独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01
人生は泡沫の夢だと気が付..
by zoofox at 15:23
かんたんのゆめ、いいです..
by memmon at 09:41
> memmonさん ..
by zoofox at 23:55
こんばんは。 テレビと..
by memmon at 20:49
> memmonさん ..
by zoofox at 12:46
おはようございます。 ..
by memmon at 10:07
memmon様 お知らせ..
by zoofox at 23:54
memmon様 その話は..
by zoofox at 22:31

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

朝からビール
at 2018-05-21 09:49
いねぇぁなもの
at 2018-05-20 22:20
訃報
at 2018-05-20 09:13
30になったら私死にます
at 2018-05-18 23:07
柳行李
at 2018-05-18 11:30
そうだったのか
at 2018-05-18 08:06
証拠・証言・自白
at 2018-05-17 18:39
フィルムの中で
at 2018-05-17 12:51
午前0時の食事支度
at 2018-05-16 00:37
ペンタックスSP
at 2018-05-15 19:04
磁石
at 2018-05-15 08:25
断舎利と身辺整理
at 2018-05-14 10:21
食文化と食事文化
at 2018-05-13 08:27
恥ずかしい決意
at 2018-05-13 00:42
詮無いこと
at 2018-05-12 21:35
孤独な比較
at 2018-05-11 09:59
Abduction
at 2018-05-10 23:40
参考人
at 2018-05-10 15:08
雨の日の通学
at 2018-05-09 22:16
窮鳥
at 2018-05-09 09:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

人生は面白い?

「人生は面白い」と言う人がいると、私は「へーそんなもんかね」と簡単には賛同しない。人間は動物だから、生まれて子孫を作って、愛する伴侶と子供や孫に取り巻かれて、時がくれば交代していく。脳みその中にはそんなプログラムが、最初から組み込まれているようだ。私はそんな平均的な人生とは違う道を歩いている。面白さの尺度も幸せの尺度も、大多数の人とは少し違うようだ。

私の周囲にも親戚にも、一度も結婚をしない人が増えている。男も女もだ。それで幸せでないかというと、そうでもない。面白くないかというと充分面白い。好奇心は何時までも絶えない。毎日、毎日知りたいことが増えている。

親戚が田舎で山を幾つか持っている。先日電話で話したときに、「山を一つくれよ」と言ったら「いいよ」と軽い返事だ。無指定の山林には、自由に家が建てられる。山小屋でも別荘でも造り放題だ。でも、小屋を作ってもそこに行く道を作り、冬は雪に閉じ込められる。電気や水道のことを考えると、とても快適な山荘生活などできるはずがない。何故集落に人が寄り添って住むのか、それしか方法がないからだ。

以前(平成の初めの頃)の夏、案内されてそんな山の中の空き家を見て回ったことがある。尾根道を走り少し開けたところに、数軒の田舎作りではない家があった。英国人やアメリカ人の年寄りが住んでいた。見晴らしのいいところだ。空き地では高齢者事業団のオジサンが草を刈っていた。こんな所でも住めるのかと驚いたが、相当の覚悟がないと暮らせない。一人暮らしのアメリカ人のお婆さんの話を聞いた。真冬には古い車で急坂を降りて町まで買い物に出てくるそうだ。今はどうなっているか知らないが、庭にブランコがあった。

学校の先生をしていた従兄弟が、定年になったら気心の知れた人と町の外れに、別宅を造る計画をしていた。先生の車で土地を見に行くと、県道を外れて少し上ったところに、平地ができていた。「○○(私の名前)、今なら一口乗せてやるぞ」と言われた。山歩きや渓流釣りの拠点にする目的らしかった。結局定年直後に先生は亡くなり、計画は他の人に引き継がれたのだろうか。

やっぱり人生は面白いんだろうな。いろんな曲がり角を曲がってみないと分からない。

[PR]
by zoofox | 2017-08-31 23:05 | Comments(0)