人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:気になること( 355 )

素人

韓国の副首相がウォンの対ドル相場の値上がりについて述べていた。「ウォンのボラティリティーを抑制すべきだ」とか。私は為替や株のことはさっぱり分からない。昔、会社勤めのころ、集められて「円が高くなればわが社はこれだけ損をする」という講義があった。円がドルに対して高くなれば円が強くなるんじゃないの、というのが為替に対する最初の感想だった。ところが円が強くなると輸出を主とする企業としては一円の下降が何億もの減収になる。そんな話だった。「為替」と言うのは交換率のことだから、輸出入を考えると「適当」なところ以外は高くても安くても何かしら支障が出るらしい。

通貨と言うものは色々な要素で乱高下する。その国の国力とか健全性というものだけが指標でもないらしい。円も最近上がり気味だ。韓国では一ドル1200ウォンが最低水準だとか、今はそれを割り込んでいる。私の頭ではウォンがドルに対して弱くなれば輸出のチャンスでいいじゃん、と思うがそうでもないらしい。通貨は買われ売られる。通貨の販売で利ザヤを稼ぐ商売もあるそうな。ウォンがその標的になっているから警戒せよ、と言っているのかアジア経済圏の中の問題なのか良く分からない。自国通貨の対ドル価格が上がれば弱くなり下がれば強くなる、とうのが普通の感覚とは反対だ。まずここで引っかかる。

ボラティリティーと言うのはこの変動の幅の事らしい。高い安いの問題ではなく、変動幅が大きいと「不安定な通貨」というレッテルが貼られるらしい。日本の円も上がり基調だ。対ドルで120円から106円まで”上昇”している。もともとはアメリカと中国の貿易戦争にあるらしい。暫らく低調だった「金相場」が時々話題になる。プラチナの方が金より安いというのも感覚からズレる。昭和50年代にも金の高騰はあった。14金、18金の含有量で商売したのは初めての経験だった。「溶かして売る」などの方法は一般人はできない。それでも飛ぶように売れた。みんなが不安を持っていた時代なんだろうな。

私は文学好きのなまくら技術好きだから、経済のことは良く分からん。経済も決算の事も良く分からないまま、何度も決算をしてきた。未だに長期国債の利益の取り方は判然としない。まあ、お金の事には詳しくなくても何とかなった。車に詳しくなくても運転はできる。政治に詳しくなくても政治家はできる、と同じかな。

by zoofox | 2019-08-17 08:46 | 気になること | Comments(0)

犯罪が変わってきた

毎日のように「殺人」や「傷害」の事件報道がある。何か「刃物を使った事件」が多い気がする。逮捕される犯人の名前にも注目している。そこまでする必要が感じられないのに刃物を取り出して傷を負わせる。銃は極めて少ないが、ネットに絡む犯罪も多い。ネズミ講式の詐欺は地下にもぐり、電話で騙し系の詐欺が主流だ。しかも外国から電話したりネット接続をする。車で煽るのも犯罪の一角に食い込んできた。

日本人には簡単に他人を刺し殺す習慣はないと思いたい。しかし、日本人の気質が変わったのかもしれないし、外国人同士が日本を犯罪の場に選ぶというのも目立つ。(サバイバルナイフを規制しても柳葉包丁があるからな)とため息が出る。刃物は生活に切り離せない。銃砲刀剣類の規制は「日用品」には課せられない。

麻薬犯罪は表に出ないが、芸能人だけが槍玉にあがる。戦後のヒロポンや戦中の「猫の目丸(これは本で読んだだけ)」はきっと覚醒剤だったんだろうな。私が知らないだけの伝統的な犯罪なのか、グローバルが生んだ犯罪なのか俄かには結論が出ない。しかし、私の知る日本が少しずつ壊れていくようで哀しいニュースだ。

by zoofox | 2019-08-10 09:01 | 気になること | Comments(0)

オワコン

「オワコン」とは「終わったコンテンツ」という意味だという。私の聞いた感じでは「終わりそうな」という意味が強いかなと思う。普段は見たり聞いたりしない言葉だ。ネット用語だという。テレビでもたまに使われる。

情報には「旬」がある。悪事追及にも「旬」があるようだ。半年知らんふりをし続ければ「オワコン」になると考えている人が多いんじゃないのかな。でもこれは表面上のことで物事の解決手段ではない。マスコミの中で新聞は「記録が残る」媒体だ。一度新聞に載るとオワコンはない。誤報をして謝罪しても最初の報道がいつまでも生きる。

回転の速いコンテンツと、一度書かれたらコンクリートされて動かない記事がある。新聞はこの辺りの他の情報伝達手段とは異なる特質を、メリットとしてもっと使うべきではないかな。「新聞は本気で書いている」、「新聞に書かれたらお終いだ」というような通念が出来れば、減った販売数も回復できるのではないのかな。戸口まで配達してくれて、何日でも新鮮に情報に当たれる、こんな媒体はない。

新聞がテレビや週刊誌と一緒の報道しているから結局負けるんだな。評判が悪くても意見は貫くべきだ。

by zoofox | 2019-08-03 06:09 | 気になること | Comments(0)

ネット遊び

何か最近のざわざわとした世間の原因の一つが見えた。キーワードは「PV(Page View)」にあると何年か前に書かれた記事があった。「PV」自体には幾つかの訳があるが、Web上のページをクリックした回数が色々な利益を生み出しているらしい。インターネット上の「記事」の評価は「クリック数」しかない。内容は問われない。結局、だれが書いたか分かりにくい、内容の検証が行われにくい(都合が悪いとさっさと削除する)、それとGAFAの野放図な情報集めと拡散の手法が重なっている。

政権の批判ばかりを読む人の画面には「政権批判」の記事が紹介される。韓国の大騒ぎを注目する人にはそれなりの記事、中国やロシアに注目するとそちら方面と蓄積された情報が「お勧め記事」として、個人の嗜好にまで入り込んでくる。検証は無用なのだから、センセーショナルな或いはヒステリックな記事(コンテンツ)ほど目を引き、PVを上げれば金が入る。大新聞社、通信社、週刊誌・・・等々も「デジタル版」としてWeb上での争いをしていると、派手な見出しの記事に簡単に抜かれる。

ポータルサイトの記事が最近特に荒れているなと感じていたのは、私の思考がどうでもいい記事を探して歩いた結果なのだな、と気が付いた。多分GAFAの提供する優先順位は幾つかの要素が混ざっているらしい。個人の嗜好と提供する側の優先順位があるようだ。自分に対して開かれたページだけを見ていると、(ほほう、世間はこう動いているのか)と思い込むが、「世間」とはAiが作った仮の世界かもしれない。

かの国のヒステリックな反応と日本の対応は、Web掲示板の書き込みと同じに見える。「ホワイト国」といい「吉本問題」といい、似ているな。きっと私たちが新しいエンターテインメントをこんな所に求めているからかもしれない。

ネット遊びには少し飽きてきた。




by zoofox | 2019-07-31 05:52 | 気になること | Comments(0)

クライマーズハイ

私はクロスワードパズルが好きだ。クイズの本を買ってきて没頭するほどではない。休みの日の朝に新聞のパズルを解く。新聞のパズルはある意味高度だ。連想の細かい隙間を攻めてくる。

廊下の突き当りに小さな棚があり、洗剤とか電池とか細々とした必要品がストックしてある。目の高さにピンクの「ドライマーク付き(用)洗剤」と書いた箱がある。ここを通って目にするたびに「クライマーズハイ」という言葉が浮かんでくる。関連は何もないが、私の中では何かの関連を感じているのだろう。連想好きは中学生の頃の「駄洒落好き」がまだ残っているのだろう。言葉の一部を置き換えて、思いもよらぬ言葉と言葉を結び付けるというのは案外高度な遊びだ。これで子供は言葉を覚える。

昨夜瀬戸大地選手が400m個人メドレーで優勝して、現地のインタビューを受けていた。会場に流れるインタビューは、何と韓国語だった。しゃべって答えている。会場の雰囲気は一変して歓声が沸き上がった。日本で外国人優勝者が「アリガトゴザイマシタ」と答えてもこれほどの歓声は生まれない。(ふーんこういうことか)と私は独りごちた。何がこういうことかとは説明し難いが、印象と現実は少しずれているということなのかな。

クロスワードはすべての言葉が明らかにならないと、隠されたキーワードは表れてこない。世の中そんなもんだな。

by zoofox | 2019-07-29 07:48 | 気になること | Comments(0)

GAFAって何だ

テレビ爺のテレビが先週から不調だ。CATVの接続が少しずつおかしくなって、とうとう地上波の接続も切れた。電話を一本すればいいだけの話だが、(どうなるかな)とまだ放ってある。こんな時でもないと撮りためた映画や番組の録画をじっくり見られない。まあ、映画のストックは沢山あること。入院中は地上波だけで、BS、CSやネットの遮断を経験したばかりだ。今TVで見られるのは「ユーチューブ」だけだ。

ごちゃ混ぜの、連日続いたテレビ報道に(もう情報はお腹いっぱい)という感じもあった。少し遠ざかりたいなという自分の意思もあるようだ。まあ、すっきりすること。自分の見たいものだけを見る、という選択をしばらく忘れていたようだ。茶の間のおしゃべり箱を自室まで持ち込んだのが間違いだったな。

テレビ爺がネット爺になりつつある。ネットのニュースは玉石混交というより、「石」ばかりに見える。メールを読みにポータルサイトに行くと、一度検索した商品が山のように出てくる。これではGAFAが目の敵にされるなと感じる。テレビは自分の都合で情報を送り付けるが、ネットは知りえた情報を元にこれでもかと宣伝を仕掛けてくる。TVより始末が悪い。

都会の隠遁生活を気取っていても、容赦なく押し寄せてくる。(ネットも遮断すればもっと爽快だろうな)と本当に思っている。道を歩きながらもスマホにはまり込む人たちの頭の中はどうなっているんだろうか、とも思う。

by zoofox | 2019-07-28 10:50 | 気になること | Comments(0)

時代は変わっているのか

高校野球の岩手県決勝戦で大船渡高校の佐々木選手は登板せず、学校は甲子園出場直前で敗戦となった。毎日、佐々木選手のニュースを楽しみにしていたが、(こういう選択もできるようになったんだ)と妙に得心した。監督が大人の選択をしたのか、冷静に選手の体調を見ていたのか、そのあたりにはあまり興味はない。選択も結果の一つだ。

「もう一歩頑張れば、何とかなる」と頑張った結果が無残に終わる、そんな場面が沢山あった。その逆も沢山あった。高校野球では「甲子園に出場すること」が選手や学校の最大の目標として有り続けた。自分の身体を顧みない頑張りが、美徳とされ手本とされてきた。監督は詳しく語らないが、そんな高校野球界の従来の動機付けに「少し違うんじゃないの」と意見しているように見えた。

「アスリート・ファースト」だと声高に言われる。当然のことだ。頑張れ、頑張れと尻を叩くことや学校の知名度を上げることだけが指揮官の仕事ではない。MLBの選手の使い方を、最初は(何でこんなにかったるい使い方をするんだ)と思っていたが、観客に素晴らしいパフォーマンスを見せるための「現場の知恵」だったんだな。

今までの「何が何でも甲子園」というのは少し度が過ぎた。春と夏に選手の一挙手一投足に日本中が注目し応援した時代はもうない。チームメイトの「彼には次の段階があると思いますから」という言葉が印象的だ。急いで使いすぎて身体を壊すことはない。冷静なチームが出てきたなと思う。

by zoofox | 2019-07-26 08:06 | 気になること | Comments(0)

選挙の日

「選挙が遠くなったな」という感想だ。国政選挙は網の目が粗いからかもしれないが、選挙カーが通らない。「選挙」と言えば、候補者の名前を連呼する車は一種の風物詩だった。ペラペラの公報が配られただけで後は静かなものだ。ターミナル駅に関係のない人は「演説」も聞けない。体育館で行われていた「立会演説会」もない。勿論テレビ・ラジオ・新聞は伝えないから、誰が、どこの党が何を主張しているのかさっぱり分からない。

(これ、やっぱりおかしいな)と思う。選挙に関する情報が溢れていなければならない時期なのに、反対にすっぽり隠されている。投票が終わってから、あの演説会は盛り上がったとか、アジったら排除されたとか、色々なエピソードが語られる。元気のいいのはWebだけだ。こと選挙に関してはこの胡散臭い媒体の情報に頼らざるを得ない。他にないのだから致し方ない。外国のように「戸別訪問」も、もういいのではないだろうか。ビラを配って小さな「ティー・パーティ」を開く方法もある。準備期間を今の二倍、三倍にしてじっくり主張を伝えるべきだと思う。そんな泥臭い選挙をもう解禁してもいいと思える。法律が作られた時代とは、国民の意識も行動も全く違うはずだ。

不意打ち選挙はもう時代遅れだ。選ばれて議席を得てから、政策を変えるという方法もフェアではない。議員たるもの選挙で約束したことは、責任をもって最初に実行しなければいけない。議員定数はちょろちょろ変えるのに、昭和25年にできた、肝心の「公職選挙法」は手つかずだ。時代にあった方法を考えなくちゃ。それとも国民が目覚めると困る人たちもいるのだろうか。

by zoofox | 2019-07-20 05:43 | 気になること | Comments(0)

パブリック・コメント

「世論」という言葉をきかなくなって久しい。今では、新聞は「アンケート」、TVは「まちの人の声」が世論の代わりをしているようだ。しかし、昔ほど「統計」や「調査」の結果が安心して信じられなくなった。自分の感覚とズレると(これはおかしい)と心の警告が鳴る。まあ、私が世間からズレてきたのかもしれない。アメリカの一連の騒動以後「選挙結果」も信じられないことが多い。信じるものが無くなってしまった。

各省庁や自治体は特定の問題に対する意見を「パブリック・コメント」として寄せられる仕組みを利用し始めている。でもこの「国民(大衆)の声」はどれほどまで信用できることなのだろうか。形式と中身は少々違うが、Webニュースがその項目を開くと、下の方に「読者の声」を乗せているケースが多くなった。Webニュースは速報性が命だ。それに対する反応は極端なものほど目立つ。その意見にまた意見が付く。

知らないうちは、例えば「こんなにたくさんの日本人が、この件に関心を持っているんだ」と単純に受け止めていた。しかし見慣れると(これも情報操作の一部だな)と気が付く。意見の数と書き込んだ人の数が多分一致しない。同じ内容と罵詈雑言が多すぎる。パブリック・コメントに似た形式をとりながら、ネット掲示板とどこが違うのだろう。書きっぱなし、悪口の言い放題は全く同じだ。こんなことを「ネットの反応」としてまた別の記事の材料に使う。日本でも外国でも同じ手法に見える。「世論」の集め方をネットに頼ったところでもう信用性を捨てている。

信じる方が悪い。ということは「パブリック・コメント」自体もあまり信用できないと考えるべきなのかな。「手軽に手に入る情報はそれだけ精度が低い」と目にするときは一応の心構えをしていないと、泥沼に引き込まれる。インターネットの世界はそんな場所なんだろうな。

報道をする場合や施策の方向付けに、国民の意見が必要な場合はそれなりに手間と暇をかけて、意見を集めるべきだと思う。



by zoofox | 2019-07-18 09:01 | 気になること | Comments(2)

幼児化

最近、頭の中で考えたことがすぐ口に出る意見が多い気がする、率直、素直という表現もあるがどこかの回線が短絡している。自分にもそんな傾向は時折ある。「石橋を叩いて渡る」、「石橋を叩いても渡らない」そんな言葉があったが、石橋かどうか確かめもせずに感情の趣くままに橋を渡って、失敗してから謝罪、というパターンは見飽きた。

何をしたらどうなるのか、この自分の行為がどんな結果を生むかという「思慮」や「想像力」がはらりと欠落している。国内、海外を問わず「感情が勝っての幼児化」が見える。本当に訴えたいことや理想をここで表現していいか悪いか、自分に正直すぎるからそんなことになる。「思惑」や「脳内思考」がそのまま出て、沢山の人の違う意見を聞くとか、自分の意見が最善ではないかも知れないと考えてみる、という当たり前の方法や判断を簡略化している気がする。

特に政治の世界では「嫌がらせ」や「子供のような悪口や行動」が蔓延している。昔、交渉相手のトップに、何時も半眼でゆっくり煙草をくゆらして話を聞いている人がいた。その場ではストレートな回答は出ない。何年もして一緒に出張する機会があった。お酒を飲みながら「何か悩みはあるんですか」という私の問いに「俺は優柔不断で結論がすぐ出ないんだよ」と笑っていた。当時はキレキレの私は(何だこいつ)という印象を持った。しかし、何年もしてから分かった。沢山の人の思いと生活を預かる地位では即断は禁物だ。「ゆっくり考えてゆっくり」と結論を出せばいいことと、「即断即決」のバランスの問題だ。私の知っている優秀な経営者に共通するのは、「緻密と大胆」がいいバランスで備わっていることだ。

しかし、実社会でこんなことを求められる人は少ないだろうな。だから余計にそんな立場の人は良く考えて結論を出して欲しい。



by zoofox | 2019-07-17 05:41 | 気になること | Comments(0)