人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29
金メダル30個
at 2019-06-28 09:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 08月 12日 ( 2 )

夏の味

c0366973_11262643.jpg
親戚から「アンデスメロン」の6個入りを送って戴いた。小玉西瓜ほどの大きさのメロンが段ボールに入っていた。お尻を見て色と固さで食べ時期が分かる。これはまだ早い。私の家では母は瓜系統は何でも好きだった。いつ頃からか私は瓜系統が苦手になった。一切れ二切れならいいが、何か胃と相性が悪い。同居人が笑う「お父さんとよく似てるね」。父も西瓜以外は瓜系統は苦手だった。仏壇に供えて、戴いた。薄緑の芳醇な甘さ。明日は「生ハム」を買ってくると言う。あの組み合わせが私にはよく分からない。
by zoofox | 2018-08-12 22:24 | 身の回りのこと | Comments(0)

夏の花

私は初夏に生まれた。夏は好きだが太陽光には弱い。子供の時から色が白くて、海水浴に行くと真っ赤に日焼けして、熱が出る。一週間もして皮が剥けるとまた白い肌に戻る。これは遺伝による体質だから、仕方ない。車の窓枠に肘を出して、ゆっくり精一杯焼いても秋にはまた戻る。これは今でも同じだ。メラニンが少ないか排出が早いのかも知れない。

夏になると、ふいに思い出す言葉がある。「夏の花」と「常磐木(ときわぎ)」が、二つくっついて出て来る。夏の花は原民喜の被爆の本だ。常磐木は梶井基次郎のイメージがあるがはっきりしない。「夏の花」は夾竹桃のイメージがある。夏の暑い最中に原爆の熱い洗礼を受けた。本の内容はほとんど覚えていない。

カフカの変身とか、カミユの異邦人なども同時期に読んだ。何しろ最初に覚えている小説は、小林多喜二の「党生活者」だ。「蟹工船」の後ろにあったと思う。小学校の高学年から中学に掛けては、身近にある本を手当たり次第読んでいた。家族も学校の先生も、「あれは読んでいい、これは駄目だ」など、とひと言も言われた記憶がない。姉が働き出して、日本と世界の全集ものを買ったから、選り取り見取りだった。ドフトエフスキーの「罪と罰」、「カラマーゾフの兄弟」も同時期に読んでいる。今になると何も残っていない。ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」だけは、その後も何度も読んでいる。

もちろん言葉の意味も内容の示すところも理解できるはずがない。「党生活者」を「トウセイカツジャ」と読むのか「トウ・セイカツシャ」と読むのか、本の意味が分かったのは大部大きくなってからだ。読んだときには意味が分からなくても、時間が経って何度も読むうちにだんだん分かってくる。

最近の子供は本を読むか読まないか知らないが、子供が童話好きだと思ったら大きな間違いだ。(こりゃ嘘だ)と子供なりに知っている。「○○(私の名前)、何読んでるんだ。ほーすげえなあ~」と言われても、その先は干渉してこない。塾や習い事もいいが、マンガやTVの他に「読書」も自由にさせるべきだと思う。軽い本より、ビッグネームのとんでもない重い本を、子供は子供なりに読みこなす、第一「漢字を覚える」、私は読めない熟語があると前後を類推して読んだ。辞書を引けるようになるずっと前の話だ。

「常磐木」は何に出てきたのか定かではない。これは学校の教科書にあったと思う。

by zoofox | 2018-08-12 10:36 | 思い出 | Comments(0)