独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん あ..
by zoofox at 19:02
風邪をひかれましたか? ..
by memmon at 09:00
> s_achiさん あ..
by zoofox at 13:33
>無意識にカロリーや塩分..
by s_achi at 09:02
> memmonさん、あ..
by zoofox at 16:39
一刻も早く歯医者には行っ..
by memmon at 10:59
> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

消化試合はない
at 2018-12-15 06:26
野生
at 2018-12-14 10:53
変だな
at 2018-12-14 08:52
災いの年
at 2018-12-13 08:06
ロングブレス
at 2018-12-12 09:07
雷オヤジ
at 2018-12-11 19:37
朝はカレイ
at 2018-12-11 08:16
変な買い物
at 2018-12-10 21:51
床払い
at 2018-12-10 08:35
歯が抜ける夢
at 2018-12-09 15:48
レボーグ
at 2018-12-09 06:55
休んでいても
at 2018-12-08 20:27
忘れていたこと
at 2018-12-08 06:41
風邪を引いた
at 2018-12-07 09:15
熱く語る
at 2018-12-06 05:57
父と母が恋しい
at 2018-12-05 05:56
忘れてきたもの
at 2018-12-04 08:05
自分の時間
at 2018-12-03 09:09
プロレス中継
at 2018-12-03 06:06
面倒くさいオヤジ
at 2018-12-02 08:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 09月 02日 ( 1 )

権力と権益

人間の社会は色々な「取り決め」でできている。極端に自分勝手な行動は法律で規制される。日本は一応「法治社会」だ。自分自身がそんな取り決めの中から身を引いて、5年半も過ぎると、よく見えてくることがある。

法律は憲法と同じで、「何条何項に違反するから処分する」というほどストレートではない。多種多様な人間を同じ方向に向かせるために、付則があり細則があり、要綱や要項があり、通知があり通達がある。自分たちの事務の進め方を「文章化」しているものもあれば、「法律のこの言葉はこんな意味だ」という解説もあるし、「こういう件に関してはこう扱うのが正しい(と考える)」という、強制的な「意見」もある。

立法は「法律を作る」が、行政は法律を実行する規範を作る。一度法律ができてしまえば、それをどう機能させるかは、行政の「取り扱いの手引き」の問題になる。簡単に言えば、立派な法律も行政の濾過を受けると、毒にも薬にもなる。

そんな立場は、国会議員と官僚だけではなく、どんな組織にも時間と共に生まれてくる。「岸記念体育館」の映像を最近よく見かける。実績を積み上げて組織の重鎮になり、一生懸命みんなのために働いて、ポンと60才で辞めて別の仕事をすればいいのに、やりやすい仕事をボロが出るまで続ける。安定した組織の「大きな穴」である。「この人に任せておけば、安心して競技に専念できる」と会員が、「丸投げ委任」して来た結果だ。

社会の仕組みとしては、技能系の仕事ならともかく、「同じ地位にずっと就いている」ことで生まれる弊害の方が多い。国会議員でも○○協会の会長でも、会社の役員達も「経年劣化」する。特にトップに近づくほど、頭脳・判断力が最高の時期は短い。「70才定年制」などとんでもない。人間の判断力が錆び付いてくる。例えば、「60才になったら一斉に引退して後進に道を譲る」べきだ。こんな新陳代謝を積極的にやらないと、日本の国の閉塞感は方向転換できないだろう。

60才以降の人生は、個人の資質、体調で真面目に仕事をして来た人なら、いくらでも社会貢献はできる。昔の人は「立場が上になる程、身を律しなければならない」とよく知っていた。いつまで経っても、権力とそれに付随する権益から離れられないのは、それだけで人を指導(先導)する者として失格だろうな。

天下りのために組織を作るなどとんでもない。働いていない組織を思い切って切り捨てるだけで、どれだけ予算が浮くか。社会保障など三倍も賄える。年金制度ができる前に、軍人と公務員には「恩給制度」があった。まだ、その尻尾は残っている。公務員は「共済制度」で「厚生年金」とは別勘定で、統合されるといいながら未だに実現しない。

権力と権益は捨てにくいんだろうな。

[PR]
by zoofox | 2018-09-02 09:02 | 気になること | Comments(0)