人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17
> waku59さん ..
by zoofox at 07:56
うっかりしてると寒暖の差..
by waku59 at 11:22

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00
32インチ
at 2019-06-12 06:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2019年 05月 07日 ( 2 )

勝ち組

まだ10年は経たない。母は足腰が立たなくなり、救急車で地区の病院に運ばれた。戦前子供を産んだ病院だ。CT、レントゲン、各種の検査をしたが原因は分からなかった。6人部屋に入り、あちこちベットは移動した。

同居人は退職して、私は雇用延長も終わりに近づいていた。毎日、毎日病院に通った。母のベットの周りには、午後早くから消灯まで何時も何人かがいた。寂しくはなかったと思う。6人の部屋ではみんな抱える状況は違う。まったく見舞客が来ないのは、病院付属の養老施設からの入院者だ。普通の患者には大体週末に見舞客が多くなる。

ある日息子の嫁さんと思える人と孫が珍しく見舞いに来た。「お父さんがね、○○になるの、おばあちゃん人生の勝ち組だよね!」、(あれあれ)と同居人と私は呆れた。会社の役職が偉いかどうかは知らないが、普段放っておいたおばあちゃんの見舞いに来られない言い訳にはなるまい。それを他の5人の同室者に聞こえるようにはしゃぐ。

母は父の入院の時、家族総がかりで看護したことを記憶している。30年も経って自分の時は寂しいだろうなと心配していたかもしれない。その意味で近場の病院はとっかえひっかえ誰かが毎日顔を出して、連絡を取り合った。勝ち組のおばあちゃんの周りが賑やかなのは一時だけだ。普段は寂しい顔をしている。それを通り越して病院の職員を怒鳴る人もいる。

私の先代の携帯電話には病床の写真が沢山ある。消すわけにもいかずずっと取ってある。「ばあちゃんは勝ち組かね」、写真が戸惑うように笑う。

by zoofox | 2019-05-07 07:54 | 身の回りのこと | Comments(0)

機械がしゃべる

アトムは饒舌だったが、鉄人28号は寡黙で時々唸るだけだった。今は身の回りでも町でも「機械の言葉」が溢れている。車のドアを開ければ呼びかけがあり、ドアを閉めるときにはカードの置き忘れを注意される。

若い時に嫌になる程「いらっしゃいませ」を訓練された。「物販」の研修の入り口だ。実際の仕事の場面では研修で習ったことはあまり使う場面がなかった。

シャープの製品で「しゃべる時計」があった。時刻を教えてくれる合成音に何となく関西訛りがあった。当時シャープの工場は「天理」にあったと思う。今では電話もしゃべる、押した番号を復唱してくれる。案外ある種のソフトをいろいろな機械で共有しているように感じることもある。

人間がしゃべらないだけ、機械が代行しているのかとも思うが、そうでもないらしい。ATMもある時から一斉にしゃべりだした。電話で誘導してコンビニのATMで振り込ませる手口がある。カメラも音声も当然コンピューターチップもあるのだから、パターンとしておかしな動きは察知して「お客様、この振り込みは大丈夫ですか?」と一声かければ犯罪は減るのにな。

Aiで強化されたコンピューターが、人間の仕事の50%を担える時代がすぐ先に来るという。それはそれで凄いなとは思うが、そうなると「人間しかできない仕事」を探すのに躍起になるだろうな。「人間の仕事」って一体何だろう。

by zoofox | 2019-05-07 06:09 | 身の回りのこと | Comments(0)