独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

思い込み
at 2018-10-16 12:55
清水希容
at 2018-10-15 08:22
端境期
at 2018-10-14 22:09
寒いな
at 2018-10-13 13:41
私は家が好き
at 2018-10-13 09:52
感想戦
at 2018-10-12 22:04
ルールを守る
at 2018-10-12 09:19
トランプの功罪
at 2018-10-11 11:35
しまった。
at 2018-10-10 15:01
認識の高見
at 2018-10-10 09:15
収穫
at 2018-10-09 23:04
平凡な日
at 2018-10-09 10:39
予感
at 2018-10-08 06:31
秋の夜長はテレビ
at 2018-10-07 23:25
平常心に
at 2018-10-07 09:22
17才のデスノート
at 2018-10-06 13:55
at 2018-10-05 16:54
原因と結果
at 2018-10-04 10:50
朝の散歩
at 2018-10-03 11:14
本庶先生の仕事
at 2018-10-03 09:46

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 09月 17日 ( 1 )

外国人の受け入れ拡大に反対

政府の考えることには、一本筋の通った「理屈」がない。「少子高齢化で『労働力』が不足するから、外国人を受け入れる」、これがグローバルな考えだというなら、ちゃんちゃらおかしい。私は世界の民族が交流することに反対はない。ただ、一つの国が経済力が(まだ)あるからといって、他国の人々を「安い労働力」としか考えないで受け入れるのは、失礼だと思う。日本人は移民したことはあるが、移民を正式に受け入れたことはない(歴史上では「陶芸など」を得意とする人達をノウハウごとそっくり受け入れたことはままある。しかし、ここで話題にする「移民」とは性質が少し違うと思える)。戦争を契機に「住みやすいから住みついた」という人達を「移民」とは言うまい。

現代の移民は厳しい。その国の習俗にならい、言葉を覚え、仕事を探す。大志を持って日本に来た人が、結局、居酒屋のアルバイトになり、勉強は生活に飲み込まれる。看護師や介護の仕事も、母国での資格経験は認めず、職業とするにはハードルが高い。それでも日本の国籍を取れるのはずっと先だ。不法滞在が続く。昔のように、勉強する「留学生の奨励」の方が将来的には日本のためになると思う。外国人の労働力を「消費」するのではなく、「日本のファン」を増やしていくことだ。日本で学び母国でそれを生かす。お金があるうちに将来への「布石を打っておく」考えが必要だろう。

このまま行けば、早晩、日本は「貧乏な国」の仲間入りをする。一つは私達、大消費者である団塊世代の消失の後、人口は一気に減少する。国民の所得は今も下がりつつある。その時、大量に外国人を雇い入れていれば、彼等はもう簡単に母国には帰れないだろう。結局、今以上極端な格差社会になり、清潔で、安全で、礼儀正しい国という日本はだんだん消えていく。「世界第二の経済大国」と言われた時の意識のまま、中国に抜かれ、インドにも追いつかれても気が付かない。

「インバウンド」という言葉が盛んに使われる。中国やアジア各地から、白人圏から旅行者が気楽に来るようになったのは、「物価が高い」と言われていた日本が、何時の間にか貨幣価値を下げていて、物価の安い手頃な国になっているからだろう。「暴買い」というのはもう死語で、外国人は日本人も知らない安い旅行を楽しんでいる。結果、私達の生活圏まで入り込まれる。観光地と、仕事の町・生活の町は分けて欲しい。私達の生活圏にまで入り込まれると、鬱陶しくなってくる。

私は、日本は思い切って国を小さくすることが必要だと思う。アメリカや中国に作った日本の「工場」は、いずれはアメリカや中国に吸収(接収)される。その国のためにその国の人が働けば、当然の帰結だ。ノウハウと技術の流出を瀬戸際で食い止める必要がある。そこまで考えて、受け入れる外国人労働者の人々の、将来保証も計算に入れるなら、辛うじて「応急対策」として消極的な意味はあるかも知れないが。

「外国人労働者」と「移民・難民」を混同してはいないだろうか。日本は住みやすい国らしい。約束の期日が来ても、母国に帰らない。国保に加入して、医者にかかり掛け金を払わず帰国する「旅行者が絶えない」と聞く。中にはそのために定期的に来日する人もいるという。

無秩序な外国人の受け入れは国の伝統を壊す。大相撲を見ていれば簡単に分かることなのにな。私は「無秩序、ルール無視、将来展望なし、自分の都合だけ」というやり方が気にくわないだけです。日本の「今の都合」だけではなく、彼等の希望・彼等の未来も受け止められる国にならないと、大量の外国人労働者の受け入れ方針は、危険だな。

閉鎖主義ではない。「他国の現実を見ろ」と言いたいだけだ。



[PR]
by zoofox | 2018-09-17 09:34 | 政治 | Comments(0)