独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 10:40
私もブログを始めたころは..
by waku59 at 09:56
> memmonさん あ..
by zoofox at 14:11
お食い初め、おめでとうご..
by memmon at 13:21
> memmonさん ..
by zoofox at 09:51
何もかも全部捨てるとスッ..
by memmon at 08:00
もちろん、太郎ちゃんの会..
by memmon at 09:46
> memmonさん ..
by zoofox at 09:22
おはようございます。おっ..
by memmon at 06:43
> memmonさん あ..
by zoofox at 19:02

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

人を呪わば・・・
at 2019-01-24 08:25
診察台の会話
at 2019-01-24 06:05
懐かしい声
at 2019-01-23 08:06
朝起きると
at 2019-01-23 05:52
メッセージ・イン・ア・ボトル
at 2019-01-22 06:05
寄留
at 2019-01-21 06:02
人生の楽園
at 2019-01-20 06:01
可哀想は惚れたってこと
at 2019-01-19 06:01
ザ・サークル
at 2019-01-18 06:06
山茶花に水
at 2019-01-17 10:25
何かが違う
at 2019-01-17 06:08
コンビニ
at 2019-01-16 05:37
自分が嫌いになる日
at 2019-01-15 15:47
ハンク・スノー
at 2019-01-15 06:01
何のために働くのか
at 2019-01-14 06:05
お食い初め
at 2019-01-13 09:45
父さんの帽子
at 2019-01-12 06:16
パソコン発掘 ThinkPa..
at 2019-01-11 20:01
エッジの立った肉
at 2019-01-11 08:55
兼高かおるさん
at 2019-01-11 05:34

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 10月 03日 ( 1 )

本庶先生の仕事

先生の研究の結果として「オプジーボ」と言う薬が世に出ている。「免疫チェックポイント阻害剤」と言われるこの薬は、当初「メラノーマ」に大きな効果があると言われていた。その後、臨床研究で奏功する癌の種類が増えている。研究から実際の薬品の発売まで随分と早い感じがする。

私が「腎細胞癌」に罹った17年前には、この癌は腎臓もろとも切除するしか方法がなかった(後から慶大の「部分切除」手術が流行する・・・ただしこれは場所による)。転移した場合は、「インターフェロン」か「インターロイキン2」という薬しかなかったと覚えている。

随分、抗癌剤の少ない癌にかかちまったな、と当初は思っていた。放射線療法が広く使われるまだ前の話だ。怯えて暮らしていたが、幸いに再発も転移もなかった。今出てくればそれは転移ではないだろう。この薬が「腎細胞癌」も対象に含めているのは嬉しいことだ。ここ数年、マイナーな腎臓癌にも効く薬が少しずつ発表されている。

先日、酔っ払った兄貴から、「カミオカンデは何で必要なんだ?」と問われた。「目に見えないニュートリノをあれで見つけるんだよ」と言っても説得力はない。私が基礎科学の大切さと、関連を知らないからだ。しかし、基礎科学(化学)の積み重ね研究が、ある日突然身近な物として脚光を浴びる。この分野に金を惜しんではいけない。

政府がすることは、研究環境の整備と、高い薬価を何とか引き下げることだろう。「王様だけが使える薬」じゃ、あまり意味はない。

by zoofox | 2018-10-03 09:46 | ニュース | Comments(0)