独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん あ..
by zoofox at 19:02
風邪をひかれましたか? ..
by memmon at 09:00
> s_achiさん あ..
by zoofox at 13:33
>無意識にカロリーや塩分..
by s_achi at 09:02
> memmonさん、あ..
by zoofox at 16:39
一刻も早く歯医者には行っ..
by memmon at 10:59
> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

消化試合はない
at 2018-12-15 06:26
野生
at 2018-12-14 10:53
変だな
at 2018-12-14 08:52
災いの年
at 2018-12-13 08:06
ロングブレス
at 2018-12-12 09:07
雷オヤジ
at 2018-12-11 19:37
朝はカレイ
at 2018-12-11 08:16
変な買い物
at 2018-12-10 21:51
床払い
at 2018-12-10 08:35
歯が抜ける夢
at 2018-12-09 15:48
レボーグ
at 2018-12-09 06:55
休んでいても
at 2018-12-08 20:27
忘れていたこと
at 2018-12-08 06:41
風邪を引いた
at 2018-12-07 09:15
熱く語る
at 2018-12-06 05:57
父と母が恋しい
at 2018-12-05 05:56
忘れてきたもの
at 2018-12-04 08:05
自分の時間
at 2018-12-03 09:09
プロレス中継
at 2018-12-03 06:06
面倒くさいオヤジ
at 2018-12-02 08:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 09月 21日 ( 2 )

樺(かんば)先生

樺先生の最後の講義は、何時もと違う教室だった。大きな教室一杯に学生以外の人も集まっていた、と記憶している。安保反対のデモで娘さんをなくしたことは、授業では一度も発言されたことはない。もう、この講義の内容も定かな記憶ではない。私はかなり前の列にいた。記憶に残っているのは、最後の講義で少し娘さんのことに触れたことと、一番最初の講義で、「私はリベラリストです」とおっしゃったことだ。

この「リベラリズムを信奉するもの」という意味が難しい。「自由主義」で「民主主義」の名前を持つ「自由民主党」は、本来ならリベラリズムの実現者であるはずだ。今の党員はそんな意味も知らないだろう。

「じゃあ何がリベラリズムなんだ」と問われても、耳触りが良い言葉だけに、いろいろな場面で使われ、私には簡単に定義できない。今では前向きにも後ろ向きにも使われる。自由主義社会を「国家の統制に対し、個人が自由に判断し実行する権利を有する」と理解したら、世の中「野放し放牧状態の自由」になってしまう。歴史的にはいろいろな説がある。著書も多い。

簡単に聞いて納得する言葉は多いが、理解して納得することは難しい。だから私には使えない。何か拠り所のない夜、ふっと思い出す。

[PR]
by zoofox | 2018-09-21 23:49 | 思い出 | Comments(0)

勘違い

安倍総理大臣は、総裁になった途端に挨拶で、「次の国会で憲法改正案を提出する」と言った。お得意のはぐらかし戦法だ。以前国会で「改正案を明らかにしろ」と問われたときに、「あくまで党内での検討中です。今後皆様方の改正案とすりあわせが必要です」、と流動的な意味のことを言っていた。その時以前から、自民党のホームページには「改正案」が堂々と記載され、改正案が推敲された形跡はない。

今回の身内選挙は自民党の総裁選びだ。「憲法改正」は国民に対する提案になる。総裁に当選したから、国民の信頼が厚くなった訳でもない。国民が自民党を見る目はだんだん厳しくなっている。理由は簡単だ。自分で言ったことを守らないから信頼が離れる。国民の生活は真綿で首を絞めるように少しずつ苦しくなっている。小選挙区制を無理矢理導入し、中心のない公明党をポストで抱き込み、やっと得た今の議席だ。

身内選挙の三分の二弱の支持で総裁になっても、あまり意味がない。党員、党友の三分の一強には「お前じゃ駄目だ」とはっきり言われたことになる。歴代の総理大臣でこれだけ「馬脚を現した」人もいない。

私は頑固に「平和憲法を維持しろ」という意見でもない。必要なら変更すればいいと思っている。その必要性が国民から生まれたことなら文句はない。日本の主権は国民にある。外国から尻を押されてその意を優先する様な変更には反対だ。特に第9条だ。前文の格調の高いこと。

日本の軍事力は、アメリカ、ロシア、中国、インド、フランス、イギリス(核保有国)に次いで世界で第7位、軍事費では第8位(サウジアラビアが入る)、GDPの1%(5兆円)+αだそうだ(Malta English「何でも比較」から)。

戦争を放棄した国が、これでは世界中が信用しない訳だ。5兆円が全部無駄だとは思わないが、国産化や切れるところを圧縮すれば、社会福祉の財源は大部楽になるだろうにな。政治は数学と似ている。積み上げた知識や定義、定理の送るサインがある。中国と競争しても、兵器産業が喜ぶだけだ。このアメリカに対する貢献をトランプにきちんと言えないのかな。「もうアメリカ製品は買わないよ」って。

[PR]
by zoofox | 2018-09-21 09:11 | 政治 | Comments(0)