人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17
> waku59さん ..
by zoofox at 07:56
うっかりしてると寒暖の差..
by waku59 at 11:22

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00
32インチ
at 2019-06-12 06:06

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 11月 09日 ( 2 )

フォークル

昔、「フォーク・クルセダーズ」というバンドがあったな、とふと引っかかった。このグループは「イムジン河」という歌が発売禁止になって、佐藤ハチローが「悲しくてやりきれない」という詞を贈った。イムジン河という歌自体は、「滔々と流れるイムジン河を見て、何で、北と南に別れて住まなくてはいけないのか」というような内容で新しく作られたものではなかった筈だ。何でもありの今の時代では、何がどう引っかかったのかもよく分からない。私は(軽いバンドだな)と思っていた。「十字軍」という言葉は、ヨーロッパでは特別な意味があるらしいが、元やオスマン・トルコやアレキサンダーに比べると、組織的にも規模的にも、歴史を大きく動かしたのかな、と思う。それ程、日本には馴染みがない。「フォークの世界にクルセダースとして乗り込んでいく」という意味なのかな、と類推するが、今ひとつピンと来ない。

京都という土地柄で、朝鮮半島に関する感じ方も私達とは違うのかもしれない。当時は「朝鮮戦争」という”戦争”は知っていたが、それ以上の関心はなかった。この戦争がどういう経緯で始まり、どんな終わり方をしているのか、まだ終わっていないのかなど知る由もない。

沖縄に屋良行政主席(後に県知事)が誕生したときに、ライシャワー大使を中心として、大がかりな妨害工作が行われたという文書が公開されたのは、もう随分前の話だ。ライシャワーに対しては、親日的な温厚な学者という印象が、実際にはとんでもないことをしていた、「やっぱりアメリカ人」に変わった。

「(前略)♪何のために 何を求めて 歯を食いしばり 働いて死ぬのか♪」というフレーズが今日は頭を離れなかった。何故、フォークルと屋良さんが一緒になるのか定かではないが、「あの時代」、皆が一生懸命頑張っていた時代にも、アメリカの隠然たる影響力は日本や日本の政治を覆っていた、と気が付いて唖然としたのかも知れない。同じ時代なのか少しずれているのか、私の頭の中では繋がったが、直接の引き金は、現在のトランプの記者会見であり、安倍首相の電話会談であり、移民の集団行進であり、徴用工判決だろうと思う。

by zoofox | 2018-11-09 22:46 | 考えること | Comments(0)

雨の日

雨の日だ。雨傘の持ち方にもいろいろ人による差がある。私は普通に「柄」を握ってこうもり傘を差す。背広を着た若い人が、柄を握らずに、こうもり傘の軸の真ん中のちょっと下を持って歩いていた。(なんか変だな)とは思うが、個性というものなのだろう。

高校は雨が降っても雪が降っても、自転車で傘を差して国道を走った。こうもり傘を持って歩いた記憶があるのは中学校までだ。私の家は学区の外れにあり、学校まで順番に友達の家を覗いて誘っていく。一人目はチビのM君、その向かいにでっかいN君、細い路地を抜けていくとK君、この順番は卒業まで続いた。いずれも小学校の同期生だ。何しろ小学校は5クラス、中学はJかK組まで10クラス以上あったと思う、あまり同じクラスになった記憶はない。

毎日歩いて通うから、たまには雨の日もある。私は10数分の通学路で必ずズボンの裾の前か後ろが濡れた。K君は傘の扱いが上手くて、ほとんど濡れた姿を見たことがない。彼は「傘屋さん」の息子だった。植木等がテレビで宣伝をするずっと前から、黒い「ジャンプ傘」を持っていた。(面白い傘を持っているな)とは思っていたが、他人の道具には特に関心はなかった。後年気が付くのだが、傘を差す角度や高さがきちんとしていたのだろう。

私はバスで通勤するときも、お酒が入ると必ずのように傘を忘れた。何時の間にか「傘を持たない」のが習慣になった。

by zoofox | 2018-11-09 08:53 | 子供時代 | Comments(0)