独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
考え事
言葉
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

木漏れ日
at 2018-04-21 08:59
カメラの時間
at 2018-04-20 22:44
蛙の面に
at 2018-04-20 08:07
良いこと悪いこと
at 2018-04-19 08:38
飛んで火に入る夏の虫
at 2018-04-18 14:29
眼を細めて
at 2018-04-17 12:11
診察日
at 2018-04-16 23:51
子供返り
at 2018-04-16 09:32
夜中の太鼓
at 2018-04-15 13:23
馴化
at 2018-04-14 09:33
ファイト!
at 2018-04-14 09:10
シラス大根
at 2018-04-14 00:18
花嵐
at 2018-04-13 08:25
小人閑居
at 2018-04-12 23:54
保存版
at 2018-04-12 09:07
受忍の限界
at 2018-04-11 08:54
新入生
at 2018-04-10 09:00
カメラ整理
at 2018-04-09 17:30
働く人
at 2018-04-08 13:43
小西博之さん
at 2018-04-08 08:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2017年 06月 17日 ( 2 )

リコーR1s

仮住まいとして母が入院まで暮らしていた部屋にいる。同居人がかなり整理したと聞いていたが、タンスに挟まれ、手回りの小物はそのままある。母の字で、「ラジヲ、写真機、遠めがね」等と書いてある紙箱を開けてみた。小さなラジオは何台も買った。夜寝るときも、病院でも必需品だった。でも後半はテレビをつけっぱなしで寝ていたから、もっと以前のものなのだろう。

皮のケースに入った小さなカメラがあった。(そういえば、面白いものがあったら撮りなよ)と買ってやったような気がする。27枚撮りが3枚撮られている。薄い小さなオートフォーカスで、本格的な使用もできる。赤いスイッチを入れるとレンズが飛び出した。液晶が所々駄目になっているが、フォーカスとフィルム巻き上げ(巻き下げだったかな)は、十分使用に耐える。私の買い集めているレンジファインダーに比べれば、とんでもなく近代的だ。でも、年寄りには使いにくかっただろうな。

デジタル移行の直前に、懇意なカメラ屋さんから「一台一万円」で買った数台のうちのひとつだろう。何かの記念ごとに友人知人に差し上げていた記憶がある。こんなものを大切にこんな所に仕舞っていたなんて。ググってみると当時としてはかなり高いカメラだったようだ。

まるで拘置所のような空間に押し込まれていると、時間はあるのだがカメラをいじる気力がない。作業場所を作らないといけない。一眼レフは大体素人が手を出せるところは決まっている。レンジファインダーは電池とその腐食に伴う配線交換が関の山だ。絞り羽根をベンジンで洗うなどとんでもない。組み立てられなくなる。

写真を追加します。
c0366973_20414824.jpg
「リコーR1s」です。薄くて軽くて、IXYデジタルに似ています。レンズ周りやボタンなどに品質の高さを感じます。写りは分かりません。
c0366973_20420469.jpg
こちらは「キャノンオートボーイミニ」、リコーR1sの倍ぐらいの厚さがあります。両方とも家の中にあったのですが、私は使った覚えがありません。

[PR]
by zoofox | 2017-06-17 21:08 | Comments(0)

症状と病状

人間は風邪から癌や脳や精神の病気まで、たくさんの病気を患う。

命や将来の行動まで影響する大きな病気も、鼻風邪も最初は単なる熱だったり、頭痛だったり、いつもと違う変調だったりする。本能的に「何か変だな」という兆候を感じることが多い。兆候がもっとはっきりした症状に変わっていく。症状が出たときは実は病気はもう中盤を過ぎている。軽い病気なら治り際だし、重い病気は手遅れに近い。

医者は初期の症状から、いろいろな可能性を考え、検査し、消去法で病名を決め、治療を開始していく。適切な治療が行われれば、治る病気も多い。或いは重い病気を避けることができる。

患者がいくら症状を訴えても、検査技師を含めて病院や医師が意図的に嘘をついたら、患者は簡単に死んでしまう。人の命を預かる医師には大きな倫理性が求められる。

倫理性のひとかけらもなく、「私は嘘は言いません」、「嘘を言ったら医者をやめますよ」と言いながら、誤診を突きつけられても逃げるばかりだ。そのうちうるさい患者は死んでしまう。

そんな医者や病院は、日本にはないよね。


[PR]
by zoofox | 2017-06-17 06:15