう通らないよ、トランプさんとその仲間達。

色々な評論がされるが、「国連が駄目」という発言はあまり聞かない。だれか知識人が声を上げて欲しい。私が間違っているなら致し方ないが。

by zoofox | 2018-04-16 09:32 | 戦争 | Comments(0)

夜中の太鼓

今朝、3時前だ。枕元で太鼓、それもドラムの高い音を叩くような音で目が覚めた。二つの家の間は渡り廊下になっている。ポリカーボネイトの波板で上を塞いでいる。こちらの部屋に住みだして初めての雨だ。音は壁に反響してよく聞こえる。もうこれで眠れない。そう言えば同居人が、「タイコみたいな音がする」とは言っていた。これは雨が直接波板を叩く音ではない。雨樋のどこかから水が垂れている。二階の窓から懐中電灯で見たが分からない。手を伸ばしてみると、壁から40cm辺りで小さな水の流れに当たる。

雨樋の勾配が悪いのだろう、まだ詰まるはずがない。

8時前に大工に電話する。電話の向こうで何を言われるかおどおどしている様子だ。まだ果たされていない約束が二つある。これは最終的には私が自分でやった。階段の手すりは自分で付ける。果たされていない約束のことは忘れたような顔をして、状況を話した。「すぐ○○をやります」という答えだ。○○は屋根屋さんか、手下の大工かは分からない。この人のすぐは時間がかかる。

私はガンガンと催促するようなことはしない。みんな事情がある。「お金を払ってやって戴く」、契約の世界だ。彼のように履行が不十分だと次の仕事を逃している。しかも今回は小さな「瑕疵」にあたる。ともかく待つしかない。

さすがに三時間睡眠は堪える。頭痛もする。

外に出ると今度はすっかり春の風だ。早くしてくれるといいな。

by zoofox | 2018-04-15 13:23 | 身の回りのこと | Comments(0)

馴化

毎日新聞の「土記」というコラムに青木由利さんが書いている。毎日毎日、大臣辞任や国会の解散にも繋がるような「事件」が続くと、人は「こんなものだ」と馴れて、とんでもない大事件を過小に見てしまう。そんな内容だ。

うすうす感じていたことを、ポンと指摘されると納得がいく。日本人の危機感はこんな風にどんどん薄められていく。「それ違うじゃないか」という意見が、馴化された意見に埋もれてしまう。料理する時に、人の舌も毎回毎回味見をし過ぎると、最後は味が分からなくなってしまう。

田中角栄は5億円という金を、コーチャンから受け取ったという証言で罪に問われた。考えて見れば、日本の検察がアメリカ人の司法取引後の証言を根拠に、日本に居る日本人をよく起訴し公判に持ち込めたな、これやっぱりおかしいな、内政干渉どころかアメリカの法律に日本が従っているように見える。政治家も官僚も完全に馴化されている。民主党が政治を行ってもこの「馴化」は破れなかった。今、安倍さんの好きな言葉「印象操作」が着々と行われている様に感じる。トランプに対抗できて、そっぽを向いている官僚を国民の方に向かせる政治家はいないのかな。

この馴化が何時から始まったのか、私は明治維新直前だと思う。戦後の「ギブミーチョコレート」からだというのは、考えが浅い。

by zoofox | 2018-04-14 09:33 | 政治 | Comments(0)

ファイト!

今朝は「シラス大根」にもう一度火を入れて、食卓に出した。うす~い塩味で美味しいが、この大根は「素性が悪い」、素性の悪い大根はいくら手を入れても、それ以上美味しくはならない。昆布を取り除き、残った汁に片栗粉を加えてとろみを付ける。そんな手順の間に、ふやけて少し大きくなったシラスが何匹かずつ取り残され、洗われ流され、本来の目的の「人に食われる」ことなく暗闇に消えていく。

鰯の子供が大きな網ですくわれ、茹でられ、干され、同じパッケージに包まれて長い旅をしてきたのに、最後の最後で生き別れになる。桜エビにも感じる。食材は大切にしたい。中島みゆきの「ファイト」という歌が頭の中でリフレインする。冷たい水の中から這い上っていく仲間達に呼びかける歌詞だ。(これ絶対精子達の競争を歌っているよな)と、昔から思っていた。一斉にスタートした仲間のうち、目的を遂げられるのは、一匹か二匹、後は全部途中で倒れてしまう。鮭の遡上も同じだ。

この春から社会人となった若い人達にも通じる、「この世に生を受けたからには頑張れよ!」という応援歌に聞こえる。人生の無数の枝分かれを泳ぎぬいてトップに立つ。・・・でも、それに意味があるのかなとも感じる。鍋にへばりついて最後まで頑張ったが洗われて下水に流れる、そんな人生にも意味がない訳がない。


(追記)
と、朝書いたものを読み返した。本当に書きたかったのはこれじゃないな、と気が付いた。一斉にスタートして同期のうちの一人か二人がゴールに到達する。・・・・これは私に染みついた「年功序列の働き方」だ。私は「働き方改革」に反対する。「入社してしまえば後は定年まで安泰だ」、そんな会社は昔も今もない。「年功序列」の中でも大きな競争がある。我慢や機会や、何年後かの姿を先輩の姿に見る。そんな先輩のようになりたいと思うか、けしてなりたくないかを身近で学ぶことが出来る。会社の中で社員の育成が長期的に計画される。アメリカのドラマを観ていると、「そんなことでクリア(「キャリア」がそう聞こえる)を棒に振るのか」、という会話を度々耳にする。実力社会と言われる国でも、失敗をしないこと(保身)は大切にされ、次から次に会社を渡り歩く人は希な技術(能力)持った人だけだ。日本人には日本人の考え方がある。日本の発展の原動力となったサラリーマン達は、年功序列の中で、一番生産能力が高い時期を安月給で過ごした。それでも辞めないのは、もう少し行けば這い上がれる時期があることを知っていたからだ。今の格差社会はその希望さえ与えない。感覚は古いが「会社への忠誠心」を持たせない企業は、企業間競争に敗れて消えていく。社員を大切にすると、「年功序列制度」に少し手を加えるだけでいいと思うんだけどなあ。契約職員やアルバイト社員がこんなに多い社会は異常に見える。

by zoofox | 2018-04-14 09:10 | Comments(0)

シラス大根

書き終わる頃には日にちが変わっているかも知れない。ニュースでは突然シラスが豊漁だそうだ。今日はシラスを買いに行った。量の多いのが韓国産、半分ぐらいのものが国産。もちろん国産を買う。同居人と買い物がダブった。大根が二本になった。昨夜、古い方の一本を輪切りにして下煮をして置いた。今朝から何度も火を通す。昆布と鰹で出汁を取り、じっくりと煮込んだ。ガス台の前に着いていられないので、何度も火を通すことになる。母親が昔、蕪を煮込んでシラスを入れていた。(大根にも入れて見よう)と、うす~い塩味で(ふろふき程丁寧ではないが)、夕食は一つずつを改めて煮込んで、片栗でとろみを付けた。辛子を付けて食べると、何となくまだ固いところがあるので、寝る前に仕上げをした。厚く切ると結構柔らかくなるまで時間がかかる。

その間に鮭の皮を剥がして、刺身にした。刺身で食べるか、片栗で素揚げしてサラダにするか、これは明日の気分次第だ。

食べるものがどんどん昔に帰っている。ハンバーグやスパゲッティなど随分食べていない。たまに昔の感覚で食べると胃袋が悲鳴を上げる。これでも何とか生きていけるんだけど、北朝鮮の一般大衆は何を食べているのだろう。日本は軍艦制限、経済制裁から戦争に向かっていった。歴史は同じなんだな。

by zoofox | 2018-04-14 00:18 | 身の回りのこと | Comments(0)

花嵐

人間の歩みは遅々として進まないのに、季節は確実に時を刻む。この正確さと誠実さは何だろう。などと思いながら前の都道をぼんやり見ていると、ここ数日の春の嵐に、花桃と八重桜が丁度逆光の中を、降り始めの雪のように降り注いでいる。暗いビルの陰からいきなり真っ白な花びらが飛ぶ。その下を自転車の通勤の人や、子供達が歩く・・・・・。(写真に撮りたいなあ)と思ってカメラを取り出すが、絶対に絵にならない。つくづく写真とは「描写」とは言いながら、イメージの世界だなと感じる。今、朝日が息をのむほど綺麗だ。これも人間の眼と冷徹なカメラのレンズは違った扱いをする。技術の問題ではない。今目の前にある「空間と雰囲気」を残すことが出来ない。人間の眼の現像が特殊なのだろうな。そこを飛び越えた人がプロなんだろうな。

花筏という言葉はあるが、これは「花溜まり」だな。
c0366973_07570702.jpg
今年はなかなか色が着かないで心配していた紅葉が、「旦那、お約束ですから」と言うように毎年の姿を見せてくれた。
c0366973_07573627.jpg


by zoofox | 2018-04-13 08:25 | 身の回りのこと | Comments(0)

小人閑居

身の回りを少しずつ整えている。何しろ同居人が出かけてしまうと、インターフォンに出る人がいない。留守なら仕方ないが、家にいるのに出ないと、特に先頃値上げした宅急便を配達する方達に申し訳ないから母屋の居間に行く。整理は中断してしまう。

小人は昼飯を作るのが面倒で、オートバイで弁当屋さんやスーパーに行く。コンビニの弁当は食べたくないなあ。食事制限は意識しなくても、もう身についている。丁度普通の弁当で二食分になる。肉屋さんの弁当なら三食分だ。味の濃いもの油の強いものは避ける。「一食2gの塩」は舌が知っている。カレーライスは大体一人分で5g近くある。(カツカレー食いたいな~)と思うことがある。ざる蕎麦や盛り蕎麦も、汁でアウトだ。

カメラをチェックしながらここのところ移動している。移動していると何となく欲しくなる。何しろ「小さいカメラ」が集まったが、オリンパスペンはほとんど全滅だ。シャッターの音だけして絞りの開かないものをよく売ると思う。「ペンD」の最初の型を落札した。写真では露出のメモリが動いている。シャッターが開くかどうかは分からない。先に写真を出した「35RD」はハズレだったが、「35RC」は二台とも快調だ。結局、信頼できるのはRC二台とDC二台だけだった。
私の手持ちの中で、国産では一番小さい「ヤシカエレクトロ35MC」という絞り優先のカメラは現流電池でこれは快調だ。

午前中に郵便局で振り込みをし、銀行を回って記帳して、手作り餃子のオジサンの店で餃子を買って、弁当屋さんで弁当を買った。オートバイが「カツンカツン」という音がする。チェーンが緩んでケースにぶつかっているらしい。オートバイやさんで手入れして貰って、ヘルメットを買った。フルフェイスからジェット型にすると何となく怖い気もする。ついでにこの小さなカメラ達を入れる袋を、「○イソー」で見つけて買い占めた。もう一つついでに床屋さんで頭を刈ってきた。カードを使うので定期的に記帳しないと気が落ち着かない。

帰ってきて、郵便受けの中に訪問者の名刺を見つけた。近くなのでそのまま支払いに行く。

小人は閑居していても結構忙しい。友人達は、「えっ、まだオートバイ乗ってるの?」と言うが年齢に合わないというのかなあ。


※追記:2018/04/13 オークションの話。昨日振り込んで東北から今日もう届いた。「オリンパスペンD、F:1.9」のタイプ。電池はいらない。メーターは振れている。これで欺された。シャッターが1/15か1/30に固定されている。あるいは固着の一歩手前か、何とかバラしてベンジンで洗ってみようかな。また騙された。



by zoofox | 2018-04-12 23:54 | 身の回りのこと | Comments(0)

保存版

昨夜は夕食後、おざなりになっていたデスクトップにスピーカーを繋いだ。SONYの小さなスピーカーだが、パソコン用ではない。結構いい音がする。音声を聞きたい映像があるからだ。昨日の衆議院予算委員会はニュースで切れ切れに見ていた。衆議院も参議院もホームページでは本会議や委員会の中継や録画がオープンされている。「平成30年4月11日(水)」という日を忘れなければ、後から何度でも繰り返し見ることができる。有名な「でんでん」発言もここで確認した。麻生大臣は(みぞうゆう)の後でも目立たない所で誤読をしている。言葉の流れの中で一瞬のことなので、(おかしいな)と思ったときには次の話題に行っている。他人の書いた文章を棒読みするから間違える。

昨日は一年以上続いてきた政治を私する、安倍政治の終わりの始まりのような気がする。テレビニュースではごく一部のエッセンスしか放送しない。昨日の予算委員会はいつもより野次が鮮明に聞こえた。スピーカーを替えたから左右からかなり大きな声がマイクに入る。簡単に「嘘」と言える段階を過ぎている。「右か左か?」という簡単な一言で済む質問にも、冗長な言葉を重ねて結局答えない。映像は残酷だ。丁寧ぶった言葉を使っても表情は嘘をつけない。大衆は馬鹿だと思っていても、私達大衆は、巧妙な嘘も、大上段の嘘もしゃべっている人の顔を見ていると、何となく伝わるものがある。一年かかってタマネギの皮を剥くように、芯が見えてきた。

韓国はとんでもない国だが、何とかあら探しをして前の責任者に取るべき責任は取らせる。恩赦は計算のうちだろうが、きちんと結果は出す(日本の戦国時代のようだな)。

今日は予算委員会はないが、9時から複数の委員会が始まっている。午後は本会議だ。下手なドラマを見ているよりは余程面白い。

by zoofox | 2018-04-12 09:07 | 政治 | Comments(0)

受忍の限界

パワハラに遭っている友人と、関係者5人の会議が日曜日に行われた。友人は会社を退職した後、先輩の経営している販売会社で、3、40人の部下を使いながら営業本部長をしていた。本社の東京営業所の所長が最後で、その後早期退職だと思うから、仕事の面では定評がある。第二の定年後に短時間の正規職員として働いている。人当たりがよくて、頼りにされやすい「人」だ。他人から攻撃される様なことはまずない。有名なクレーマーに捕まったらしい。周囲の人は皆、彼の日頃の仕事ぶりを知っているし、クレーマーのことも知っている。

月曜日は電話に出なかった。昨日は元気な声で応答があった。「どうだった」と聞くと、クレームの本人は会議では、「借りてきた猫のように温和しかった」という。「まあこれで数ヶ月は温和しいと思うよ」、とも言う。他人事ながらひとまず安心した。彼にしてみれば60歳前後で、銀行で、先行きがない相手の心の内も共感するところがあるらしい。

私達が話を聞いて腹を立てる以上に、クレーム処理のベテランだった彼としては考えるところがあったらしい。私には真似できない。私はもっと未熟だ。机も叩くし後先考えずに大声も上げた。一時的に相手を威圧する方法とじっくりと分からせる方法がある。そんな彼の心の中をクレーマーが少しでも気が付けばいいのだが。

「受忍の限界」という言葉は、人によって違う。カタカナの「パワハラ」や「セクハラ」も客観的な事実と感情的な部分が曖昧で、「これ以上は犯罪」という明確な基準がまだはっきりしない。もともと日本人は、自分を律することが得意な民族だし、「恥」、「我慢」という道徳規準がなかなか問題を表に出さなかった。「いじめ」の大人版だ。国と国との関係も全く同じに見える。

間違いがあったら素直に謝り以後を改め責任を取る。それが出来ないと住みにくい国になるな。

by zoofox | 2018-04-11 08:54 | Comments(0)