独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
考え事
言葉
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

蛙の面に
at 2018-04-20 08:07
良いこと悪いこと
at 2018-04-19 08:38
飛んで火に入る夏の虫
at 2018-04-18 14:29
眼を細めて
at 2018-04-17 12:11
診察日
at 2018-04-16 23:51
子供返り
at 2018-04-16 09:32
夜中の太鼓
at 2018-04-15 13:23
馴化
at 2018-04-14 09:33
ファイト!
at 2018-04-14 09:10
シラス大根
at 2018-04-14 00:18
花嵐
at 2018-04-13 08:25
小人閑居
at 2018-04-12 23:54
保存版
at 2018-04-12 09:07
受忍の限界
at 2018-04-11 08:54
新入生
at 2018-04-10 09:00
カメラ整理
at 2018-04-09 17:30
働く人
at 2018-04-08 13:43
小西博之さん
at 2018-04-08 08:33
ネット断線?
at 2018-04-08 06:26
パワハラ
at 2018-04-07 22:44

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2017年 08月 25日 ( 2 )

二重国籍

「国籍」って不思議だな。親の国籍に縛られるか、生まれた国の国籍になるか、はっきりしていないから、二重国籍が生まれる。中国や韓国の人は臨月近くなると、カナダやアメリカに行くという。やり過ぎるとどこかで歯止めがかかる。「国籍」と「永住権」というのがある。18歳や20歳になるまで、合法的に二重国籍で、自分で選ぶというのも面白いな。日本国籍と台湾国籍を持っていた元気のいいお姉さんが、国会で問題にされたけれど、日本は台湾や朝鮮を併合した時に、その国の人を日本人として、兵役まで課している。やっぱり最後は、利益(権利)と義務が問題になるのだろうな。二重国籍で、「二つの国を母国として、それぞれに国民としての義務を果たす」というのは無理なのかな。税金をきちんと払って、社会保障も受けられるとしたら、二重国籍も悪くない。

ちょっと視点を変えて考えているだけだ。オーストラリア議会でニュージーランドとの二重国籍を持つ議員が何人もいて問題になっているらしい。このグローバル(私の嫌いな言葉)な時代、一つの国の国籍に縛られるから、自由な発想ができない。起業もやりにくい。国籍って言うのは「核の傘」に似ている。「棄国主義」とか「無国籍」とか国を持たないで自由に世界を渡り歩けたら面白いな。必要があれば最後に落ち着く場所に国籍を決める。税金が不均衡だったり、専制主義の国は国民がいなくなる。移民が自由になればそうなる。イギリスとEUはそんな関係だ。

国籍が住民登録と同じような意味になれば、最終的には「地球人」という括りで、戦争がなくなる、と考えるのは楽観的すぎるだろうか。グローバル企業はそんな形で世界の富を集めている。一部では国籍など気にしない超富裕層が生まれているんだろうな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-25 12:11 | Comments(0)

季語

朝顔や西瓜が秋の季語だと言われても、(もうそろそろ変えた方がいいんじゃないの)と思ってしまう。暦が今と違うといっても、それを知っているのを自慢されては、一番大切な「感覚」と合わなくなっている。俳句をやる人の「季語を知っている」という、「衒学的」な自己満足と実際の生活が合わないのは、何か嫌だな。

残暑見舞いを書かなくなって久しいが、8月の一番暑い時に「残暑お見舞い」というのは何となく面はゆかった。真夏の風情を秋の季語が表す、というのが気に入らない。とは言いながら手元に歳時記は置いてある。夏の季語だろうが、秋の季語だろうが、気に入った風景風情をスパンと切り取って表すキーワードは効果的だな。季語はマジックワードなのかもしれない。

[PR]
by zoofox | 2017-08-25 08:44 | Comments(0)