人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29
金メダル30個
at 2019-06-28 09:08

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 06月 03日 ( 2 )

ケント・ギルバート

一時期、「ケント・デリカット」と「ケント・ギルバート」は珍しい外国人タレントの走りだった。二人とも青年の時に日本にキリスト教(モルモン教)の布教に来ていたはずだ。ケント・デリカットは貿易会社の社長として、ケント・ギルバートは弁護士・英語講師として日本のテレビに出たり、アメリカに帰ったりしていた。

ケント・ギルバートの新しい顔は、何かアーミ・テージとダブる。日本会議の人々とも親しいと聞く。日本で大学講師をしながら、会社経営、テレビ出演と良く顔を見るようになった。

東京MX-TVはユニークな局だ。他の民放では放送できないような、忖度が意外と少ない。今日は亀井静香との掛け合いが面白かった。ケントの言葉は日本通のアメリカ人として意見を超えている。見ながら(絶対CIAだよな)と私は思う。

今日勉強になったのは、「北朝鮮の体勢の安泰」という言葉についてだ。私は北朝鮮の「金王朝の安泰」と考えていたが、北が言っているのは「朝鮮半島からのアメリカの撤退」を視野に置く、「朝鮮半島のことは北と南に任せてくれ」という意味が底にあると言うのだ。(そうか)アメリカと協議するのは、国連軍代表のアメリカと北朝鮮の戦争の終結だ。すると当然、「自分たちの民族のことは、自分たちで解決する。アメリカ軍は韓国から出て行け」、ということになる。「アメリカを攻撃できる核を放棄しろ」というアメリカとは食い違うはずだ。

亀井静香は、「アメリカ軍は韓国からも日本からも撤退すればいい」という、ケントは「そうしたら日本はどうなりますか、中国がいるんですよ。誰が日本を守るんですか」と、日本人のようなことを言う。この恐怖感は何なんだろう。中国はチベットや新疆ウイグル自治区を事実上占領している。袂を分かった台湾を再び中国に併合しようとしている。全部この「軍事力の脅威」に結びついてくる。何か今朝書いたことと同じことになった。

中国が軍事的に日本に手を出さないためには、「軍備の強化」そのバックの「日米安保」しかないのだろうか。ドイツやイタリアは、米軍基地から地代を取っている。自国の軍隊を持ち、兵器の生産、輸出も行っている。「無条件降伏」→「戦争放棄」という日本スタイルは、国そのものが「ノーベル平和賞」を貰っても良いくらいだ。でも考えて見れば、フィリピンもベトナムもカンボジアもミャンマーもタイも中国と国境を接しながら、小競り合いはあるが自国を維持している。核兵器を持たなくても方法はあると思うんだがなあ。(国境については資料がないので間違っていたら失礼)。

他の人の意見も聞いてみるというのは勉強になるな。

by zoofox | 2018-06-03 14:25 | 政治 | Comments(0)

不調の治りかけ

昨日は少し寒気がして胃の調子が悪くて、定例の飲み会を休んだ。一日の大半はベットにいた。風邪薬を飲まずに、汗をかいて熱を下げた。夜10時頃から家の中をぶらぶらする。頭痛もかなり楽になった。下着を何度か換え、(風呂は止めよう)と風呂には入らなかった。仕事をしている時は、鼻水が出ようが熱があろうが、ともかく出勤して仕事をしていると何時の間にか治ってしまうそんな類の「不調」だ。(身体が弱くなったな)と思う反面、(自分を甘やかしているな)とも思う。どちらが自分のために良いのか判断不能だ。

今、居間の机の上には、ペンタックスSP(ISO400×36枚撮り)+F1.8、55mmのカメラに後10枚ぐらいフィルムが残っている。もう一台、ニコンFE(ISO100×24枚撮り)+F3.5、28~50mmにフィルムを入れて置いてある。昨日は亀戸方面に出かける予定だった。夕方からお酒の前に、明治通りから「亀戸十三間通り」を抜けて京葉道路までの辺りを撮ろうと思っていた。ここは一頃、錦糸町に負けないほど飲み屋さんが集まっていた。フィリピン人、中国人のお店が多かった。今はどうなっているのか、特に昼間は違う顔を見せてくれるはずだった。

そのまま電車に乗れば飲み会に丁度いいな、という計画は見事に崩れた。小動物も自然もあまり縁がないこの辺りは、私にとって「町並み」が一つのテーマになっている。SPはじっくり、FEは絞りだけ決めておいて、ピントに注意して早撮りに丁度いい。最近ストロボを使わないな、と思う。夜の風景や町並みはデジタルで撮れば、16000とか32000というISOを自動で設定してくれて、色味さえ気をつければ、それなりの雰囲気が出る。自動では蛍光色に負けてしまう。

一日損をした気持だ。まだ頭の芯が痛い。出来なかったことを悔やんでもしょうがない。
-----------

最近の新聞は、週刊文春に似てきた。尻をまくっているのか、歯切れの良い記事が多い。テレビも正面からの政府批判や、日大の対応に合わせての「答弁」比較や批判が日常的になった。(もうここまで来ているのかな)と感慨がある。

「中国が一番怖がっているのは、日本と韓国の核武装だ」などというWEB専用の理論が表に出始めている。そんなことはまともに考えたことがなかった。数発のICBMと数の不明な原爆が、何もない小さな北朝鮮の最大の切り札になっている。個人的には根拠はないが、ドイツや日本は核兵器を持っていると思っている。嫌だなこんなこと考えるなんて。

私が子供の頃、「月の沙漠」とか「アラジンと不思議なランプ」、「空飛ぶ絨毯」など、「アラビア」という言葉には、何とも言えない夢が宿っていた。今アラブと言えば「AK47(の派生型)」のライフルが目に浮かぶ。

何か夢を見ているような時代だな。嘘とほんとが判らない。

by zoofox | 2018-06-03 10:20 | 自分のこと | Comments(0)