独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

DATUSN 510 とサニ..
at 2018-11-18 19:58
九ちゃんのズンタッタタ
at 2018-11-18 06:20
赤ちゃんロス
at 2018-11-17 16:24
昭和をレトロと・・・
at 2018-11-16 11:32
ディスカバリー・チャンネル
at 2018-11-16 06:28
ナメクジ
at 2018-11-15 23:00
地獄の特訓
at 2018-11-15 01:39
新人王
at 2018-11-14 09:05
聞き慣れない言葉
at 2018-11-13 08:28
体重測定
at 2018-11-12 08:48
爪切り
at 2018-11-11 20:21
視点を変えれば
at 2018-11-11 09:17
サラリーマン
at 2018-11-10 14:38
フォークル
at 2018-11-09 22:46
雨の日
at 2018-11-09 08:53
ビールとすき焼き
at 2018-11-08 09:37
家庭内体操
at 2018-11-07 06:35
かかりつけ
at 2018-11-06 14:49
面倒くさい男
at 2018-11-06 08:27
洗濯機が壊れた
at 2018-11-05 20:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

17才のデスノート

私はテレビオジサンだから、暇があればテレビを見る。地上波の番組はほとんど見ない。別に気取っているのではなくて、「面白くない」から見ない。面白いというのは、お笑い芸人が出て笑いを誘うという意味ではない。「見て良かったな」と言う番組が極端に少ない。

各局とも以前はいろいろと工夫を凝らしていたニュース番組が、一番面白くない。どのチャンネルでもまるで「同じソース」から切り取ったような番組作りだ。ラジオには多少残っているが、真摯に人を引き込んでいく「話芸」がテレビからは消えてしまった。「コメンテーター」が生まれてから、素人の意見は必要だと思うが、どこの局でも同じ人を見かける。底の浅い話は聞きたくない。各局で育てた人材と取材能力が極端に不足している。・・・結局、「自分の意見が言いにくいんだな」と思っている。たまに出っ張ると、官邸から文句が入る。悪いジレンマだ。

少し風邪気味で、気力のない時にこの映画を観た。イギリスの映画だと思う。唐突に始まり、唐突に終わる。白血病の17才の少女は学校を休んでいる。どこで決心したのか「もう抗癌剤はいらない」と胸の点滴を取る。「頑張れ、頑張れ」という闘病記とは違う。「死」を受け入れ、死ぬまでにしたいことをベットの頭の壁に書く。友人と恋人と離婚した父と母そして弟。多分長い闘病生活の最後の部分を切り取った「時間」を見せている。

この手の映画はテーマとしては珍しくない。私には「自分の死の選び方」が珍しかった。細かいことは忘れたが、ニューヨーク在住の日本人記者の女性が、周囲の友人に助けられながら最新の治療を求めて生きた、本のことを思い出した。「自由な死」と「積極的な死」とでも言おうか。もちろん病気の種類にもよるのだろうが。

何時も私達は、「死と隣り合わせで生きている」ことを忘れがちだ。それに少しでも気が付いたら、不正なことや他人を傷つけたり、周囲に迷惑をかけることはできなくなるだろう。
重いテーマと違い爽やかな印象を得た映画だった。

[PR]
by zoofox | 2018-10-06 13:55 | テレビの話 | Comments(0)