人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29
金メダル30個
at 2019-06-28 09:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2019年 06月 24日 ( 2 )

先駆者

自治体の横断幕を下げたトラックが通る直前に、道路わきの資源ごみの置き場を物色して、アルミ缶を回収している人たちがいる。自転車に幾つものビニール袋を括りつけていく人もいれば、トラックで来る人もいる。いつの間にか「まちの風物」になっている。ここでは彼らの活動する時間は小学生が集団登校する時間帯だ。色とりどりの子供たちと、積み上げられた信じられないほど大きなビニール包みが同時に存在し、交通安全の父兄は訝しげに見ている。

「資源ごみ」の制度が始まったころは、町会や子供会の収入にするために新聞とともに然るべき団体が管理していたように思える。それがいつの間にかぐずぐずになって、ゴミ出し日が変わっただけで、普通のごみ化した。

いらなくなったものが、ホームレスの人やそれを生業とする人たちの「資源」として役立つなら、資源の再利用として「ご苦労様」と一声かけたいくらいだ。でも、何となく人の見る目は冷たい。(これ、何なんだろうな)とふと疑問を感じる。

もともと「人が捨てたもの」や「価値のつけられないもの」に値段をつけることに違和感があるのかな。空中を飛び交う「電波」に値段を付けて強制的に金を取る法律がある。当面関係のないことに「相互扶助」という名前を付けて金を取る。必要となったら大金をはたいても手に入れたいが、そうでない時は空気のようなものに金を払わせられることと何か似ていないかな。

今ではいらないものをゴミに出すのにお金がかかる。反対に必要のないものを強制的に買わされる。そうか相反関係だったのか。地道なものづくりが行きつくと次には「価値のないもの」に価値を付ける段階に入るんだな。その点彼らは先駆者というべきなのかな。

by zoofox | 2019-06-24 08:54 | 身の回りのこと | Comments(0)

言い訳

ブログではおしゃべりな私だが、実生活ではある時から言い訳をしなくなった。(あれ、いつ頃だろう)と自分を探ってみる。三十歳の頃、車で東京へ帰る道すがら、約束を忘れていたことを思い出した。Uターンして甲府の郊外まで約一時間、運転中に鼻血が出てきた。チリ紙を鼻の穴に詰めて訪問した。何のことはないサービスエリアから電話一本入れれば済むことだった。この地区は新しく、まだ「お見合い」の時期だった。この頃の私の選択肢は一つしかない。身体を使って誠意を見せることだ。それを少し勘違いしていたようだ。店主は「何したん」と聞いた。(忘れていました済みません)と正直に言えばそれだけだったのに、何か言い訳したらしい。どんな運びだったのか、私は自分の都合の悪いことはあまり覚えていない。夕食をご馳走になって店を出たのは午後9時過ぎだった。あの時、気心のまだ知れていない店主に気に入られようと、色々なことをしゃべったはずだ。その帰りに中央道を走りながら、(こんなことはもう嫌だ)と考え続けていた。肝心な「こんなこと」ははっきりしない。何かいい条件を提示したのだろう。多分この頃から、会社でも仕事先でもいい加減な言い訳をしなくなった。

「嘘」と「言い訳」は似ているが違う。他人と話す時に多少の誇張はあっても、嘘も言い訳も意識して止めると気が楽になった。返答に困れば「それは分かりません」、「その内容は言えません」とはっきり言えるようになった。何処かで「自分を大きく見せなくてもいいんだ」と気が付いたらしい。私はだんだん仲間内で「口が堅い」と思われるようになった。別に口が堅いのではない。思考を整理して「ここで言えないことは、どこでも言わない」、「ここで言えることは、どこでも言う」と決めただけだ。上司の悪口が話題になる時に(当人を前にして私が言えること)だけを私の意見とした。

私たちの商売は商品の前に「自分を売り込むこと」だった。自分を売り込むのに余計な修飾はいらない。地道な反復だけが財産だった。「約束を守る」というのも基本だった。しかし、約束が守れなかった時に、いい加減な言い訳をしないことが大切だった。

こんな事もあったんだっけ。そこに若い自分が居る。


※追記「言い訳をしない」と書いてしまった。その後少し考えている。「言い訳」の反対表現は何だろう。当然「言い訳をしない」が反対語になるのだが、それでは話が終わってしまう。もう一つは言葉にしなくても、裏に「言い訳をしないことが善だ」という響きを感じる。そうなると私の意図とは少し違ってくる。政治家が自分の言ったことを守らなくても、状況証拠で悪事を追及されても、言い訳もせず今の言葉で「スルー」し続ける(だんまりを決め込む)ことも同じだと思われては困る。言い訳をしないということは案外「狡いこと」ではないのかと気が付いてはっとする。私が「そんな意味じゃありません」と言ったら即、言い訳になる。そうなると反対語は「率直な説明」とでも言えるのかな。類義語に「誤解を恐れない」というのもありそうだな。やれやれ日本語は難しいな。自分の経験をもとに言葉に触れても、捕まえきれずに独り歩きする。「言葉」を職業の道具にする方々は心して使ってほしいな。

by zoofox | 2019-06-24 06:02 | 自分のこと | Comments(0)