独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01
zoofoxさん、おはよ..
by memmon at 09:56
> memmon 様 ..
by zoofox at 16:45
おはようございます。 ..
by memmon at 08:34
> memmonさん ..
by zoofox at 10:07

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

今更・・・
at 2018-02-23 22:12
裁量労働
at 2018-02-23 09:33
若い人を信じてみようかな
at 2018-02-22 21:53
寒い家
at 2018-02-21 08:59
保険の確認
at 2018-02-20 23:13
法律の作り方
at 2018-02-20 09:46
日替わりヒーロー
at 2018-02-19 23:05
冬季オリンピック
at 2018-02-18 23:42
若い力
at 2018-02-17 21:40
父さん
at 2018-02-17 10:41
貧乏人の金の払い方
at 2018-02-16 07:36
歴史教育
at 2018-02-15 19:29
金と銀と銅
at 2018-02-15 10:44
バレンタインデー
at 2018-02-15 09:43
ウナセラディ・東京
at 2018-02-14 22:02
新しい部屋
at 2018-02-13 23:34
失って知る
at 2018-02-13 08:38
オリンピック
at 2018-02-12 23:12
衣類整理のこと
at 2018-02-12 07:03
衣類の賞味期限
at 2018-02-11 23:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

カテゴリ:詩文( 1 )

兵隊さんになったら

ある日突然 薄桃色の手紙が来て
親しい人と別れを惜しむいとまもなく
山奥か海辺の合宿所に集められて
毎日毎日駆け足やカッター漕ぎの練習
毎日毎日人を殺す練習を半年もさせられて

ある日突然 親しい人に別れを告げることもできずに
船に乗せられ 飛行機に乗せられ
どこか知らないところに連れて行かれるんだ
「行け」と言われたら行かなきゃならない
どんなに恐くても目をつぶって鉄砲を撃たなくちゃいけない

敵が誰なのかも分からない一兵卒
まだやりたいことが沢山あって
女の子とも遊びたいなとも思って
かっこいいスポーツカーにも乗りたいと思って
そんなことを全部押し殺して塹壕の中でじっと敵を待つ

熱い砂漠かも知れない
湿り気の多いジャングルかも知れない
「帰りたいよう」そんなことをひと言でも言ったら
半殺しにされてしまう
隣の友が気が付いたら息をしていない

オレの人権はどうなるんだ
一兵卒に人権なんかないんだよ
悔しかったら敵をたくさん殺して偉くなるんだな
そんな生活に何時か慣れてしまう
土の上に寝るのが当たり前になる

どこか見えないところから鉄砲の弾が飛んでくる
「恐いよー」そんな声を押し殺して泥の中を進む
みんなは何をしているんだろう
とうさんやかあさんは元気だろうか
この月をきっと見ているよね

兵隊になったら
人を殺すのが平気になる
兵隊になったら
何時死んでも良いと思ってしまう
兵隊になったら
兵隊じゃなかった頃のことを忘れてしまう

兵隊になったら破壊するのが仕事だ まちを 人を 人の生活を
ボクはこんなことをするために生まれてきたんじゃない
ボクはもっと自由になりたい
嫌いだった勉強もするから 誰かここから救い出してくれ
兵隊になったらこんなことも隠れて日記に書くしかない

ボク達の父親はほんの70年前にこんな兵隊だった
そして兵隊でもないたくさんの人が殺されて 戦争に負けた
ボク達は二度と戦争はしません と国民が全部で誓ったはずだ
そんな誓いを破ったら ボク達は世界中から「嘘つき」と呼ばれる


[PR]
by zoofox | 2016-10-02 10:24 | 詩文 | Comments(0)