人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 08月 11日 ( 1 )

百才の証言

104才とか101才という人がぽつりぽつりと「証言」を始めた。私の父母よりも数才下の世代だ。実際に戦場に出たり、空襲の下を逃げ惑った人達だ。「今、話しておかなければ」という気持がひしひしと伝わってくる。

私の血縁にも戦争に行った人が何人かいる。父親は年齢と身長から最後の最後の招集で、訓練期間中に終戦になった。あと5cm背が高かったら、多分私はこの世にいないだろう。貧しい農村は兵隊の草刈り場だ。母方の伯父は終戦前に除隊になった。叔父は満州で捕虜になりシベリアに送られ、その後中国に引き渡された。父方の叔父はニューギニアで亡くなっている。父は運良く戦場に出なかった。従兄弟は銃撃戦で右手を撃たれ、除隊した。

みんな私には話しやすいのか、良く戦争の話をしてくれた。しかし、一様に「戦場」の話や「捕虜時代」の話になると口が重くなる。子供は無邪気で残酷だから、平気で聞く、「ねえ、鉄砲で何人撃ったの?」、そんな話題になると急に無口になる。その代わり軍隊の集団生活については、懐かしそうに話してくれた。

だんだん分かってきた。自分の中に、「血も凍るような命のやりとりの記憶」は封印していたのだと思う。104才のお爺さんは矍鑠として、「今言っておかなければ言えなくなる」と家族にも話さなかった記憶をカメラに語る。記録がなければ記憶はその持ち主と一緒に消える、それじゃあいけないと思うのだろう。長い間捕虜生活を送った叔父は帰国後、同じ体験をした仲間達と一冊の本を作った。批判する訳ではないが、捕虜生活については書いてあるが、満州で何をしたのかに触れている人はいない。

戦争はアメリカのテレビ映画のように、単純にドンパチがある訳ではない。その戦場にいた人達の心に「暗い記憶」を残す。それを安全なところにいて、「ねえ、聞かせて、聞かせて」と言うのは失礼なことだった。本人が自分で話し出すまで、途方もない心の整理の時間がいる。その代わり貴重な体験は心して聞かなければいけないと思う。

この整理が着かないうちに、「再軍備」だとか「日本も核を持つべきだ」という議論は、先人の反省をちっとも聞いていない。悪い言葉だが、「落とし前」をつけないと先には進めない。

by zoofox | 2018-08-11 09:52 | 戦争 | Comments(0)