人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 11月 23日 ( 1 )

プラナリア

最近、「発達障害」という言葉が気になっている。調べる程に分からなくなる言葉の一つだ。人間は育てられる環境で色々な方向に枝曲がりしていく。調和がと取れないと色々な部分に影響が出てくる。これが個性になり、集中力の源になり、(多少変わっているな)で済んでいれば、そんな人は沢山いる。反対に、「子供を育てるということは大変なことだな」と感じている。落ちは、「私もそうだった」となるかな・・・。

こんなことを寝床の中で考えていたら、ふいに「プラナリア」という単語と形状のイラストが浮かんできた。何時もの通り関連性はない。私はプラナリアの現物を見たことはない。中学や高校の生物の教科書にヒラメのように目が二つ付いた、ミミズやヒルやナメクジのような生き物がでてくる。切っても切っても、同じ生き物が増えていく。実験材料としては文句は言わないし、容易に死なない(プラナリアは随分虐められているんだろうな)と思ってしまう。

先日は大きなナメクジを道路に放り出した。カフカではないが、目が覚めたら自分がプラナリアやナメクジになっていた、というのはあまり想像したくない。下水を這い、湿った土に潜り、そこにはとんでもない出会いがあるのだろうが、その先は想像が伸びない。彼等はどんな気持でいるのだろうとも思う。ゴキブリを潰す度に(痛いだろうな)と思うが、それで一件落着後は忘れてしまう。

人間の再生産にも加わらず、社会の生産活動にも関係なしに、のんびりとコタツに入って毎日をゆっくり過ごしていると、(こんな生活もあったんだ)と改めて感じる。大きなプラナリアやナメクジになったような気がする。老後にこんな生活が待っていると知っていたなら、65才までにもっと違うことをしただろう。人間は死ぬまで発達し続ける。途中で気持が折れたなと感じると、ちゃんと他の方向も用意されている。不思議だな。

by zoofox | 2018-11-23 09:34 | 考えること | Comments(0)