人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヤスデとウスバカゲロウ
at 2019-06-25 06:04
先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

小学生唱歌

「唱歌」というと急に戦前に戻る気がする。学校で習ったのだから「童謡」とは少し違うと思う。ふと、(凄い歌詞があったな)と思い出した。きっと日差しが急に暖かくなったからなのかもしれない。

「朝はどこから」という歌があった。「朝はどこからくるかしら あの山越えて村越えて・・・」うろ覚えだが、結論が「それは暖かくて明るい(輝く)家庭から来る」、今はイメージだけが残っている。「〇〇〇児童合唱団」が歌う分にはさらっと聞けるが、男の先生が歌うと何となく「面はゆい」気がした。多分、歌詞に「希望」だとか「家庭」だとか歌詞らしくない言葉が含まれていたからなのだろう。戦前なのか戦後なのか作られた時期は知らないが、(何となく「めだかの学校」と違うな)と小学生は感じていた。

「シャボン玉」も後年の解説で合点がいったが、小学生が歌ってもその「もの悲しさ」は感じ取れた。「誰が風を見たでしょう」という歌は自分の顔の周りを気持ちよい風が吹き抜けるような気がした。これも大人になると歌詞としては(随分科学的だな)と思う。今考えてもこの問いには容易に答えられない。「風は確かにあるのになぜ見えないのか」子供には重い命題だった。地球の自転とか気圧配置とか何とか説明はできるだろうが、「じゃあ誰が風を見たの」と問われたら、風の影響(影)しか証拠がないことに愕然とする。

うっかりいい加減な説明で逃げて、「じゃあ『幸せ』って何」とか「私たちは何のために生まれてきたの」と畳みかけて尋ねられたら、子供の目を見て「それはね」と満足させる答えが出せるか自信がない。子供は人生の哲学的思考の入り口を垣間見て、子供なりに疑問を感じている。私に子供や孫がいたらこの手の質問は「私にも分からない、一緒に考えよう」とでも言うのかな。

by zoofox | 2019-04-18 06:05 | 考えること | Comments(0)