人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヤスデとウスバカゲロウ
at 2019-06-25 06:04
先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 09月 24日 ( 2 )

欲しいものがない

ある程度のものは買えるようになって、今度は欲しいものがない。「欲」とか「希望」というものは、気力が充実して、ある意味での向上心がないと生きてこない。自分の尻を叩いて「本当に欲しいもの」を探さないと、人生を無駄にする。(政治家の欲は凄いな)と思う。「限界生活」のブログを始めた頃は、まだ希望があった。限界と心の満足や希望は、「金銭」と離れたところにあるような気がする。健康や人は失って初めて大切さを知る。「健康第一」という言葉は正しいと思う。「物」が与えてくれる満足感は、その他の満足感に比べるとささやかなものだ。

これは、私の目が「世界」に向いていないからだと思う。自分の周りの些細なことを見つめすぎて、心が盲しいているのかも知れない。

同居人が、「家が広くなったんだから、6畳と8畳をフローリングにして、人が集まれるようにできないかな」、とポロッと言っていた。仲間達とのささやかな集まりは何時も場所探しに汲々としている。私は別に否やはない。この地区は「会議室」はほとんど公共施設に付随して、料金も高いし特定の団体が押さえて、かなり不自由らしい。喫茶店もほとんどない。

そんな場所を作って、何かのボランティアを行うのもいいな。とは思う。それも老後の社会貢献になるだろう。

そんなヒントもある。

by zoofox | 2018-09-24 23:22 | 計画&希望 | Comments(0)

お月見

昨夜は姉弟で話をしていた。一人一人の気持ちは「同じ時間を生きていて」も、かなり異なるものだ。同じ姉弟でも、祖母、父母を見ていた距離が違うのは当然だろう。

年齢差があるから見つめていたものや、付き合っていた人達が少しずつ違う。私の基準は昭和30年だ。昭和30年と39年、私の子供時代のエポックになる。保育園にも、もちろん幼稚園にも行く子供の方が少なかった時代だ。(あれが戦後10年目の町の姿か)と改めて、私の知らない10年前を今なら感じることができる気がする。11m道路はまだ土道だった。家々は全部燃えた後にできたのだから、新築の筈だがそんな雰囲気はなかった。ほとんどの戸建ての家は小さな玄関と4畳半が二つに流し、トイレという構成で、長屋はトイレが別棟で、水道は共同だった。風呂はなかったから銭湯通いで、私が記憶しているのは5円か10円で、後に12円になった。

金持ちも貧乏人も、朝鮮人も中国人もいた。同年代の子供は国籍に関係なく同年代で遊ぶ。江戸と戦前と戦後の風習がまだ入り交じって残っていた。祖母の年代の人のいる家は、昔からの風習を大切にしていた。十五夜には、すすきと団子(新香団子だったのだろう)を飾る。私の家の縁側からも月が見えた。はしっこい子供がいて、五寸クギを笹竹の前に括り付け、「団子を取りに行こうよ」と言いだした。話だけだったのか、実際に他人の家の団子を襲撃したのかはよく覚えていない。もし取りに行っても、怒るような家はなかっただろう。(子供が団子を盗むのは想定内だった気がする)、暗闇で団子を食べた記憶はある。固くなった団子はあまり美味しくはなかった。僅か数才の違いで、兄も姉もそんな遊びは知らなかった。翌日団子は醤油と砂糖にとろみを付けて、大人と子供のおやつになった。

十五夜というと、月だけ光る真っ暗な夜と、すすきの穂を思い出す。でも、あれは、午後6時か7時ぐらいの話だろう。当時の子供はそんなに起きていられなかった。

by zoofox | 2018-09-24 09:56 | 子供時代 | Comments(0)