人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29
金メダル30個
at 2019-06-28 09:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2019年 06月 10日 ( 1 )

父親

妹が生まれた時の事だけは、はっきり覚えている。産婆さんが呼ばれて、4畳半の寝室が産室になった。母親が大きなお腹をしていた記憶はないが、生まれた日から私の寝る場所が無くなった。祖母の布団、兄の布団とうろうろして最後は父親の布団で落ち着いた。赤ちゃんが生まれたワクワク感と、自分の居所が無くなった喪失感ははっきり覚えている。みんなはそんな私を見て笑っていた気がする。4っつになったばかりだった。

夜中のトイレが怖かった。どうして怖いかと言われても説明ができない。怖いものは心底怖いのだ。子供に時間は分からない。夜中の2時ごろに私を起こしてトイレに連れて行くのは父親だった。それが和式のぼっとん便所だったのか朝顔だったのか、記憶は混ざっている。2蜀(20W)の電球の暖色の明かりと外で待っている父親の声は記憶にある。台所を横切ってトイレまで行く道のりは遠く遠く感じた。

私が東京にいない生活をしている時、何も要求したことのない父親が「○○ちゃん、家を建てようよ」と言った。古い家を取り壊して新築した。父親は昔の家の間取りと同じ間取りにした。北側のトイレは玄関横に移動したが、1階の間取りは殆ど以前と同じだった。その頃私は(後、20年は東京に帰れないだろうな)と覚悟していた。

祖母は新しい家ができる前に亡くなった。病院のベットでおむつをしてた。朦朧とした意識の中でトイレに行こうと、壁に向かってベットを降りる仕草をした。その方角は自分の寝ていたところからトイレに向かう方角だ。「ここは病院だから、そのままでいいんだよ」と言っても分からなかった。父親が亡くなってから、何故同じ間取りにしたのか、分かる気がした。年寄りには新しい間取りは良くないな、と今でも思っている。

by zoofox | 2019-06-10 06:05 | 子供時代 | Comments(0)