独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01
人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

朝からビール
at 2018-05-21 09:49
いねぇぁなもの
at 2018-05-20 22:20
訃報
at 2018-05-20 09:13
30になったら私死にます
at 2018-05-18 23:07
柳行李
at 2018-05-18 11:30
そうだったのか
at 2018-05-18 08:06
証拠・証言・自白
at 2018-05-17 18:39
フィルムの中で
at 2018-05-17 12:51
午前0時の食事支度
at 2018-05-16 00:37
ペンタックスSP
at 2018-05-15 19:04
磁石
at 2018-05-15 08:25
断舎利と身辺整理
at 2018-05-14 10:21
食文化と食事文化
at 2018-05-13 08:27
恥ずかしい決意
at 2018-05-13 00:42
詮無いこと
at 2018-05-12 21:35
孤独な比較
at 2018-05-11 09:59
Abduction
at 2018-05-10 23:40
参考人
at 2018-05-10 15:08
雨の日の通学
at 2018-05-09 22:16
窮鳥
at 2018-05-09 09:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:思い出( 3 )

30になったら私死にます

(毎日、二度も三度もブログを書くのかな)、と自分でも不思議になる。ホームページを書いていた時は時間はもっとゆっくり進んでいた。一週間に何度か更新をして、メールを下さる方と交流する。今は、時間があって、パソコンがあり、言いたいことや気になることがあると躊躇わずに書いてしまう。「書く」というより「ねえ聞いてよ」と話している感覚だ。

サビの部分で、「♪ 30になったら私死にます ♪」という歌があった。年齢は自分の年齢で覚えている。この歌を聴いている時は私は20代だった。(そうか30歳になったら死を考えるのか)特に好きな歌ではないが、「紅い橋」のように陰鬱ではない軽快な歌だったような気がする。

ブログを書いた後、きっとユーチューブで検索するだろう。実際の歌を聴いたら、今持っている印象は消えてしまう。多分同時期に「グリーン・フィールズ」という歌が好きで、録音してハモって録音するという作業をしていた。亡くなったリリーの最初の曲は「お元気ですか」というLPのB面トップの曲を聴いて、レコード屋に走った。誰も知らないよねこんな曲。でも当時の私の心には何か共感するものがあった。

音楽にしても言葉にしても、ひょこっと思い出すと頭を離れない。こんなことが多くなった。

[PR]
by zoofox | 2018-05-18 23:07 | 思い出 | Comments(0)

花桃の季節

もう40年も前の話です。JR平井の駅のロータリーで毎月「植木市」があった。父親や母親を乗せて買いに行った。その時沢山の苗木を、「サニークーペ」の屋根に縄で括り付けて買ってきました。父親はせっかちで、庭の空いたところにはどんどん植えてしまう。根付いてから困ることも何回もありました。

玄関脇のブロック塀の内側に、紅白の花桃を一本ずつ植えた。苗木は大きく育ち、電線に届くようになって、強剪定をかけたら、紅い花桃は枯れてしまった。その頃、家の前の道路の街路樹がプラタナスから花桃に替わった。見渡す限り花桃だらけです。この二週間で、豆粒のような花芽が満開になっている。我が家の花桃も精一杯咲いています。朝の光の中で、思わぬ効果ですが、これはカメラのプログラムの技です。
c0366973_08151683.jpg
今、地震がありました。

[PR]
by zoofox | 2018-03-30 08:35 | 思い出 | Comments(0)

曇り空の日

朝、シャッターを上げて窓を開け、東に向かってポンポンと柏手を二つ打つ。ずっと父がしてきた習慣だ。5時半だったり、6時過ぎだったり、日によって少しずつ時間は違う。もうお日様の顔を見ることは滅多にない。その時空を見上げる。乾いた何か焦げ臭いような空気の匂いは今はない。まちの匂いが変わってきている。

不思議なものだが自分の体に刻まれた「時計とカレンダー」を知る時間だ。学生の頃から、勉強は朝型である。三時でも四時でも飛び起きて宿題や予習をした。この時間は、庭の犬が騒ぐので朝食前に、新聞紙(当時はレジ袋やテッシュなどはない)を何枚か持って、自転車の荷台に鎖を縛り付け、散歩に連れ出した。中型の雑種だが、力は強かった。犬に合わせて好きなだけ走らせる。時々前輪で前足を引かれて、キャンと鳴いた。でも根性のある犬で自分が満足するまで速度を緩めない。だんだん並足になる。ゆっくり声をかけながら走ると、マーキングと排便の時間だ。人間の言葉が分かるように、彼も要求する時は顔と口の中で何か言う。

当時はまだ「野犬の群れ」がいた。茶色のボクサー種のような犬がリーダーだった。「犬殺し」と呼ばれた野犬の捕獲がそろそろなくなる頃だった。人間は襲わないが、縄に繋がれている犬は襲撃の対象になる。私は自転車に「木刀」を差して用心していたが、この犬が襲われたことはない。襲って負けたのは見ている。弱いくせに鼻っ柱の強い犬だった。盲腸を切って退院してすぐに公園で「予防注射」があった。私の仕事だから連れて行く。1キロ以上の距離を徒歩で歩くだけでも傷に響く。彼は時ならぬ散歩だと思って、喜んで着いてくる。犬は犬の言葉があるらしい。公園が近づくと、足を踏ん張って抵抗する。仕方がないから抱き上げて会場に行く。注射はほんの一瞬だ。

「お手」、「コロリ(指で円を描くと横になって一回りする)」、「待て、よし」、「来い、いいよ」、そんな小さな動作は一度教えるとすぐ覚えた。夏は庭の木の陰に穴を掘って、首だけで母屋の動きを見ていた。彼が事故で死んで以来、私の家では犬を飼わない。犬は愛玩物ではない。人間と同格の心を持った生き物だと思う。今になって「大きな犬を飼いたいな」と思うが、彼を看取る自信はない。あれからもう50年近く経つのか。

[PR]
by zoofox | 2016-10-08 09:13 | 思い出 | Comments(0)