独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> waku59さん ..
by zoofox at 23:08
ワクもサックスを習った時..
by waku59 at 09:44
> princesscr..
by zoofox at 09:05
おはようございます。 ..
by princesscraft at 07:54
> waku59さん ..
by zoofox at 10:40
私もブログを始めたころは..
by waku59 at 09:56
> memmonさん あ..
by zoofox at 14:11
お食い初め、おめでとうご..
by memmon at 13:21
> memmonさん ..
by zoofox at 09:51
何もかも全部捨てるとスッ..
by memmon at 08:00

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

気になるな
at 2019-03-20 15:14
ラジオの世界
at 2019-03-20 05:52
並列年表
at 2019-03-19 06:02
特別でない春
at 2019-03-18 13:18
リコール
at 2019-03-18 08:46
旅の支度
at 2019-03-17 20:09
なんだお前かメーナード
at 2019-03-16 13:00
しばし、立ち止まり
at 2019-03-16 09:14
ラジオを買った
at 2019-03-16 05:59
近くの病院
at 2019-03-15 13:06
いい加減がいい
at 2019-03-14 06:11
棚上げ
at 2019-03-13 08:31
赤バス
at 2019-03-13 05:58
湯島天神
at 2019-03-12 06:00
月曜日の朝
at 2019-03-11 08:54
記録と記憶
at 2019-03-11 06:05
東京大空襲
at 2019-03-10 06:01
エドの新しい試み
at 2019-03-09 05:38
自分の終わりの時
at 2019-03-08 08:32
働き盛りの懐具合
at 2019-03-08 05:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

新しい家ができたが

紆余曲折が有りすぎだ。6畳が3間、風呂台所玄関とこぢんまりした木造二階建てだ。全部フローリングで各部屋にウォークインクロゼットがあり、小さなロフトもある。トイレも最新式が一階と二階にある。エアコンも床暖房もガス工事も終わった。収納場所は母屋よりも広いかもしれない。母屋の勝手口を開けると、一間の廊下があり向かい側の引き戸を開けると脱衣所前の通路に出る。マンションのモデルルームのようだ。支払いが終わり、玄関前の外構(フェンス)工事が残っているだけだ。

あまり待たされて、感激がない。狭いところで半年も生活すると、(これでいいんじゃない)という気持ちも芽生えている。家はできたがこれからのごたごたを考えると、億劫が先に来る。私は母の部屋に寝起きしていたが、私の生活ではこの6畳の三分の一ほどの空間で十分だ。母のタンスは戦時中の嫁入りだから、同じ桐でも造りが悪い。私は残したい。タンスを洗いにかけて、きちんと飾っておきたい。祖母が亡くなった後、祖母のタンスを洗いにかけた。漆をもう一度かけて、新品のようになった。父が亡くなった後、仏壇を洗いにかけた。これも綺麗になった。今度はどうかな。

私はまだ若いつもりだが、綺麗にしても「道具」がどう使われるかまでは想像できない。物に対する「想い」がどこかで断ち切られるだろう。誰が住むか知らないが、後のことを考えると、想いのこもった物は少ない方がいいのかな。とも考える。(それほどの物かな)と冷静に思ってしまう。私は、私には残す「物」はほとんどない。贅沢ではないし、骨董趣味もない。新しくできた家を前にそう考えると不思議な気持ちになる。私には定住志向と旅から旅へ歩いていた時期の二つの感覚がある。最終的にはボストンバック一つで私の大切な物は事足りてしまうだろう。

何か変な気持ちだな。大きな声で姪が「私が欲しい」と言えばやってしまうかもしれない。少子化の中で姪には継ぐべき家が別にある。この寒い時期、急がずにゆっくりゆっくり考えよう。自分でも欲が無くなったとは思っていたが、いざ物ができると余計にそれを感じる。人に貸しても売ってもいいのだが、別にお金は必要以上には欲しいと思わない。同居人も私も、「どう使おうかね」と思案している。

雨漏りから始まってできた家だ。私は大工に悪口を言っているが、他の工事屋さんは「丈夫ないい物ができましたね」と言ってくれる。「地震も心配ないです」とも言う。何で建てる気になったかは、ここには書けない理由がある。さて、寒いし当分はモデルルームでいいのかな。

by zoofox | 2018-01-29 09:29 | Comments(0)