独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmon様 ど..
by zoofox at 15:06
おはようございます。 ..
by memmon at 09:49
なるほど、了解しました。
by memmon at 11:39
> memmon様 難..
by zoofox at 08:44
・・私は仕事より重要な事..
by memmon at 07:24
ありがとうございます。
by zoofox at 21:24
同じ考えですね。
by memmon at 15:02
こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

清水希容
at 2018-10-15 08:22
端境期
at 2018-10-14 22:09
寒いな
at 2018-10-13 13:41
私は家が好き
at 2018-10-13 09:52
感想戦
at 2018-10-12 22:04
ルールを守る
at 2018-10-12 09:19
トランプの功罪
at 2018-10-11 11:35
しまった。
at 2018-10-10 15:01
認識の高見
at 2018-10-10 09:15
収穫
at 2018-10-09 23:04
平凡な日
at 2018-10-09 10:39
予感
at 2018-10-08 06:31
秋の夜長はテレビ
at 2018-10-07 23:25
平常心に
at 2018-10-07 09:22
17才のデスノート
at 2018-10-06 13:55
at 2018-10-05 16:54
原因と結果
at 2018-10-04 10:50
朝の散歩
at 2018-10-03 11:14
本庶先生の仕事
at 2018-10-03 09:46
ビールを飲んだ
at 2018-10-02 22:16

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

オオムの日

朝から異様な雰囲気だった。何か「報道」特に「テレビがおかしい」と感じるのは私だけだろうか。ニュースとしては、淡々と「死刑囚の死刑が執行された」で済むはずだ、リポーターを送り現地中継をする。拘置所の前に中継車を置いても、「死刑は執行されている」。そんなことについて拘置所の職員や立会人が(もしいても)話すはずがない。

中継の間には延々と当時の映像を流す。(オオムの宣伝か?)と思うほどだ。本当に番組作りが安易に見える。「他の局がやっているのだからこの局でも」という意識だけが先走っている。映像の記録が沢山あるだろうから、「この事件がどんな『テロ』だったのか」ということを、じっくりと煮詰めて、”局としての意見を出す”のが本来の役目だろう。昔、番組作りが丁寧だった頃には、NHKでもNTVでもTBSでも、そんな番組を持っていた。

大勢の「識者」を集めてワイワイと議論して終わり、というのでは情けないな。
何しろ戦時中を除いては、日本で始めて起こった「無差別テロ」と「個別テロ」だ。

当時、特にフランスが「日本でテロが起こった」と報じた。ある種の宗教関係者は、未だに「テロを起こす危険人物」とされて、入国制限の対象になっていると聞く。外国と日本の認識の相違に驚いたのもだ。「狂信者のサリンの散布」で、未だに後遺症に苦しむ人達もいる。

松本は、何も語らずに死刑になってしまった。(死刑の是非はここでは触れないが)、犯人を殺すことが「事件のけじめ」とは到底思えない。「マインドコントロール」一つ取っても、規制する法律や治療する手段が確立している訳ではない。何もかも中途半端だ。「何故、高学歴の若者が宗教に吸い寄せられるのか」についても、明確な整理はない。

何かおかしいな。同じことがまた起こる可能性を残してしまった。

[PR]
by zoofox | 2018-07-07 06:24 | 考えること | Comments(0)