独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
考え事
言葉
未分類

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31
先日、2日ほどまえかなぁ..
by memmon at 19:18
> memmonさん、ご..
by zoofox at 16:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

蛙の面に
at 2018-04-20 08:07
良いこと悪いこと
at 2018-04-19 08:38
飛んで火に入る夏の虫
at 2018-04-18 14:29
眼を細めて
at 2018-04-17 12:11
診察日
at 2018-04-16 23:51
子供返り
at 2018-04-16 09:32
夜中の太鼓
at 2018-04-15 13:23
馴化
at 2018-04-14 09:33
ファイト!
at 2018-04-14 09:10
シラス大根
at 2018-04-14 00:18
花嵐
at 2018-04-13 08:25
小人閑居
at 2018-04-12 23:54
保存版
at 2018-04-12 09:07
受忍の限界
at 2018-04-11 08:54
新入生
at 2018-04-10 09:00
カメラ整理
at 2018-04-09 17:30
働く人
at 2018-04-08 13:43
小西博之さん
at 2018-04-08 08:33
ネット断線?
at 2018-04-08 06:26
パワハラ
at 2018-04-07 22:44

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

できれば、一人が好き

私は一人が好きだ。何人もでワイワイと、いろんな話をするのも嫌いじゃない。だけどそれがないと生きていけないほど、人恋しくもない。外国映画で、例えば殺し屋が湖畔に別荘を持っている。どうしてそんなところに、きっちりとした工事ができたのかなどと考えてはいけない。ガラスの窓からゆっくりと暖炉を背に湖を見ている。殺し屋でなくても、金持ちでも同じような設定がある。数十マイル四方に他人の居ない空間に、近代的な別荘がある。きっとあれは作り話だな。外国人にしても「理想の別荘」はあるのだろう。ボートでしか行けないところに、どうやって建築資材を運んだのか、そんなことは気にしない。電気、ガス、水道の補給や発電機の維持だけでも大変だ。こんな設定は昔からある。

私は一時、本当に田舎暮らしをしようといろいろ調べた。現地で案内もしてもらった。私の場合は湖畔ではなく山の中だが、結論は、(ここじゃ俺は暮らせないだろうな)という予感だ。山間の地は朝が遅くて夜が早い。そこに雪が降られたら、身動きできなくなる。家の前の小さな庭で毎日食べる野菜を育てる。買い物は町まで行く。そんな生活ができなくなって空き家になった農家が畑や田圃付きでたくさんある。結局他人から離れて快適に暮らすには大変なコストがかかる。親戚が田圃を市に売り、市が造成して土地が売りに出た。当時だから多分二千万円代で新築一戸建てが手に入っただろう。そのときは同居人も乗り気だった。その親戚に話をしたら、「あそこは調整池だったからやめた方がいいよ。本当に住むんだったらもっといい土地がある」と言われてしまった。

これでは「別荘」にはならない。田舎の親戚の連絡網と監視の目は意外と行き届いている。そんな訳で「田舎暮らし」は諦めた。田舎で暮らすには体力がいる。

でも考えた。嫌でも最後は一人暮らしになる。急ぐことはない。

[PR]
by zoofox | 2017-12-05 22:45 | Comments(0)