人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 07月 29日 ( 2 )

隅田川の花火

子供の記憶はいつ頃からあるのだろうか。私は「立ち歩き」ができて、箪笥の下でおむつをしていた。箪笥の引き出しに、ゴム引きのおしめカバーが入っていて、箪笥を見上げながら、(あれは嫌だな)と思ったのが、一番古い記憶だ。産婆さんが来て、奥の四畳半で妹が生まれる前後の記憶は、はっきりしている、三歳半ぐらいだろうか。その夜は、それまで母親と寝ていたのが、場所を奪われ、祖母の布団に入り、最後は父親の布団で寝た、嬉しさと淋しさを覚えている。

隅田川の花火はいつ始まったのかあまりはっきり覚えていない。隅田公園は桜を見に連れて行かれた。子供の足では大層遠い気がした。母親が妹をおぶい私の手を引いて歩いて行ったのだから、上の姉兄は学校に行っていたのだろう。急な雨に降られて、言問橋の下で雨宿りをしたのを覚えている。その後護岸工事で、桜は抜かれ、随分経ってからもう一度植えられた。その頃は花火大会はまだなかった。

多分何かを記念して、花火大会が始まった。当初は古い家の縁側から両国方面に上がる花火が見えた。花火が見えてからしばらくして音が追いつく。家が建て込んで、今は屋上の塔屋の上に登らないと見えない。今の花火は当時に比べて小さくなった。黒玉(花火の燃えかす)が浅草やこちらにも飛んで、三寸玉に制限されたはずだ。近くで見るとそれなりに大きいが、千曲川や長岡とは、大きさも高さも腹に響く音も比べものにならない。「花火を見に行くと首が痛くなる」のが普通だったが、今はそんなことはない。

隅田川沿いにマンションがあったから、そのベランダで毎年花火を撮った。三脚を据え、バルブを長いレリーズで留め、黒い下敷きでレンズを開けたり閉めたり、三つ四つの花火を一画面に入れた。「無限遠のF8だよ」写真屋の社長が教えてくれた。花火写真は三年で飽きた。最後の年は、望遠レンズで手持ちで撮った。望遠で撮ると花火はまた違った顔を見せた。手持ちで手がぶれたり、開いた瞬間にズームをかけると、思いもしない効果が出た。「これどうして撮ったんだよ」と、仲間に聞かれたこともある。そのネガを一生懸命探したが見付からない。引っ越しの時見た記憶があるのだが。

一日遅れの花火大会は、色々なことを思い出させる。

by zoofox | 2018-07-29 22:26 | 子供時代 | Comments(0)

たまに立ち止まり

自分で自分の書いてきたものを時々読み返す。似たようなことを書いていることもある。(こいつ何を伝えたいんだろう?)と、自分のことながら少し呆れる。

他人様のブログを拝見すると、コツコツと同じテーマを追い続けている方もいる。毎日の行動をスマホの写真と同時に発信する方もいる。犬やネコや小動物との交流をメインに続けられている方もいる。

一方、私はどうだ。政治的主張がある訳でもないし、写真・写真と言う割には、フィルムカメラもデジタルカメラによる写真も、「写真表現を極める」などということとは縁遠い。車・車と言う割には大した車に乗っている訳でもないし、車で旅する様子もない。蘊蓄は多いが果たして信じて良いのか悪いのか。

大体大層な「限界生活」とは何だ。

「限界」とは不思議なもので、自分で意識して広げようとしない限り、だんだん縮んでくる。(はは~ん)と無意識でしていたことに気付くことがある。年齢とともに行動範囲も身体の自由も、人間関係も、脳内生活もだんだん縮んでくる。意固地になる。主張を曲げない、自分の誤りを認めない。「孤高」という言葉があるが、別に思考内容が高い訳ではなく、新しい情報を処理しきれなくて、従来の経験がベースになって、世の中からみれば「孤立化」する。きっとそれを恐れているんだな。

ある年齢になると、何事にも「もういいや」という部分が出てくる。それを止めるのは「好奇心」だ。限界の環を縮めないように支えるのも、新しいものを取り入れる好奇心かも知れない。幾つになっても「知らなかったこと」は毎日沢山ある。唐突だが、「岸信介」とはどんな人間だったか。1960年ハガティが来日したとき、早稲田講堂に向かう黒い車をとめたデモ隊の熱気は何だったのか。これだけの反対が明確だったのに新安保条約は成立した。日本は当時とてつもなく熱い国だった。・・・こんな近い過去に対する好奇心もある。

要するに「年齢との戦い」かな。

by zoofox | 2018-07-29 10:35 | 自分のこと | Comments(0)