独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> hanasdiary..
by zoofox at 10:38
> hanasdiary..
by zoofox at 10:37
鏡を置いたらどうでしょう..
by hanasdiary at 09:05
> memmonさん ..
by zoofox at 14:42
おはようございます。 ..
by memmon at 09:31
> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01
人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

今日の夕飯
at 2018-07-22 23:14
何気ない写真 2
at 2018-07-22 06:26
末法思想
at 2018-07-21 17:11
何気ない写真
at 2018-07-20 05:45
茹でガエル 2
at 2018-07-19 11:11
深夜の工事
at 2018-07-19 09:03
オリンピック開催できるのかな
at 2018-07-18 17:15
ジムニー
at 2018-07-18 10:43
今年もセミが鳴かない
at 2018-07-17 09:41
ニコマートEL
at 2018-07-16 22:16
踊らされていたのかな
at 2018-07-16 16:35
真夏の工事
at 2018-07-16 10:27
茹で上がった蛙
at 2018-07-16 00:39
若い人からのお誘い
at 2018-07-14 06:40
人一人の命
at 2018-07-13 09:26
まち
at 2018-07-12 21:45
何か世界中がおかしくなった
at 2018-07-12 09:20
下町の夏
at 2018-07-11 20:31
カレイの煮物
at 2018-07-11 06:26
写真中の人
at 2018-07-10 22:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2018年 01月 18日 ( 2 )

孤独担当相

イギリスのメイ首相は新しい役職として「孤独担当相」を設けるそうだ。オランダ、ポルトガル、英、仏、独などの国の制度を参考にして日本は文明開化の時代に入ったそうだ。誰も見た人はいない。本にそう書いてある。第一次大戦までは諸国のまねをしていた。第二次大戦も始めは植民地を持つ国のまねをして、後半からはやっと日本独自の方向に走り、太平洋戦争は大負けした。日本は先例のないことには弱い部分がある。江戸時代までは世界でも有数の中央集権国家として、独自の文化を築いていた(日本人はそれをしらなかったが)のに惜しいことだ。これがいい、という方向が出ると、いいもの悪いもの全てをおっぽり出してそれに飛びつく。アメリカ偏重もそんな性格の表れだと思える。

一応世の中が落ち着くと、国の体制を整えるためにいろいろな先進国の制度を取り入れる。アメリカの管理下とはいえ、日本に取り入れた制度は日本流にアレンジされる。惜しいと思うのはそこまでで、執念深い見直しの部分は学んでいない。「消費税」も然りだ。何時まで経っても一律課税は見直さない。「孤独担当相」から連想しただけだ。日本ではウエットな人間関係の中で、国がわざわざ旗を立てなくても、地方自治体がいろいろな工夫をしている。

世界の観光客が「日本はこんな国だったのか」と感心して帰るという。増減はあるが、日本を嫌っているはずの、中国と韓国の観光客が増えている。私は「観光立国」とか「日本文化の垂れ流し」は嫌だが、日本食が世界に広まっていると聞くように、物珍しさではなくゆっくりと自然に広がることまで否定しない。

軍備のことはさておいて、私たちは自分たちの文化にもっと自信を持った方がいいのかなと思う。金額や内容はさておき、国民皆保険、国民皆年金、生活保護、外人は日本に住みたいと思う人もいるのは理解できる。後は独自の制度財産をどれだけブラッシュアップできるかだろう。

[PR]
by zoofox | 2018-01-18 22:54 | Comments(0)

フォルダーという引き出し

私がポケコンを使い出したとき、増設メモリーは128KBか256KBだった。「記憶場所」というよりは本体メモリーの拡張のために必要だった。初めてのデスクトップには「40MB」のハードディスク(HDD)を着けた。DOSの時代は「フロッピー(FD)1MB」の世界だった。一太郎VER3を辞書と一緒に1MBに納めて(もちろんいろいろなファイルを捨てて)文書作成から印刷まできちんと出来た。今は写真一枚が4MBも5MBもする。FDの時代は簡単だった。「データ用FD」のなかに放り込んでおけば用が足りた。HDDは40が120になり200になり、あっという間に4GBまで行った。「4GBの壁」という問題もあった。DOSにもコマンドがあり、HDDの中をのぞいたりディレクトリを作ったり削除する機能はあった。Windowsの時代になって、「フォルダー」がディレクトリに取って代わった。

さて、講釈はこの辺で、フォルダーを使うようになってファイルの整理の方法が変わった。自分で好きな名前をつけてファイルを分類するのが楽になった。一年分のファイルをCDに焼いて保管することも可能だ。「階層処理」と言うと堅いが、大分類・中分類・小分類をHDDの中で行って、ファイルを放り込んでおけば整理できる。「どこに何があるか」だけを忘れないようにすれば、普段は過去のファイルを意識することはない。必要なときに取り出すだけだ。

パソコンの中身は外付けのHDDやDVD毎に名前をつけておけば、パソコンから放して保管することも可能だ。今は、「クラウド」などという機能も生まれてきた。私はデータを手元から放すことは便利でもしたくない。

さて、実生活はフォルダーが多すぎて、捜し物がなかなか見つからない。「下着」、「色つきTシャツ」、「文房具」、「冬物シャツ」等々、段ボールに名前を書いて入れて置いたはずなのに、必要なときに限って見つからない。荷物の引っ越しと同時に、机や棚や洋服ダンスというフォルダーが壊れて、「データ」が並列状態にある。時々他人がそのデータを動かす。こうなるともうお手上げだ。机がない生活というのは引き出しを含めて結構不便なものだな。

[PR]
by zoofox | 2018-01-18 09:16 | Comments(0)