独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56
> hanasdiary..
by zoofox at 10:38
> hanasdiary..
by zoofox at 10:37
鏡を置いたらどうでしょう..
by hanasdiary at 09:05
> memmonさん ..
by zoofox at 14:42
おはようございます。 ..
by memmon at 09:31
> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

マスカットと巨峰
at 2018-08-20 08:44
オートバイ屋さんで
at 2018-08-19 20:54
高校野球
at 2018-08-19 00:11
蝉の一生
at 2018-08-18 20:05
モノクロの時代
at 2018-08-17 10:01
下谷神社
at 2018-08-16 17:37
赤鉢巻のボランティア
at 2018-08-16 08:44
敗戦の日
at 2018-08-15 16:35
作用と反作用
at 2018-08-15 09:21
ペンタックスMX
at 2018-08-15 06:29
マンゴーを戴いた
at 2018-08-14 22:43
バングラデッシュの学生デモ
at 2018-08-14 10:02
忘れるための記録
at 2018-08-13 22:58
at 2018-08-13 15:10
夏の味
at 2018-08-12 22:24
夏の花
at 2018-08-12 10:36
百才の証言
at 2018-08-11 09:52
希望
at 2018-08-10 09:55
長崎の日
at 2018-08-09 20:43
翁長知事
at 2018-08-09 09:10

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

剣客商売

私が50歳ぐらいの頃、定年になって非常勤職員として入社した人が、昼休みになると文庫本を沢山読んでいた。そのうちに貸してくれるままに私も読んだ。それまで「徳川家康」をはじめに戦国武将物は読んでいたが、「娯楽時代劇」というのは初めてだった。池波正太郎はその後沢山読むことになるのだが、出会いは、秋山小兵衛の「剣客商売」だった。(面白い本だな)と思ってあっという間に全部読んだ。途中からは自分で買い求めることになる。本を読んでいると登場する人物にあるイメージができる。この小説もユニークな内容から何回もTV映画化されている。各シリーズとも原作とは少しずつ違うが、見ているうちに違和感が少なくなる。藤田まことのイメージが強いが、私は中村又五郎が原作イメージには一番合っていると思った。小柄で身軽で飄々とした感じである。

四代目小兵衛は、北大路欣也だ。ミスキャストかなと思っていたが、この小兵衛がだんだんよく見えてきた。各配役にもいろいろ意見はある。でも時代を反映してそれぞれ面白いと思う。藤田まことの出番が長かったが、原作の小太刀による「省エネ剣法」を忠実に描いていた。北大路小兵衛は強いお爺さんだ。そんなに拘る必要はないかもしれない。原作には私の地元の地名が沢山出てくる。(昔の人は足が強いな)というのが正直な感じだ。当時の江戸が東京より狭くても、マラソン選手ではあるまいし、簡単にあんな移動ができたとは思えない。

もう一つは、ロケする場所がないのだろうが、大川(隅田川)は、潮の満ち干に寄って強い流れが生じる。横に走る川にも当然影響は出る。画面のように小舟で簡単に行き来できる川ではないと思う。また幾ら江戸時代でもあそこから「山」は見えない。知っている地名が沢山出るから気になる。ドラマとして割り切ってみればいいだけだ。

誰の何話からでも面白く見られる。歴史物語ではない。楽しい設定が沢山ある。実は秋山小兵衛の家が、私の理想の住まいなのだ。

[PR]
by zoofox | 2018-02-03 20:53 | Comments(0)