独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

DATUSN 510 とサニ..
at 2018-11-18 19:58
九ちゃんのズンタッタタ
at 2018-11-18 06:20
赤ちゃんロス
at 2018-11-17 16:24
昭和をレトロと・・・
at 2018-11-16 11:32
ディスカバリー・チャンネル
at 2018-11-16 06:28
ナメクジ
at 2018-11-15 23:00
地獄の特訓
at 2018-11-15 01:39
新人王
at 2018-11-14 09:05
聞き慣れない言葉
at 2018-11-13 08:28
体重測定
at 2018-11-12 08:48
爪切り
at 2018-11-11 20:21
視点を変えれば
at 2018-11-11 09:17
サラリーマン
at 2018-11-10 14:38
フォークル
at 2018-11-09 22:46
雨の日
at 2018-11-09 08:53
ビールとすき焼き
at 2018-11-08 09:37
家庭内体操
at 2018-11-07 06:35
かかりつけ
at 2018-11-06 14:49
面倒くさい男
at 2018-11-06 08:27
洗濯機が壊れた
at 2018-11-05 20:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 10月 12日 ( 2 )

感想戦

今日は「第31期竜王戦」の七番勝負第一局が行われた。一冠になった羽生竜王と広瀬八段の対局だ。私は(10時は過ぎるだろうな)と思っていたが、早めにチャンネルを合わせた。まあ、こんな場外乱闘のような将棋も珍しい。私が見始めたとき、羽生竜王は分が悪そうに見えた。粘ること粘ること、広瀬八段が二枚の龍を生かせないうちに、細かい差し手で逆転した。久しぶりに面白い将棋だった。

勝負が付いたとき、画面では羽生竜王が頭を下げたので負けたのかと思った。実際には広瀬八段から投了の声がかかったのだろう。この後一応最後までの手順を解説者が解説する。現場では、両者がしばらく考えた後、「感想戦」が行われる。自分たちの手順を振り返りながら、二人だけに理解できる言葉で検討をする。

この「感想戦」が私には、いまいち理解できなかった。相手に負ける悔しさを糧にして強くなってきた人達が、勝負が終わった途端、ぱっと緊張を解いて、旧知の友人のように(実際そうなのだろうが)、「この手は良かった」とか、「こんな手も考えられたね」と、二人で分析し合う。将棋にしろ囲碁にしろ、勝った負けたの怨みや驕りはそっと心にしまい込む。内心の悔しさが次の勝負に繋がるのだろう。

勝ってガッツポーズを作り、負けて落ち込んでいては、結局自分の職業として狭い世界の中では生きづらいのだろうな。きっと嬉しさや悔しさは、全部終わって自分の部屋に帰るまで、押し殺しているのだろう。これが私は「勝負師の礼儀」だと思う。羽生さん、まだ長いよ。

[PR]
by zoofox | 2018-10-12 22:04 | 考えること | Comments(0)

ルールを守る

子供の頃から、「決められたことは守りましょう」と学校では教えられた。この「決め事=ルール」を、何故守らないといけないかについては、始めの時点では教えられない。野放し状態から集団生活に入ってそのために、教師にとって都合が良いから、ルールを守れ、と言っていたような気がする。人を管理する上で、「ルール」が一つの基準になる。

でも実際の世に中は、ルール破りが沢山ある。嘘を付く、税金を払わない、借りたものを返さない、結局大人になると「ルールは作る側の都合で動かされる」、ことにも気が付く。(そんなルールは守らなくてもいい)と私も思っている部分があった。「人は自分の判断で動く」、何時の間にか基準を自分の中に作っていた。

今朝やっと一つ気が付いた。
小学一年生も今頃になると、いっぱしの行動を取るようになる。8時半の始業時間に、8時頃私の家の前を通っていた集団がだんだんばらけてくる。8時10分に交通整理の父兄が帰った後、数分して、見覚えのある一年生の小柄な女の子が、横断歩道の赤信号を無視して駆けだしていった。多分、朝起きるのが苦手なのだろう。交通ルールは単なる規制ではなく、「自分の命を守るため」にもあるのだ。頭の中では百も承知していても、実際の行動があって、やっと気が付いた。

この道は道幅もあるし、信号が少ない。車は当然スピードを出して走る。100回のうち99回は無事通れても、そのうちどこかで事故に遭う。車にはねられる姿を見たくはない。
叱られても注意されても、自分で恐い思いをしないと身につかないルールもあるんだな。

まあ、当たり前のことなんだが、気が付いたときには命がないというのは、やっぱり困るな。



[PR]
by zoofox | 2018-10-12 09:19 | 気になること | Comments(0)