人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17
> waku59さん ..
by zoofox at 07:56
うっかりしてると寒暖の差..
by waku59 at 11:22

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00
32インチ
at 2019-06-12 06:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2019年 05月 19日 ( 2 )

流される

「仕事」が無くなってから仕事が恋しい。仕事をしている時は(何でこんな割に合わないことをしているのかな)と時々感じていた。「人は・・」とか「男は・・」と大上段に仕事を語るわけではない。世の中から「あんた、もう仕事をしなくていいよ」と言われる寂しさだ。自営業とサラリーマンでは感覚が違うと思う。私は「自営業に近い」と思っていたが、やっぱりサラリーマンだ。一時期を除いて、明日の「運転資金」の心配をしたことはない。そんな頃から代替え措置として、家族や近隣の関係やボランティアに精を出す人もいる。自分の生き方に何となく「錘」を付けてそれを糧とする。(みんなそれぞれいい生き方を見つけているな)と思う。私には今何もない。日々の生活に「限界」の気配はない。あるとすれば「何もない」ということがストレスになっている。

私は「仕事人間」ではなかったはずだが、仕事という心張棒を外すと案外脆弱な青春時代のような自分が残る。それだけ仕事に依存していたのだろう。(人間は面倒くさいな)と感じる。周囲からがんじがらめにされている時は、どうにかしてそこから抜け出そうとジタバタする。一つずつそんな「たが」が外れておっぽり出されると、途端に途方に暮れる。自分で望んだことなのに情けないことだ。

そんな状態に気が付いているから、(自分で自分を何とかしよう)と考える。もしかしたらこれがいけないのかな。良い悪いの問題ではない。もっと自由に「流されるまま」という選択をしたことがない。

ふいに思い出す、中学三年生の時、先生たちの新聞に「受験生の気持ち」という文章を書けと何人かが言われた。束縛なしに好きに書けというので、大げさに「私たちは今嵐の中に小舟で海に放り出された。こんな時に導いてくれればそれが悪魔でもいい・・」というようなものを書いたと思う。刷り上がった新聞を手にK先生は、「これはねえ」と声を失っていた。こんな子供がそんなに悩んでいたのかと先生も驚いていた。私は先生のそんな反応を見て驚いた。(他人を自分の尺度で測ってはいけない)と思った。(「楽になれるなら悪魔に魂を売る」なんてことは考えないよ)という軽い気持ちを本気と取られては私も驚く。

当時は学校群で行く学校は決めていた。そこに落ちれば次の群があるだけの話で、特に受験勉強などガリガリとした記憶はない。この頃はもうしっかり「流される準備」はできていた。そのままずっと今まで流されなかった。私の人生は何とも平坦だ。やっと自由になれるというのに、今度はその自由が怖い。もう考えずに流されてもいいんだけれどな。



by zoofox | 2019-05-19 10:03 | 考えること | Comments(0)

優曇華の華

暫らく聞かなかったり、使わなかったりする「お見限りの言葉」というのがある。「うどんげのはな」は仏教関連の言葉だとはうろ覚えだし、近代日本文学や時代劇のドラマで「遠山の金さん」みたいな人が、使っていたような記憶もあるがはっきりしない。こういう言葉は検索して満足するということはまずない。そこから先が大切だ。残念ながら手元に「仏教辞典」も「用法辞典」もない。広辞苑をひいてみる。表面的な説明で(あっそうか)と納得できないとき、腑に落ちるまで頑張ったのは過去の私だ。今の私は忘れはしないが、一応記憶する。そのまま機会が来るまで待つ。この保留状態が長いと結局「縁のない言葉」として忘れてしまう。

今は優曇華の華が咲く時期なのかな、日本は。

by zoofox | 2019-05-19 06:29 | 言葉 | Comments(0)