独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

DATUSN 510 とサニ..
at 2018-11-18 19:58
九ちゃんのズンタッタタ
at 2018-11-18 06:20
赤ちゃんロス
at 2018-11-17 16:24
昭和をレトロと・・・
at 2018-11-16 11:32
ディスカバリー・チャンネル
at 2018-11-16 06:28
ナメクジ
at 2018-11-15 23:00
地獄の特訓
at 2018-11-15 01:39
新人王
at 2018-11-14 09:05
聞き慣れない言葉
at 2018-11-13 08:28
体重測定
at 2018-11-12 08:48
爪切り
at 2018-11-11 20:21
視点を変えれば
at 2018-11-11 09:17
サラリーマン
at 2018-11-10 14:38
フォークル
at 2018-11-09 22:46
雨の日
at 2018-11-09 08:53
ビールとすき焼き
at 2018-11-08 09:37
家庭内体操
at 2018-11-07 06:35
かかりつけ
at 2018-11-06 14:49
面倒くさい男
at 2018-11-06 08:27
洗濯機が壊れた
at 2018-11-05 20:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:自分のこと( 53 )

体重測定

女医さんに、「この次も”HbA1c”が今回と同じくらいなら、体験入院よ」、と言われたのは9月末のことだ。今月の末が診察日だ。血液検査の数字自体は、今までの経験から、”糖尿病”と言われる程の数値ではない。前の先生は循環器系だ、今度の先生は「腎臓内科」で、クレアチニンその他の腎臓指標と合わせると、HbA1cの基準は厳しくなる。肝臓の各数値もほとんど普通人に近づきつつある。

今二度目の”本格的減食”をしている。「適度な運動と食事療法」と言うが、適度な運動など腰が痛くてできない。日々の食事の量とカロリーをできる範囲で落としている。基礎代謝が落ちているところで減食はいろいろな不調を生む。先週末、自分で決めていた「第一基準」の体重まで落ちた。ベルトの穴があっという間に二つ縮まった。

毎朝起きると、パジャマの上着を脱いで、秤に乗る。その後血圧測定。少しずつ寒くなって血圧は正直に上がり気味になる。(達成感がないな・・・)と思う。何となく楽しくないのだ。

私が金を出した訳ではないが、「家を一軒改築する」ということは、身体にとって結構なストレスになったんだろうな。私は、行って来いの引っ越しをした。年取って大きく生活環境を変えるのはあんまり良くないな、と思っている。

間食をしないので、赤ちゃんと同じで身体のリズムがはっきりしてきた。寝て起きて食べて出しての繰り返しだ。さて、次は大声で泣いてやろうかな。

[PR]
by zoofox | 2018-11-12 08:48 | 自分のこと | Comments(0)

家庭内体操

同居人は、体操教室のお友達と一緒に、駅前にある「ヘルスクラブ」の下見会に行って来た。「結構きついのよ~」と言いながら元気なものだ。私は「筋トレ部屋」を作ったのだが、テレビとソファーが置いてあって、もっぱら同居人の昼寝部屋になっている。役所の目がきつくなって、接骨院が一つ二つと閉め始めている。長い間通った接骨院が、今はディケアの介護体操やリハビリ体操をする待合所に変わってしまった。

筋トレと言うよりも柔軟体操を、「自分の体重で行う」メニューを開拓している。今のところ目を付けたのは階段だ。鉄骨+コンクリートの階段の左右に丈夫なポールが通っている。両手でポールを上から握って、肘を中に入れるかポールに持たれるかで、違う運動ができる。主に背中の肩胛骨周りの筋肉と肩肉・関節に良く利くようだ。接骨院の先生が大汗をかいて、膝を当て両肘を引っ張ってくれた運動が、自分の加減でできる。痛ければ止めるのも簡単だ。

階段の蹴上げのところに爪先を引っかけて、アキレス腱を思いっきり伸ばすと気持ちがいい。片足を伸ばして、反対の足を胸に抱え込むのも結構きつい。運動毎に左体重、右体重を意識すると脇腹にも利く。

歯を磨く時間もいろいろ工夫できる。スクワットは顔が洗面台から離れるので、左右の腿(もも)を左側を磨くときは右、右側の時は左と決めて、腿上げ、伸ばし、抱え込みをする。スクワットはそれが終わってからだ。

祖母は庭にあった物干しで背を伸ばしていた、鴨居にブラ下がるのは指の力がいる。懸垂が簡単にできる高さに捕まり棒を作れば良かった。実は洗濯機を運んだとき(あれっ、軽く持てるな)と変化に気が付いた。持病の腰痛も治まっている。何か効果があるのかな。

余談だが、「平日の昼間に若い人が沢山いるのよ~、仕事していないのかしら」、とクラブのことを言っていた。確かに平日の昼間、自転車に乗っている働き盛りの人をよく見る。世の中「働き方改革」は既に始まっているのかな。

[PR]
by zoofox | 2018-11-07 06:35 | 自分のこと | Comments(0)

面倒くさい男

「この野郎付き合えないな」と感じる事がある。自分の事だ。いい年になって、好きなことを書き散らかして、今になって、「何のために毎日ブログを書いているの?」と、自問自答している。生活範囲が狭くなって、テレビ、新聞、WEBと付き合いが限られてくると、私の「意見」を形づくっている基本的な物の見方が、そんな物の影響を強く受ける。「それはお前の本当の意見なのか?」と、時には自分を問い詰める。影響を受けないのは、私がまだ社会と繋がりを持っていた昔のことだ。自信を持って言えるのは、自分の経験しかない。懐かしいのは子供時代。

お酒で繋がっていた柵を、辛うじて切り放つと、友人との話題は病気のこと。子供や孫の話には曖昧に頷くだけだ。アルコールのベールが掛かっていた人間関係は、「幻の関係」だったな。
何時の世にも不平不満がある。全てに満足している自分を想像すると、そちらの方が恐ろしい。

あの人が出てきてから、日本の政治は滅茶苦茶になった。自分の意見を持たない官僚原稿の棒読み、思いつきと多数の横暴、特定の人々への利益誘導策。こんなに尻が割れた人を支持する人達がいる。恐いのは隠して置くべき「不正義」を堂々と見せて隠さない。「悪いことをしてどこが悪い」と言われては、もう付ける薬はない。目を転じれば、アメリカもひどい国になった。中国は「東トルキスタン」(国名が違っていたら失礼)、チベットを侵略、弾圧、漢民族化して平然としている。どこの国にも「あの人」がいる。

韓国の徴用工に対する裁判は、日本政府は「一顧だにしない」と明言したが、それでいいのだろうか。私の父親も徴兵される前は「徴用」に行っていた。日本の日本人に対する戦後補償は充分だったのだろうか(何もなかったように思える)。父親の実用自転車のサドルの前に座布団を敷き、ブレーキの鉄の細い棒に指を挟まれないようにハンドルを握って、用事に着いていった。戦前の長屋が燃え残っている地域がある。父親は上を見上げながら、「ここの人達はいいよな、お父さんは家を建てるのが大変だったんだ」と言っていた。

書きたいことは沢山ある。あっちこっちに話が飛ぶのはそのためだろう。

[PR]
by zoofox | 2018-11-06 08:27 | 自分のこと | Comments(0)

介護後鬱

安藤和津さんが書いた「介護後鬱」という本の宣伝が目に付く。買って読んでみたいが、私にはまだ無理だ。思えば、長い看病や介護が終わった後の「残された人」に言及した本は少ない。「私はこんなに一生懸命介護をしましたよ」と言う本は山程ある。
私は自分の病気の記録として、ホームページを開いた。途中からこれに占める母の看護と介護の記録がメインに入れ替わった。母の病気を通じて色々な人との出会いがあった。

今自分の記録を見開きにした年表を手帳に貼ってある。西暦と和暦と年齢、その年に何があったかを、一年一行で簡単に書いてある。毎年更新していたが、ここ数年は空白のままだ。母が亡くなった記録があり、その次の年は私が仕事を終えた。もう5年を過ぎたが、家の中を母親が歩いているような気配を感じることがある。

母の部屋に手が付いたのは今年からだ。同居人は私より立ち直りが少し早いらしい。亡くなる前の年に車を買い替えた。すぐ遠出するのが常だったが、買っても乗る暇がなかった。葬式のお客を会場から送迎するのがデビューだったかも知れない。その後ずっと私も体調が優れない。安藤さんの話を聞いて初めて思い当たった。(何で大好きだった車に乗りたくないんだろう)、これは自分でも不思議だった。

少し寒くなって、母の部屋から「デロンギ」のヒーターを私の部屋に移動させた。狭い階段を抱いて下ろしたが、結構重かった。このデロンギは二代目だ。母は寒がりで電気毛布とこれで冬場を凌いだ。エアコンの温風は何か気にくわない様子だった。点けっぱなしでも火事の心配は少ない。私はこのまろやかな暖かさよりも、ファンヒーターの圧倒的な熱さの方が好きだが、滞在時間の差だろう。

c0366973_11012556.jpg
私の部屋は、まだぴったりと綺麗にはならない。床には家具屋さんが傷つけ防止のために置いていったカーペットの切れ端が(これはこれで便利なところがある)置いてある。デロンギの後ろには「布団乾燥機」が常設してある。

何かきっかけが欲しいなと思っている。心と体が鈍ってしまっているが、自分のせいだと責めるのは止めよう。心の問題は、頭とは別の働きをするようだ。

[PR]
by zoofox | 2018-11-03 11:37 | 自分のこと | Comments(0)

役所からの手紙

「国保の払い戻しについて」という手紙が来た。「払い戻し詐欺」は、振り込め詐欺の中でも一つの分野を作っている。実際の払い戻しがある場合は、このように手紙で来る。電話では絶対に連絡してこない。

中を開くと本当に払い戻しがあるようだ。今、医療費が高い。バスの運転手が”一瞬気を失った”という事故も、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」が原因らしいと報道されている。下世話な言葉で書くと、「肥満のため喉ちんこ回りに肉が付いて睡眠時に気道を塞ぐ」、私の場合は正にこれだ。新しく担当医になった女医さんは、面白がっていろいろな検査をする。血圧が高くて、酸素飽和度が少し低い(指先の爪が肥厚して正しく測れないのが原因だと思うのだが)という所見から、寝ている時圧力をかけて鼻から空気を通す器具を使っている。この機械のリース料が高いのだ。

気温が低くなると空気が乾燥して冷たくなる。それが喉を通るから、身体が不安がる。この機械を付けてから熟睡したことがない。機械には通信装置が付いていて、会社経由で医師の所に分析結果が届くらしい。私なりに効果はあった。もう口を開いて寝ることはない。朝、口の中が乾いていないから分かる。機械を付けなくても同じだ。

薬の数は減らしている。思い当たるのはこれしかない。年収と世帯構成から「限度額」があり、これを超えたらしい。実際の払戻額はというと、切手を貼って申請したらどうかな、という額だ。私の払い戻し詐欺は、ささやかなものだ。

[PR]
by zoofox | 2018-11-01 12:45 | 自分のこと | Comments(0)

ジーパン

60才を過ぎた頃から、定年後の職場では黒っぽいコットンパンツを幾本か仕事着にしていた。上にブレザーを着ると別に不都合はなかった。当時はさすがに青いジーパンははけなかった。昨年からウエストが少し減ったので、昔買った34インチ(86.5cm)のジーパンをはいている。引っ越し前には確かに、冬物のコーデュロイやコットンパンツがあったのだが、どこに入ったか分からずにいた。さすがに丈夫なジーパンも所々色が抜けて、「いい色」になって来た。

ストーンウォッシュのジーパンとグレイの細いコーデュロイのパンツを買った。まあ、パンツの高いこと、当時私が懇意にしていたジーパン屋さんでは、一本7千円と決まっていたのに。コスパから言うと高くはないが、同じメーカーの同じサイズでも、何か布が薄くなったような気がする。いつものことだが、買った途端に前のパンツ類が出てきた。新しい部屋の戸棚に入れっぱなしで、ベルトには黴が生えている、急いでアルコールで黴を拭い。パンツ類は洗濯機に放り込んだ。今年の冬はこれでOKだろう。

自分で動かさなかった分はもう一度点検しなくてはいけない。新品の白いワイシャツが沢山出てきた。ジジイだけれど爺臭くならないように、白いワイシャツにセーターを着て、下はジーパンにしよう。私でも「服装計画」はある。新しいネクタイは全部同居人にやってしまった。絹物は開いてアイロンをかけ、「端布」と同じように袋物などに使うらしい。

カメラは普段使うものは母屋に置いてある。ベルトに黴が生えるのだから、レンズを点検してみよう。不思議と使っているものには黴は生えない。この部屋は機密性がいいし、戸棚は占めっぱなしだったからいけないんだな。便利なようで不便だな。換気扇はベッドの陰だし困ったな。

[PR]
by zoofox | 2018-10-28 21:11 | 自分のこと | Comments(0)

赤ん坊

季節や自然に負けて自分の好きなことができなった。今年の夏のことは今悔やんでいる。私は自分の判断を悔やむことはほとんどないが、世間の声とも言うべきマスコミの大合唱に負けて、あの一生のうちに会えるか会えないか解らない「猛暑」の太陽を体験しなかった。地球温暖化の兆候なのか、それとも「間氷期」が終わっていよいよ次の氷河期に向かって地球が動き出した兆しなのか、ともかく、尋常ではない出来事に参加できなかった。次の機会があれば、マスコミや役所の言うことはあまり素直に聞かないようにしよう。


昨日から姪の子供が実家に来ている。この姪は赤ん坊の時から三分の一ぐらいは育ててきた。沐浴させミルクをやり。座布団の対角線に収まる頃からの付き合いだ。その子が子供を連れて戻ってきた。実家では部屋を片付け、赤ん坊用の布団や細々とした道具を揃えて大騒ぎだ。

我が儘な娘がしっかり母親の顔になっている。今回は横から応援するだけだが、今の子供は目鼻立ちはしっかりしているし、見えるのか見えないのか大きく目を開けて周りを見るし、音にも反応している。久しぶりの赤ん坊だ。用もないのに顔を見に行く。何時まで滞在するのだろうか。

新しい爺ちゃん婆ちゃんと姪は「三時間しか眠れなかった」とぼやいているが、赤ん坊を囲むとみんなが優しくなるから不思議だな。

[PR]
by zoofox | 2018-10-27 14:37 | 自分のこと | Comments(0)

天気はいいが

先週から今週にかけて、体調が悪い。動悸がする。心臓の検査も24時間検査をしたし、血圧も落ち着いていたが、ここのところ少し高い。(甲状腺かな)とちょっと疑っている。私の甲状腺には膿疱がある。穿刺検査では白だった。「心悸亢進」はいろいろな原因がある。疲れても酒を飲んでも貧血でも鬱病でも、とんでもない病気の兆候でもあれば、単なる神経のいたずらのこともある。

私は大体分かる。この夏は「高齢者の方は不要不急の外出は控えて下さい」と、必要以上に脅かされて、エアコンのお世話になっていた。その上秋が短くて時々寒い。身体が驚いているだけなのかも知れない。でも、もう何時でもお世話になってもいい年齢になってしまったな。何だか分からない軽い不調は、気分的に良くない。

幹事長に「今回は休むかも知れない」と言ったら、「お前は飲み過ぎなんだよ」と軽く言われてしまった。幹事長とは半年間だけ同い年だ。どうも彼の同級生でも夏に何人か亡くなっている人がいたらしい。私はお酒は飲んでいません。たまに飲むだけです。

[PR]
by zoofox | 2018-10-25 11:23 | 自分のこと | Comments(0)

批判と批評と自己判断

大層な題名を付けた。そんな大層なことではない。私は何時も、前の世代の頑迷さ批判し、後の世代の至らなさを槍玉に挙げている。さも分かっている風情で批評する。でも知っている、自分の標準と経験を飛び越えた以上の意見は出て来ない。それ以外は借り物の思想だ。最近は新聞もテレビも、一度読んで(見て)、発信者の後ろに何か特別な意図がないのか疑ってみる。悲しい時代だ。今日は「藻谷浩介」さんが書いた、「時代の風」というコラムを読んで、幾つかの疑問が解けた気がする。(この人の事は知らない、山口県出身で東大、NHKと関連がある云々というと、あっち側の人かなとも思うが、どっち側の人でもいい。書いたものが優れていれば文句はない)。以下引用(意訳)。

■外国は、「日本は組織的に決定が遅くなかなか実行に移らない、だから経済が成長せず国際競争に遅れる」と、この20年来日本を批判しているが、これは間違いである。日本は間違った方向に「選択と集中」を行っているだけだ。原子力にも、9条の改正にも、軍事力の必要性にも当てはまる。軍事力優先は庶民不安の緩和伝説であり、軍事支出で儲かるのは一部のグローバル資本だけ。

■団塊世代の退職に伴う「人手不足」を好景気と呼ぶのは笑止千万(同感)。

■日本の輸出はこの20年間に6割(円換算)急増している。

■17年度の対中国の経済収支は5兆3千億の史上最高の黒字。

■等々、「円高になれば輸出は減る」、「五輪以降は景気は坂を転げ落ちる」、は事実を確認しないまま蔓延する「伝説」だ。

最後に「みんなが言っていることこそ怪しむべきですよ」と締めくくっている。

なる程な、と思う部分もある。政府の発表する「BS」は何時も収入支出の「現金勘定」だ。固定資産や特別勘定は隠されている。税金を投入して出来上がったインフラは何時も勘定の外にある。これではどんな年でも、表向きの税収以上の予算を組めば赤字になる。これで「国はお金がなくて困っている」と言われてもな。総理が外国で、1億ドル2億ドルという金をポンと出しても、国の財政には響いてこない。お金はあるけど回ってこないだけなんだな。

藻谷さんの言うように、必要のない軍事費を増強させているのは、日本のためじゃないんだな。F35を一機買う金を国産戦闘機の開発に回せば、いい物ができると思う。実戦に使わなくても国の最高技術は何時も軍用から生まれる。「戦闘機」ではなくて「丈夫なビジネスジェット機」を造って売ればいい。中国は日本のF22改造計画まで子細に分析している。日本人が思う以上に、外国は日本の技術を警戒している。ステルス技術が日本発であることも知っている。軍用ではなくてもこの技術を民生品として「ものづくり日本」を復活させて欲しいな。

短いコラムの中に、今回もいろいろな切り口を見た。唯我独尊って古いね。

[PR]
by zoofox | 2018-10-21 11:27 | 自分のこと | Comments(0)

思い込み

裸足で朝風呂を習慣にしていると、ほとんど風邪も引かないのだが。ここの気温差がいけなかったらしい。身体がしゃっきりしない、少し熱っぽいが熱もない。病気持ちの身としては、違う病気も考えてしまう。

アマゾンは配送会社を変えてから、ヤマトの予定のできる配送ではなくなってしまった。大きな会社が取引量を人質にして価格交渉を有利に運ぶことは良くあるが、自信のある会社は大口を切っても、自分の会社を守る。これは私はいいことだと思う。翌日配達、翌々日配達などと早く必要なら、自分で買いに行けばいいだけだ。「トランプの脅しと日本の関係に似ている」。

今日は接写用のリングが届いた。Kマウントのペンタックスはレンズの種類が少ないので、せめて「接写でもしようか」と考えた。綺麗なアルミの4本セットだ。一本は本体に、一本はレンズに着ける。後の二本で長さ(倍率)を調整する。カメラに取り付けるときは、カチンと止まった。一通りレンズを覗いてみて(これはフィルムではなくデジタルで使うべきだな)と思った。正直慣れない者には、フィルムでストロボを使ったら、出来上がるまで写っているかいないか想像できない。説明書が何もないがレンズから外すのに手間取った。解ってみれば簡単なのだが、動かないリングに(ドライバーで分解しようか)と思ったほどだ。タムロンのアダプルートⅡ(?)の時も同じような経験がある。
c0366973_12462188.jpg
この手前の環がマウントに着いて離れなかった。銀色のぼっちを引っ張れば良かったのだが、大体私の経験からの思い込みで押していた。一言書いてくれればいいのに。もう少しで到着早々壊すところだった。・・・接写がしたかったらマクロレンズを買うべし、かな。




[PR]
by zoofox | 2018-10-16 12:55 | 自分のこと | Comments(0)