独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01
人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

朝からビール
at 2018-05-21 09:49
いねぇぁなもの
at 2018-05-20 22:20
訃報
at 2018-05-20 09:13
30になったら私死にます
at 2018-05-18 23:07
柳行李
at 2018-05-18 11:30
そうだったのか
at 2018-05-18 08:06
証拠・証言・自白
at 2018-05-17 18:39
フィルムの中で
at 2018-05-17 12:51
午前0時の食事支度
at 2018-05-16 00:37
ペンタックスSP
at 2018-05-15 19:04
磁石
at 2018-05-15 08:25
断舎利と身辺整理
at 2018-05-14 10:21
食文化と食事文化
at 2018-05-13 08:27
恥ずかしい決意
at 2018-05-13 00:42
詮無いこと
at 2018-05-12 21:35
孤独な比較
at 2018-05-11 09:59
Abduction
at 2018-05-10 23:40
参考人
at 2018-05-10 15:08
雨の日の通学
at 2018-05-09 22:16
窮鳥
at 2018-05-09 09:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

将棋

羽生三冠と渡辺竜王の銀河戦のトーナメントを実況で見ていた。このトーナメントは「早差し」の部類に入る。長考ができないので、思わぬところで逆転がある。一応、陣を整える部分と、中盤の主導権争い、最後は詰めだ。囲碁より勝負が早い。どこから見ても楽しめる。このゲームは沢山駒を取った方が勝つとは限らない。取る予定の相手の駒も戦力のうちに入っている。勝負の中で相手の駒を取って、即、自分の戦力にするという発想は面白い。

王様がいるから戦国時代の「合戦」に例えられるが、よく見ていると、特殊部隊同士の衝突のようにも見える。駒は「人」ではなくて「武器」に見える。それも特徴を持った武器だ。飛車は「狙撃銃」、角は「曲射砲」、桂は「地雷」、歩と金銀はやっと人らしく見える。香車は突撃兵でたまに首級を上げるが大体は討ち死にだ。

将棋は終盤に入ると常に「一手違い」だ。詰めに入ると布石を打っている暇はない。自分の駒台に最低三個、歩以外の駒がないと息の根は止められない。乱戦に入る前に逃げ道を作っておかないと、自分の駒が邪魔になる。さすがに高段者同士の戦いには、(これ違うよな)と思うような隙がない。それでも、0.3手ぐらいの遅れが重なると、負けに繋がる。感想戦というのは、その間違った曲がり角を確認しているんだろうな。私だったら負けた相手の顔など、しばらく見たくないと思うのだが。勝ち誇る様子もなく、負けた卑屈さもない。

でも、面白い試合だった。

[PR]
by zoofox | 2017-09-13 13:57 | Comments(0)