人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> kazematic-..
by zoofox at 21:47
私が登録だけしているクラ..
by kazematic-night at 09:22
> memmonさん あ..
by zoofox at 18:35
> s_achiさん あ..
by zoofox at 18:33
あら!どうなさったのです..
by memmon at 11:04
過去形なのでご退院された..
by s_achi at 10:08
> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

期日後投票
at 2019-07-21 08:55
選挙の日
at 2019-07-20 05:43
蕪の煮物
at 2019-07-19 07:54
パブリック・コメント
at 2019-07-18 09:01
幼児化
at 2019-07-17 05:41
グロリア
at 2019-07-16 10:07
夢見
at 2019-07-16 05:56
前に進む
at 2019-07-15 09:00
無為徒食
at 2019-07-14 09:00
拘り
at 2019-07-13 06:09
選挙公報
at 2019-07-13 06:05
建てかけツリー
at 2019-07-12 07:01
坂道
at 2019-07-11 13:17
自分点検
at 2019-07-02 05:33
オケラ
at 2019-07-01 09:57
謹慎
at 2019-07-01 07:54
夏の子
at 2019-06-30 09:25
歴史の力
at 2019-06-29 08:37
父さん
at 2019-06-29 06:00
赤ちゃんの飛行機
at 2019-06-28 10:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

本の読み方

小雨の中、傘を差した小学生が少しずつ荷物を持って登校していく。一学期と少し違うのは、一年生が学校に慣れたのか、出足が10分ほど遅くなった。7時50分~8時のピークがずれて来た。足の運びもしっかりして、楽しい夏休みを過ごしたのだろう。失礼な言い方をすると小さな子供と動物園は、見ていて飽きない。

20年ほど前までは、本屋を覗くのと本を買うのが趣味だった。本との付き合いは長い。老眼が進んでだんだん本を読むのが億劫になってきた。本屋さんでは大体10冊ぐらい買う。ベットの横に置いておいて、上から順に読んでいく。ハードカバーは、上中下とあれば全部揃うまで買わない。ハリーポッターは揃うまで我慢していた。

本は読み始めたら一気に最後まで読む。他人も呆れる速読だ。長い物は寝なくても読む。一繋がりの物語なり主張を、ぶつ切りに読むのは作者に対して失礼だと思う。文字がぎっしり詰まった本は、美味しい料理のように思えた。上手くてもまずくても一応最後までは付き合う。その後、何度も読む本ともう読まない本に分かれる。

文庫本は作者で、その他の物は題名と解説で買う。一応気に入った本は別の山に移る。気が向いたときに取り出して何度も読む。忘却というのは便利な物で数年すると、細かいところは忘れている。最初に読んだときに気が付かない「布石」に気が付くこともあるし、自分の年齢でも見る目が違ってくる。

私の読書は「手術」が一つの区切りになっている。ゴルフも止めたし、重い本も読まなくなった。長距離のドライブもしなくなった。あれ以降、芥川賞作品も直木賞作品も興味がなくなった。大袈裟に言うと「自分が死ぬかも知れない」と考え続けた時間は、私を少し変えた。トラウマでありPTSDだ。

今回の片付け大作戦では、そんな本が邪魔をしている。一冊一冊に思い出がある。出てこなければ、イメージだけ残ったのに現物が目の前にあるとまた開いてしまう。

ランドセルを背負って学校に行く生徒達は、一年間同じ教科の本を数ページずつ読んでいく。今は何教科か知らないが、「読書量」に換算すれば体したものだ。私は新しい本を手にすると最初から終わりまで、解っても解らなくても読んでみた。文化系の本は読んで、理数系の本は絵本のように見た。一度目を通すと分厚い本が薄く感じた。

あの新しい本を開けるときの「ドキドキ感」を大切にしたいな。それさえあれば、一生退屈することはない。

by zoofox | 2018-09-03 09:24 | 身の回りのこと | Comments(0)