独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

DATUSN 510 とサニ..
at 2018-11-18 19:58
九ちゃんのズンタッタタ
at 2018-11-18 06:20
赤ちゃんロス
at 2018-11-17 16:24
昭和をレトロと・・・
at 2018-11-16 11:32
ディスカバリー・チャンネル
at 2018-11-16 06:28
ナメクジ
at 2018-11-15 23:00
地獄の特訓
at 2018-11-15 01:39
新人王
at 2018-11-14 09:05
聞き慣れない言葉
at 2018-11-13 08:28
体重測定
at 2018-11-12 08:48
爪切り
at 2018-11-11 20:21
視点を変えれば
at 2018-11-11 09:17
サラリーマン
at 2018-11-10 14:38
フォークル
at 2018-11-09 22:46
雨の日
at 2018-11-09 08:53
ビールとすき焼き
at 2018-11-08 09:37
家庭内体操
at 2018-11-07 06:35
かかりつけ
at 2018-11-06 14:49
面倒くさい男
at 2018-11-06 08:27
洗濯機が壊れた
at 2018-11-05 20:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

2015年 07月 22日 ( 3 )

シルバリンピック

「オリンピック・パラリンピック」、と併記されるようになって久しい。いいことだと思う。身体にハンデを負っていてもできるスポーツはある。日本は選手層も厚く、それだけ障害者が障害をはねのけて社会参加している証拠だと思う。
それはともかく、日本でやるからといって、日本に競技人口がほとんどいない、テコンドーやフェンシングを種目として考えるのは如何なものかと思う。悪のりだ。

通常競技でも、「×才の部」、「××才の部」、と参加者の年齢別で競っている種目はある。高齢者は他の場所では、「障害者・高齢者」と併記されることが多いのに、オリンピックにはない。認めたくないが、高齢者は一種の障害者だ、いろいろなところが健常者とは違う。あまりに個人差が大きく線引きが難しいから放って置かれる。この際、長寿大国の日本としては、世界に先駆けて、「オリンピック・パラリンピック・シルバリンピック」、という三本立てで世界にアピールすることは可能ではないだろうか。シルバー世代のスポーツをもっと振興すれば、保険や医療費は確実に低くなると思う。リハビリ施設だけじゃいけないと思う。私達の年齢になると、余程自信がないとジムには行きづらいものです。

[PR]
by zoofox | 2015-07-22 19:25 | Comments(0)

退園提訴

6月末に、関東のある市で、「育児休業中に保育園に預けてある上の子を退園させるのは違法だ」、という提訴があった。事情はあるのだろうが、なんて我が儘な主張だろう。自分のことだけしか考えていない典型だ。子供は親が育てるのが当たり前だ。何らかの理由で育てられないから保育園のお世話になる。それだけでも大きな税金を使っている。権利ではなく、地域住民の大きな援助で「楽」ができる。まずそれを感謝しなくてはいけない。育児休業中というのは、子供ができて仕事を休んでいる状態だ。それなら保育園に子供を預けておく基本的な理由がない。当然、保育園に入っている子供も自宅で育てる方が、家庭としては安定する。

何故保育園に、大切な幼児教育を放り出して子供を入れたいのか。働いているなら、何故働くのか、夫や妻は働いていないのか。二人で稼がないと生活できないのか。見てくれる親や縁者はいないのか。核家族までは分かる。その核家族が子供を作る時、「保育園に入れる」、が第一選択になるのか、そこに問題がある。本来自分でできることまで他人任せにしていないか。保育園には入れたのは、既得権ではない。条件が整ったら退園するのが当然だ。退園が気にくわないなら幼稚園に入れればいい。自分の言い分が通らないと提訴する。これは少し違うと思う。

今日、市から一部の人に「退園しなくていい」という通知が届き、NHKはそのニュースを拾っている。受け取った人も戸惑っている。このようなニュースは、ただ報じればいい、という種類のニュースではない。ちゃんと解説者を付けるか、もっと取材をして、「退園させる」と「退園させない」、の区切りをどこで付けたのかはっきりと報道すべきだ。それがないと私達はあらぬ想像をしてしまう。(ああ、××に頼んだんだ)。
年寄りのなけなしの年金からは、一通の通知書で、介護保険料や住民税等を引いてしまうのに、こんな緩い判断をする市のやり方は間違っている。

[PR]
by zoofox | 2015-07-22 18:59 | Comments(0)

ブラックリスト2

アメリカのテレビ映画「ブラックリスト2」のシーズンが終わった。私は、アメリカ映画やテレビドラマの大ファンである。地上波テレビのお笑い攻勢に飽き飽きして、ドラマを見ている。アメリカが好きとか嫌いとかという話ではない。物語として面白ければ文句はない。アメリカ作品は、模倣とリメイクの達人である。特にテレビ映画を見ていると、いくらドラマとはいえ、現実の姿が反映されていると思って見てしまう。「アクション、陰謀、謎解き」が、正味40分の話の中に必ず出てくる。一話完結式と連続式とがあるが。ブラックリストはどちらかというと、「…つづく」、の要素が強い。FBI、CIA、NSAなどと麻薬取締局、移民局などがそれぞれ、エージェントを抱えている。見分けるのは防弾チョッキのロゴだけだ。それぞれに特殊部隊を抱えている。本当だとしたら随分国内警備に金を使っている。「メンタリスト4」も終わった。「ボーンズ」も終わって、みんな次のシーズン待ちである。

エージェントは意外に数が多くない。エージェントのスタイルも、男性はダークの背広、女性は大体黒いスーツにパンツだ。乗っているのは黒い大型のSUV。銃はほとんどグロック。ここで物語の説明をしようとは思わない。公式ページもあるのでそちらを参照してほしい。物語のテーマは、「正義は勝つ、陰謀は暴かれる、犯人は罰を受ける」で、非常に解りやすい。そこに至るまでの様々なエピソードが毎回の主題になる。ブラックリストは大きな謎の真相に迫る所でシーズンを終えた。フルーレイになってから、画質を落とせば「1シーズン2枚」で収まる。悪人が善人になり善人が悪人になる。そして正体不明の人物。まだまだストーリーの展開はありそうだ。

主役や準主役の人は、映画に出たり他のテレビ番組で顔を見ることもある。しかし、自分の番組に出ている時は、何故か表情(目)が違う。どうしてだろう。「レディントン」役のジェームス・スペイダー」がいい味を出している。もう一人の主役「エリザベス」役のメーガン・ブーンもいい。とびきりの美人ではないが「雰囲気」がある。脇役も魅力ある俳優が並んでいる。

どの番組でも、アメリカ人は「陰謀」が好きだ。殴る、ピストルで撃つ、邪魔な人は殺す、夕食を一緒に食べるということは、その後セックスをするお約束だ。(これはドラマだ)、と思って見ているが、韓国ドラマで韓国人の生活や考えが透けて見えるように、アメリカのドラマは、人種問題や、麻薬、麻薬に絡む犯罪が、きっと地区によってはあるんだろうな。と思ってしまう。そして盗聴など当たり前で、プライバシイなどないも同然だ。どこまで本当なのだろう。

詳しい登場人物や粗筋は、公式ホームページがあります。全般に経費が沢山あるのか、テレビドラマといえども映画並みの演出をしています。まあ、車をよく壊すこと。面白いドラマなのでよかったらどうぞ。


[PR]
by zoofox | 2015-07-22 14:25 | テレビの話 | Comments(0)