独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

DATUSN 510 とサニ..
at 2018-11-18 19:58
九ちゃんのズンタッタタ
at 2018-11-18 06:20
赤ちゃんロス
at 2018-11-17 16:24
昭和をレトロと・・・
at 2018-11-16 11:32
ディスカバリー・チャンネル
at 2018-11-16 06:28
ナメクジ
at 2018-11-15 23:00
地獄の特訓
at 2018-11-15 01:39
新人王
at 2018-11-14 09:05
聞き慣れない言葉
at 2018-11-13 08:28
体重測定
at 2018-11-12 08:48
爪切り
at 2018-11-11 20:21
視点を変えれば
at 2018-11-11 09:17
サラリーマン
at 2018-11-10 14:38
フォークル
at 2018-11-09 22:46
雨の日
at 2018-11-09 08:53
ビールとすき焼き
at 2018-11-08 09:37
家庭内体操
at 2018-11-07 06:35
かかりつけ
at 2018-11-06 14:49
面倒くさい男
at 2018-11-06 08:27
洗濯機が壊れた
at 2018-11-05 20:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

原因と結果

日本人は「台風一過」の青空を見ると、大変だった「台風」そのものを忘れてしまう。被害を受けた人だけに記憶は残って、大多数の人は台風の記憶をすぐに忘れてしまう。それが、毎年毎年繰り返されて、今の日本人の気質にも影響している。よく、こんな話を耳にする。高齢者は近い記憶が定着せずに、昔の古い記憶だけを覚えている。そんなことも認知症に関連して良く言われる。これ、日本人や高齢者だけの特徴なのだろうか。母となった人は、「産みの苦しみ」を乗り越えて子供を産む。「二度とこんなことは嫌だ」と思いながら、子供の可愛い笑顔を見ていると、次の子も次の子も機会が許せば産む。共通しているのは、前を向いて進む気力と、意義を無意識に知っているのだろう。何時までも過去に拘っては先に進めない。私は思う、台風民族の傾向は、「人間の傾向」ではないのかと。

日本人には、苦しかった一切を水に流してしまう気質と、ある時には、「もう自滅してもいい」という気質が入り交じっている気がする。(外国人のことは私はよく知らない)、仮説だが、日本人はある程度の所まで追い詰められると、がらりと性格が変わるのではないかとも思える。日本人は(私が見た訳ではないが)最後の最後で勝ち目がないと判断すると自分で自分の腹を切る。自殺だ。「後の事は頼む、オレは自殺する」、これを、「潔い」としてきた歴史がある。実際にはそれで、一族郎党が罪一等を減じられる、こともあれば皆殺しになる事もある。・・・結局、局面次第で物事の基準は変わるし、腹を切らなくても、そこから「降りる」自由はある。

結局、考えた私が浅はかだった。世界中のどこの人間もが持つ、共通意識のようだ。アメリカの戦争映画の中では、仲間を助けるための「自己犠牲」が高く評価される。これも目に留まった自己犠牲が美化されるだけで、社会の中に埋もれている自己犠牲は沢山ある。

日本でも近年、40代50代の息子や娘が、親の認知症の介護をするために会社を辞め、その後浮かびあがれない、そして事件になる。そんなニュースが多い。これは社会が悪い。政治がお粗末だ。

どんなに失敗を犯しても逃げ回って延々と同じ椅子にしがみつく人もいる。三年の契約期間中に結果が出せなかったと野球の監督を辞める人がいる。「貴乃花型」はどれにも当てはまらない。考えているうちに、「責任感が強い」のか「責任意識が薄いのか」どちらにも取れる。

何かすっきりしないでしょう。私が自分の頭の中で考えていることを列挙して結論を出そうとしている時の、思考過程だからです。結論は出ているんです。「失敗や不可解な行動にも絶対に理由がある」、能力の欠如、短慮、一時の衝動、まあ、見方が変われば結論も変わる、ということかな。無理に結論を出しても何も得るものは無い。

[PR]
by zoofox | 2018-10-04 10:50 | 考えること | Comments(0)