人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 20:09
去年はほんと暑い夏でした..
by waku59 at 09:10
> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

メールが書けない
at 2019-08-18 22:39
砥屋さん
at 2019-08-18 05:52
素人
at 2019-08-17 08:46
台風一過
at 2019-08-16 08:17
8月15日に考えた
at 2019-08-15 20:26
気力の湧かない時
at 2019-08-15 10:17
冷蔵庫
at 2019-08-15 06:11
法律
at 2019-08-13 05:45
不審メール
at 2019-08-12 20:08
夢を語るのは悪いことか
at 2019-08-12 08:28
乗らないうちに車検
at 2019-08-11 08:47
子供にはたくさん本を読んでや..
at 2019-08-10 17:57
犯罪が変わってきた
at 2019-08-10 09:01
昔の台風
at 2019-08-09 08:08
暑いね
at 2019-08-08 20:20
浅間山
at 2019-08-08 07:25
夏の日
at 2019-08-07 09:29
空騒ぎ
at 2019-08-06 07:43
渋野日向子さん
at 2019-08-05 07:37
暑い
at 2019-08-04 13:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

坂道

c0366973_13133864.jpg
湯島は坂のまちだ。 私が若い時分に歩いた木造の街並みが、鉄筋のビルに変わっている。神田明神から上野まで、一軒覗いてはまた一軒と、昔芸者だったおかみさんが経営している小さな割烹や飲み屋さんが幾つもあった。当時30才前後の若い客は珍しいから、暇なときは小唄や端唄の一節を教えてくれた。都都逸を教えられるとおりに口ずさむと、年配のおじいさんのお客まで拍手をしてくれた。別の店で習った唄を披露すると、みんなで笑ってくれた。午後9時を過ぎるとお化粧を落とさないお姐さんが、自分用にお酒を飲みに来た。私には分からない色々な話が飛び交った。私はちょうどいい時分に姿を消す。小さなホテルが沢山あった。ホテルの間の坂道は、「ビルの谷間の階段」に変化している。

(もう、かれこれ40年も昔の話だ)、みんないないんだろうな、と思う。このまちは何かに似ているな・・・そうだ「棚田」だ。梅雨の晴れ間、そんな階段に腰を下ろして脇のフェンスをボーッと見ている。ビルの裏側のフェンスは雑草の宝庫だ。もういないと思っていた虻が飛ぶ。頭が黄色い虻。背中が黄色いずんぐりとした虻。小ぶりの蠅のような虻。(スズメバチ)かなとよく見ると尻尾に針がない。第一花の中に頭は突っ込むまい。ひらひらと黒いアゲハ蝶が飛んできた。こんな時にはカメラを持っていない。目の中のカメラに写しこむ。別の世界があって、何十年もして舞い戻ってきた気がする。

表の通りから坂を下って上野駅を目指せば、仲通りにもアメ横の裏にもまだ昔の店があるような気がする。お酒を飲みだして初めて食べたものは意外と覚えている。スズメの串焼きを何時も出す店があった。羽のないスズメは小柄で貧相で、骨がカリカリと音を立てた。ウナギの頭ばかりを焼いていたのはどの店だっただろう。思い出の中は自由に時間が移動する。(あの時誰と一緒にいたのだろう)、若い時代は幾らお酒を飲んでも酔うことをしらなかった。そんな私の顔を覗き込みながら、一生懸命仕事の話をしていた先輩の多かったこと。いい時代だったな。先輩に教えられたとおりに後輩にも教えた。時代が変わって一生懸命に話を聞く後輩は多くはなかった。(随分金を遣ったな)。そんな思いとは別に棚田はひと時の日光を浴びて虫たちの宝庫になっている。私が良かったなと思えるのは、そんな思い出の「土地」が日本国内に沢山あることだろうか。
c0366973_13143701.jpg


by zoofox | 2019-07-11 13:17 | 自分のこと | Comments(0)