人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヤスデとウスバカゲロウ
at 2019-06-25 06:04
先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2019年 03月 02日 ( 1 )

タンクローリー

東京に出てきて働いていた従兄弟が石油会社に勤め、大きなタンクローリーに乗って昼飯休憩に寄ることがあった。自動車も殆ど通っていない時代のことだ。従兄弟と言っても親子ほども年が違う。正月に雪深い田舎に帰らずに私の家に逗留していた。「おい、乗せてやろうか」と言われるのが何とも嬉しかった。大きな車をゆっくりと動かして一街区か二街区乗せてくれた。(絶対にトラックの運転手になる)と7、8歳の子供は思っていた。

何しろ、今のように「普通の人が車を持つ」ということは思いもよらなかった。家の前の道路は赤土で土埃が立つ道だった。舗装される前には私はそこで野球をしていた。遠くから土煙が見えると両端に避けて車を見送った。この道を通る車は殆どが三輪のトラックだった。そんな時代、タンクローリーやダンプカーや消防車は特別な車だった。子供はみんな「働く車」が好きだ。後年絵本でこの言葉を聞いた時、(上手いこと言うな)と感心していた。

今でもタンクローリーは好きな車だ。第一「危険物」を積んでいるというのが、何とも言えなくワクワクする。この道路が工事される時にたくさんのダンプカーが行き来した。飽きもせずにダンプの荷台が上がり、最後の土や石ころが転がり落ちてくる動きを見ていた。(ダンプカーの運転手になる)とも思った。

地味な事務の仕事をするより、日本中を長距離トラックで走り回る仕事も選べたのにと思う。日本も第一次産業や、車の運転手や職工さんが胸を張って豊かに生きられる社会ならいいな、と思う。みんなが”いい会社”を目指して”いい学校”に入ろうとするから社会が歪む。そんなことを思うな。家の前の四つ角を大きなステンレスのタンクローリーが曲がっていく。未だに好きだな。ワクワクする。

by zoofox | 2019-03-02 06:01 | 子供時代 | Comments(0)