人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

期日後投票
at 2019-07-21 08:55
選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2015年 07月 ( 67 )   > この月の画像一覧

やられた

うまく「やられた」という感覚が大きい。昨日の法案議決の話だ。とうとう最後まで、複数の法案の中身は知らされないまま通過してしまった。「憲法違反」は承知の上での目くらましで、そこに議論が集中するのを「しめしめ」と感じていたのだろう。国会の回りを9万人のデモが囲んだというのも、人数はともかく、新聞にもテレビにもほんのちらっとしか出ない。自民党幹部はどれほど反対の電話が入るか不安を持ちながら待ち受けていたという。自分たちでも国民の大反対は知っているのだ。

中国の反応は思ったよりもクールだ。自国が軍国主義の専制主義だから、非難のしようがないのだろう。あんなに日本の軍国主義化を非難していたのに不思議なことだ。もちろん、自民党の担当者が即中国へ飛んで説明をしているのも原因かも知れない。何をどう説明してきたのかは、どこにも出てこない。韓国は歓迎気味だ。これも今までの対応とは違う。韓国にすれば、北朝鮮と休戦中だから、何かあれば米軍も、もしかしたら日本も応援してくれるかも知れない状態は、渡りに船だろう。アメリカは大歓迎だ。何千億ドルもプレゼントされるのと同じなのだから。

でも、話ばかりで誰が戦うというのだろう。自衛隊だって「戦意旺盛」な訳でもないし、どこから兵隊さんを集めるつもりなんだろう。それとも日本の得意技で、ロボットとドローンで戦うつもりなのかな。次が怖いな。


by zoofox | 2015-07-17 07:33 | 政治 | Comments(0)

車の価格

だんだん車の呪縛も解けてきた。その人の財力にもよるが、私のような普通のサラリーマンだった者からみると、年齢ごとに、その時点で一番の欲しい車は、「ちょっと無理しないと買えない」という価格設定がされているようだ。そこでローンを組んでも無理して買うか、買える範囲で妥協するかの選択になる。私の場合は、ローンは家だけでたくさんだ。そうなると、自ずと価格帯が決まってくる。貨幣価値も変わるが、車の値段そのものも少しずつ高くなる。

先日、書店で、「会社四季報」を買おうと手にとって、(株もやっていないしいらないな)と買わずに来た。若い時から時々活用しているが、この本は読み方によって、いろいろな情報を満載している魔法の本だ。今は便利だ。一々四季報を買わなくても、検索で「××社の売り上げ」と検索すれば、直近の決算まで見ることができる。当然概略であるが、見当は付く。株は直接専門のサイトがある。そこで未曾有の純利益を上げた「トヨタ」を検索した。実際の利益は車から上がっているとは思えないが。

「商品」は、「工場出し原価(生産原価)」が当然何時も秘密だ。他の機械類から考えるしかない。トヨタの例を調べると、世界総売上と純益、生産台数は解るが、グループ企業が全部の部門が入っているから、「車1台当たりの生産コスト」は、どこを突ついても解らない。生産会社のBSを細かく分析しても難しいだろう(さすがにこれはやっていない)。コングロマりットの一部門の生産コストなど見当の付けようがない。

一般的な工業製品として考えると、工場出原価(生産原価+経費)+利益が販売会社の仕入れ価格になり、そこに販売会社の利益を乗せて、販売価格になる。在庫期間にもよるが、30%前後の利益幅は見込んでいるはずだ。これで考えると、小売価格300万の車は、約210万でディラーに入り、工場原価は147万となる。これは表向きの工場原価で、生産原価はその60~70%ぐらいと推測できる。高い安いの問題ではなく、設備投資があり多くの従業員を使い、宣伝もすると、工場としての、純利益はかなり厳しい。もちろん量産効果が大きいことは確かだ。これは国内生産の一例で海外生産の場合は解らない。鉄とアルミとプラスティックとゴムの重さで考えれば、そんなに高いはずはない。生産技術と開発技術に金がかかるのだ。ただし、安い価格の車はこうはいかない。軽自動車の値引きが渋かったりするのは多分、各マージンが少ないのだろう。ある台数までは「売れば売るほど赤字」ということも、機械ものの場合は実際はあり得る。下請けの場合は、「型代」が償却できるまでが苦しい。

こんなことをボーっと考えていると、年に一度くらい工場で、直接販売でもしてくれるといいんだがな~。イメージを買う商品の場合は、原価など考えては駄目だ。
政治や国際問題など、見ているだけしかできないことを心配しているのは身体に悪い。仕事をしている時は、ぱっと気持ちが切り替わったが、隠居の身の上ではそうもいかない。

何で何時までも車に拘るのか自分でもよく分からない。一区切り付いた所で、これから何か実現性の高いことを考えよう。今日と明日は台風だ。雨の中定期の通院日だ。



by zoofox | 2015-07-16 23:21 | 車の話 | Comments(0)

やはり書いておこう

今日午後、衆議院で「安保法制案」が可決された。今後、参議院に回るが参議院で60日以内に決着が付かなければ、成立することになった。

若い人のブログなどを覗いてみた。
「国際社会から仲間はずれになるのは、このグローバル時代にまずいんじゃないの」
「テロで失われる資源に、日本はお世話になっているでしょう、武器持ってないから戦争には参加しません、って資源だけ使うっていうのまずいだろう」
「何時までも裸で他人に守って貰うのって、生きにくいんじゃないの」

なるほど道理は通っているように思える。
グローバル経済が軍事力を必要とすることは理解している。その国際社会に参加するためにどれだけの血税が使われているか知っているのだろうか。
石油が高くなるのは戦争のせいではない。石油カルテルの価格操作だ。資源は石油だけではない。天然ガスもあるし水素も作れる。高くても(桁違いに高価な消耗品の武器で)武装して戦争するよりはいいだろう。
日本が裸でアメリカに守って貰っているというのは、「幻想」だ。アメリカにとって日本はかなり頼りになる「盾」だ。

マインドコントロールは結構浸透している。私は自分の意見をまとめるのが精一杯で、他人や他世代の意見を聞かなかった。賛成する人もいるんだ。ところでこの若者は、グローバル経済の恩恵を受けているのだろうか。それなら躊躇わず自衛隊に志願して、イラクでもアフガニスタンでも行って日本を守って貰いたい。
私は、日本が侵略されれば竹槍を持ってでも戦う用意はある。あくまで自衛であり専守防衛だ。




by zoofox | 2015-07-16 19:46 | 政治 | Comments(0)

膀胱内視鏡 2

皆さんのアクセス状態を見せて戴くと、6月25日に書いた、「膀胱内視鏡」をご覧になる方が多いようなので、もう少し詳しい様子を自分のHPから転載します。15年ほど前に腎細胞癌で腎臓をひとつ切り取っていますが、今年5月血尿があり、かかりつけの病院から手術をした大学病院を紹介され検査をしました。検査は、血液、小水、CT、エコー、内視鏡という順で、これは最後の内視鏡の時の話です。短時間ですし、痛みもありません。心配な方は早めに診てもらうのがいいと思います。

『午前10時半の予約で、9時半過ぎに病院に着いた。今回は検査による血尿も予想されるので、タクシーで往復した。結構金がかかる。今日は手術日なので待合室もまばらだ。10時頃検査室に呼ばれた。下半身すっぽんぽんでTシャツ一枚。両足を広げる診察椅子は座ると、尻の下が開いて高くなる。目の前にはカーテンが引かれ、年配の看護師さんが私の分身を引っ張っている。分身は亀の子状態だ。左手にモニターがある。何やら冷たい物が亀頭の口先を押し分けて入ってくる。前立腺の辺りは「息を吐いて肩の力を抜いて」と言われながら、あっという間に膀胱の中に入る。医師は最初に閉じられた左の尿管の辺りを見て、「左の腎臓はとったんですよね」と確認する。膀胱の内部は血管と襞が多く、胃袋とは少し違う感じだ。一渡り見て、「特に何もないようですね」と言いながら、しつこく壁を点検している。こちらは小便がしたくてしょうがない。「小便したいんですが」、「水入れてますから終わってからね」といなされる。10分か15分ぐらいだと思う。「はい、ご苦労様でした。特に何もありませんよ」でお終い。服を着て、一度待合室に戻る。トイレに行くが違和感があるだけで小便はたくさんでない。血尿ではない。11時10分過ぎ、呼ばれて診察室に入る。がっしりした女医さんだ。(確か以前入院した時もいたような気がする、それとも手術後の定期診察の時かな)。今までのデータが全部手元のパソコンにある。CT以外は説明しながらコピーしてくれた。結局放射線医のコメントでは、何も怪しい物は見付からなかった。女医はCT画像を上から下までもう一度拡大して見ている、「肺も綺麗だし…、これ肝臓、腎臓、膀胱と前立腺」、と順次説明してくれる。まあ何もなくて良かった。肺、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、前立腺と皆セーフだ。もちろん膀胱も。三週間もかけて、胸部、腹部のスクリーニングは終わった。クレアチニンの値が気になるが、外科の医師は気にしない。「良かったですね」、「ありがとうございました」これで終わり。次の予約がないことはさっぱりして気持ちが良い。では、血尿の原因は何だったんだろう。やっぱりオートバイかな。主治医になっているK医師の言葉では、「何もなかったら二年後に見せてください」だった。結果はこの後輩からK医師に届くことになっている。』

by zoofox | 2015-07-16 08:26 | 身の回りのこと | Comments(0)

カローラバン1200DX

特に車の面白さをお話をする種類の車ではありません。嫌な日には楽しい思い出を。

昭和50(1975)年から56(1981)年まで、この車で本格的な運転を覚えました。当時としては珍しくクーラーが付いていたと思います。何しろ得意先の間が長く、一日中車に乗っていたので、ちょっとした不具合も気になり工場に持ち込みました。峠道があまりに多いので、雨で赤土が流れてくると、コーナーで後輪が滑ります。当時貨物では珍しく乗用車用のラジアルタイヤをつけました。4本で5万円ぐらいだったと記憶しています。バイヤスからラジアルに変えた途端にその接地性と踏ん張りの変化に驚きました。すぐ気が付くほど無理な走りをしていたのでしょうか。最初の車は小ぶりでがっちりして、案外力のある車でした(50~60馬力ぐらい)。丈夫な車でしたので、アクセルは床まで踏み込むのが普通だと思っていました。私のワゴン好きはこれから始まっています。見てくれはともかく非常に使い勝手の良い車でした。後ろに荷物を積むとバランスが丁度よく、自分の身体のように感じました。加速とか、絶対的なスピードは普通に乗っている場合はそんなに必要ありません。私の運転技術にはこの車が丁度合っていたのでしょう。山道はワンノッチ椅子を前に出し、がっちりシートベルトを締めて走ります。ローやセカンドが大活躍しました。サードに入れるとホッとして、すぐセカンド。エンジンがゴーッと唸ります。都会では信じられないような急勾配のS字カーブが沢山あります。スピードの出るカーブでは、ハンドルを小刻みに動かしながら接地を確かめます。峠道は夜間の方が対向車のライトが見やすく走りやすいものです。スポーツカーや大排気量の車の後について、意地悪もしました。若気の至りです。誰に教えられた訳でもなく、怖い思いをしながら、逆ハンや今で言うドリフトを覚えました。今では、きっとこんな走りはできません。こんな道を通るなら、遠回りでも高速に乗るでしょう。

(教訓1:雪国ではエンカルのため裏はすぐ錆びる)
走行中、マフラーは2度落としました。後ろからパッシングを何度かされてやっと気がつきました。
(教訓2:空のトラックの後ろには着かない)
空荷のトラックは小石をばらまいて走っていることがあります。フロントウインドウを割られないために。
(教訓3:数がある車は修理が早い)
マフラーやガラスは、地元のトヨタで短時間に修理できました。助かりました。
(教訓4:スノータイヤは雪に弱い)
仕事中の午後4時頃から本格的な雪になり、店の紹介でスパイクタイヤを急遽購入しました。まあ、スノータイヤ+チェーンに比べて楽なこと、圧雪と凍結の混ざる地区では本当に便利でした。今は禁止になりましたが、確かに雪解け時期は大変です。市内の道にも轍ができましたし、横断歩道や白線はほとんど引き直しです。
次のカローラは少し大きくなり、排ガス規制で力がなくなりました。
その次のカローラは、もう一度小さくなり、馬力も少し戻りました。

自分の初めての新車は最後のもののセダンで、一番安い1300DXを買いました。タイヤだけ高いラジアルに変えてしばらく乗りましたが、ラジオ、カセットとクーラーしかないあっさりした車で、東名高速を東京大阪間、130Kmで巡航しても余裕がありました。ちょっと鉄板が薄いかなという感じでしたが、普段使いには良い車でした。まあ、当時は車に道具以上の思い入れはなかったので、見てくれはどうでも良かったのです。

by zoofox | 2015-07-15 21:26 | 車の話 | Comments(0)

悲しんでばかりもいられない

これほど国民がひとつの委員会の審議に関心を持った事案は少ない。声を出さない国民はずっと反対している。衆院を通過すれば、本当の法律になり、「案」が取れる。
当面は近隣諸国、特に名前は出さなかったが、仮想敵国とされた中国のどんな反発があるか見物である。日本がアメリカの言いなりであり、一番大切な部分でも反対できない弱い立場にあることを、世界中に公表してしまった。反響は徐々にくるだろう。

日本の弱点が浮き彫りにされて、かえってよかった所もある。日本の本当の敵はアメリカであり、そこから利益を得ようとする国内の勢力だった。その根拠は日米安保条約(略)にあることがはっきりした。法案については、安倍個人の約束であり、次の内閣が廃止してもアメリカは文句が言えない。特に日米安保条約を解消するための必要条件も見えてきた。この法案は安保条約の補完条項だと私は考えている。外交として、中国との間に、「絶対にお互いの国を敵としませんよ」、という条約が結べれば、日本としては、日米安保条約の存在価値はなくなる。基地がなくなる、地位協定もなくなる、TPP協定廃止もできる。その時点で日本は、必要があれば憲法を改正して、「戦争放棄の平和憲法の国」、「武装中立の国」、「軍隊を持つ普通の国」のどれかを改めて選べばいい。アメリカと喧嘩しようとは思わない。アメリカから独立して、イギリスとアメリカのような、友好国としての協力を行えばいいだけの話だ。「日本の独立戦争の幕開け」、と考えれば、悲観ばかりしなくてもすむ。この先も自民党政権が続けば、日本に未来はないし、属国、朝貢国状態は続く。それも選択だ。

by zoofox | 2015-07-15 14:12 | 政治 | Comments(0)

悲しい日

今日は悲しい日だ。怒りを通り越すと「悲しく」なる。何年か過ぎても日本が変えられた日として、ずっと記憶するだろう。国政とは何だ。こんなに軽くて、横暴なのか。原発や沖縄を見ていれば気付くはずだった。感度の鈍い私でも、最高法規である憲法を、普通の法案で(しかも違憲と言われていながら)蔑ろにしてしまう。そんなことが通る社会は、もう法令遵守の国ではない。中国を非難することはできない。人権を大切にする人を何百人も軟禁してしまう国と、基本的には変わりない。日本人が日本を大切に思う心を捨てた年であり、日である。朝のテレビニュースで、2万人以上の人々が国会周辺で反対集会をしたニュースは、僅か5秒しか放送されない。NHKは触れもしない。新聞は、「イランの核兵器開発」の会議が、ウラン濃縮技術開発の速度を緩めることで合意したことが一面のトップになっている。多分今日と明日、一番大切なことを国民にしっかり知らせない。そんな国のやり方を単に事実としてみている、そんな日が続くだろう。「悲しさ」の源は、こんな不条理が許される国になってしまったという悔しさだ。

これではもう私達は大好きな日本を誇れなくなる。2015年7月15日、旧盆に日本は降伏し、二度と戦争はしないと誓った。新盆がその気持ちを捨て去る記念日になった。私はずっと忘れない。


by zoofox | 2015-07-15 07:52 | 政治 | Comments(0)

農業従事者の声

お盆に合わせて田舎からお米が届いた。お礼の電話をすると、おばさん(80代半ば)が出た。「まあ、暑いから熱中症に気をつけて…」という話から、「私達も何時までお米が作れるのかねえ、今の若いもんはお米食べないから」、個別農家の悲鳴が聞こえてくる。母の実家のある村は、おいしい「お米」しか作れない。稲作用の田圃は他の作物に転換しようがない。この土地では、果樹も野菜も、冬は長い間雪の中、夏は蒸し暑い気候で、主要作物にできない。家の裏で自家用の野菜を作るのが精々だ。それでは商売にならない。日々の生活は農協に頼っている。こんな零細農家を沢山潰して、一体何をしようというのだろうか。情報も十分行き渡っていないようだ。山にへばりついた川沿いの村では、農地を大きく併せることもできない。私に故郷がなくなってしまう。
by zoofox | 2015-07-14 08:58 | 政治 | Comments(0)

剣道のグローバル化

第16回剣道世界選手権が行われ、日本が団体で15回目の優勝をした。閉会挨拶で韓国の剣道関係者は、「剣道もオリンピック種目に」という挨拶をしたらしい。何故韓国が剣道が強いのかは歴史認識の問題になるので言及しないが、「剣道の発祥は韓国である」と言い出すお国柄である。「柔道」や「相撲」が「ジュウドウ」、「スモウ」に変化して単なる勝敗を争うためには何でもする競技になってしまった。礼節を重んじ、「残心」などという心の状態をも判定基準にする剣道のグローバル化は無理だ。剣道はフェンシングと違い、一本の判定が難しい。ただ面を打てば勝ちという訳でもない。柔道でも問題になったように、完璧な審判ができる人は少ない。韓国が珍しく推奨するのは、いわゆる歴史的事情で競技人口が多いし、オリンピックでメダルを取れる可能性が大きい種目だからだ。日本の古武道には外国人が真似のできないものが幾つもある。何でもかんでもグローバル化(私はこの言葉が大嫌いだ)すればいいものではない。その土地でなければ本当の姿が見えない物事はある。「武道」は「競技」とは一線を画する、精神修養の部分がある。そんなことは日本に何年も住まなければ身に付かない。日本文化を安売りするなよ。柔道の二の舞は真っ平だ。
by zoofox | 2015-07-14 08:41 | Comments(0)

小さい車

古い車で、今一番乗りたいのは「サニー1200GXクーペ 5MT」だが、フルレストア品で200万もする。あることはあるのだが、今更という気持ちもある。

中古車を見て回ると知らなかった魅力的な車にぶつかる。
日産マーチニスモS(1200/1500cc)、120~180万円
今年2月登録の1500Sは218万+整備、登録経費+税だ。30Kmの新古車だ。こんな車が市販されていたとは知らなかった。先代の12SRが評判がいい。これは古いだけ安い。私でも十分手が届く。10万キロを超えて50万以下だ。みんなよく乗るな。5MTが標準。H22年製で80万円、トータルで約100万だ。

マーチニスモS1500、おっと新車が出ている¥1,820,880だ。これでバンバンと装備すると、インプレッサ1600ccと同じ価格帯になる。車重が400Kgも軽いだけ面白いだろうな。
スズキスイフトスポーツ。(1,040Kg 1,568cc 136pm/6900rpm 6MT 14.8Km/L ¥1,680,000 )
フィットRS(1,050Kg 1,500cc 132ps/6600rpm 6MT ¥1,800,000)
インプレッションは、マーチニスモSはやや固め、スイフトとフィットはスイフトは峠向き、フィットRSは一般向けという評価だ。
どうも私は車幅にこだわりがあるらしい。1690mmという旧規格が身体に染みついている。10センチ広がると縁石にホイールをこすることがある。
他には「G'sヴィッツ」、「デミオスポルト」などこの種の車はあった。

でも、やっぱり最後はS4に戻ってくる。今乗っているインプと同じオプションをセットすると、450万オーバーになる。これ小さいベンツが買える金額だ。最後は価値観と選択肢の問題になる。ベンツが良いとは思わないが、今の日本の車は大きく贅沢になりすぎだ。「これが良い!」と一直線に進まない時は何か障害がある。いろいろウインドショッピングをしたが、私は買わないと思う。いろいろな車に乗りたい気持ちはあるが、もう時間がない。



by zoofox | 2015-07-13 23:10 | 車の話 | Comments(0)