独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

こんにちは。 偶然..
by memmon at 10:55
> hanasdiary..
by zoofox at 08:30
SNS(ソーシャルネット..
by hanasdiary at 07:56
> hanasdiary..
by zoofox at 10:38
> hanasdiary..
by zoofox at 10:37
鏡を置いたらどうでしょう..
by hanasdiary at 09:05
> memmonさん ..
by zoofox at 14:42
おはようございます。 ..
by memmon at 09:31
> hanasdiary..
by zoofox at 08:28
いつもありがとうございま..
by hanasdiary at 05:01

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

お彼岸参り
at 2018-09-23 21:30
尾長の群れ
at 2018-09-22 10:21
樺(かんば)先生
at 2018-09-21 23:49
勘違い
at 2018-09-21 09:11
食生活
at 2018-09-20 22:15
区切り
at 2018-09-20 09:41
国民の関心
at 2018-09-19 16:12
多々益々弁ず
at 2018-09-18 09:34
外国人の受け入れ拡大に反対
at 2018-09-17 09:34
見出しに英語
at 2018-09-16 09:38
ふるさと納税
at 2018-09-15 13:24
朝5時の町
at 2018-09-15 06:16
鬱な日
at 2018-09-14 17:00
ロシア人の考え方
at 2018-09-13 15:43
アメリカ人の常識
at 2018-09-13 09:39
少子高齢化の嘘
at 2018-09-12 09:16
生活の節目
at 2018-09-11 14:58
at 2018-09-10 23:47
できる人がやればいい
at 2018-09-10 09:05
朝一番のニュース
at 2018-09-09 06:38

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

エドの秘境生活 S2 ①~⑥

ゴビ砂漠から始まったシーズン2は、何かランダムに進んでいる気がする。長くなりますが、バラバラにしていたものをまとめます。
ディスカバリーチャンネルで、「ザ・エドの秘境生活 S2」というタイトルがあったので録画しておいた。「エド・スタンフォードです」と最初に言うから彼の企画なのだろう。大分前から新シリーズのアナウンスはあったが、これがそうなのかは分からない。

①今回は、ウランバートルから中国国境のゴビ砂漠まで行って車から降ろされる。何しろ再放送が多い局なので、見る方は大変だ。「S2」と書いてあるから、シーズン2だと思いたい。何しろいい加減というか、あまり気を使わない番組構成には変わりない。
最初の秘境生活と違うのは、半ズボンを履いていることだけだ。今回は厳しそうだ。砂漠の真ん中で何もない。持ち物はカメラと救急キットと衛星電話が入った、大きなバックだけだ。彼の目的は、その土地で生活が出来る基本的なものを、現地調達できるか否かだ。「水、食料、基地」の三つだ。10日間生活して、ピンピンしていればもっと長期間生活できる、という考えらしい。言葉の端に(最悪でも10日は生きられる)という自信が垣間見える。

どうするかと思っていたら、遠くに見える山場を目指した。多分草の配置を見ながら、岩石が下地なら、土があり、植物があり水があり、それを目当ての小動物もいると最初に見極めたらしい。密林と違って、バッタや蛇のような蛋白源もすぐには見付からない。ようやく水の貯まっている場所を見つけた。そのまま顔を突っ込んでごくごく飲んでいる。(これで下痢したことがあったな)、と思ったが、湿地帯と違って砂漠は細菌やダニも大丈夫らしい。同時に草原と熊の足跡や糞を見つけている。草の根や、ブルーべーリーのような木の実も手に入れた。日陰を見つけ、火をおこし、ここを基地とする。偶然「ハリネズミ」を見つけて、蒸し焼きにして食べる。朝早く起きて「トカゲ」を数匹見つけ、木の枝に刺して焼いて食べる。最後は「袋ネズミ」を3匹、煙でいぶして捕まえ、やはり蒸し焼きにする。今回のキーは缶詰の空き缶を見つけたことだ。水も運べれば、火にかけて「お茶」も飲める。
これが、シーズン2だとすると、新しい知恵はほとんどないが、より厳しい場所を選別して出発点にしているようだ。他の同種の番組と違うのは、喜怒哀楽を捨てて、冷静に周囲を見ていることと、「ここで住み続けられるか」という隠しテーマがあることだ。得意の、「Yes、Yes、Yes!」は今回でなかったが、ハリネズミを見つけた時は嬉しそうだった。
私は、「やらせ」はないと思いたい。でも、缶詰の空き缶が怪しいな。次回はいつだか分からない。

②は「グアテマラ」の密林で、淡水湖(?)を発見する。緑の湖の真ん中には、ワニの影が見える。タランチュラを焼いて食べたのはびっくりだが、蟹の仲間だから美味しいことは美味しいのだろう。梁を編んで大きなナマズを捕まえている。この回では得意の「石のナイフ」は出てこない。湖のすぐ側に穴を掘って、そこの水を飲んでいる。今シーズンは水を湧かすシーンが少ないが、エドの胃袋は細菌にも勝つのだろうか。

③は「ナミビア」の草原だ。今回は食糧確保に苦労している。いくらエドでも、素手で「イボイノシシ」は捕まえられない。一頭捕まえれば、一月は食べられそうだ。小さな魚と鳥で空腹を満たすが、最後に陸亀を捕まえた。これは美味しそうだ。

④は「パタゴニア」だ。暑くて寒い。ここでは苦労している。日焼けに緊急避難でシャツを着ている。オタマジャクシは不味いらしい。イワナのような魚で飢えをしのぐ。

⑤は今度はフィリピン、無人島での生活だ。エドも最初の「無人島生活60日」には深い思い入れがあるようだ。小さな綺麗な島である。初っぱなから右膝上の太股を腫らして苦戦である。電話で医者に指示を仰ぎ、抗生物質でしのいだ。椰子の実が最初の水分補給、島は漂流物が多い。ガラスの瓶と釘で底を抜いて、凸レンズを作る。今回はこれで火を熾した。レンズにもナイフにも使える。細い水路の奥にはもう一つのラグーンがあった。ここには「ウニ」が群生している。生ウニを食べていた。雨水を見つけて、ペットボトルで濾過して煮沸して飲んでいた。漁網を見つけたり道具は多いのだが、今ひとつ獲物が捕りにくい。エドに10日は短すぎる様だ。(2016.10.06)

⑥今回はノルウエーのフィヨルドがテーマだ。エドは熱帯雨林が得意だ。雪の山頂から川の縁までおりていく。長靴に防寒着、毛皮の帽子も被っている。新しい試みだ。だけど果たして食べ物がいるのかな、と心配になる。エドは地衣類に目を付けた。苔を絞って水分補給をする。小動物は姿も形跡も見えない。樹木は枝の少ない白樺系でどうするかと見ていたら、川辺で鉄製のフックを見つけて、鉄分の多い石と打ち合わせて火種を作った。細い木を根元から折って、三角の掛小屋を作り、枝の上に苔を敷いて寝床を作る。食物は木の実少々と、虫。ここまでで半分費やしている。最後は海岸に出て、ムール貝の大軍とアオサと見つける。これだけ貝があれば一と月は大丈夫そうだ。寒くて湿気の多いところは、難しい。魚が捕れそうだが、道具がない。あっという間に終わりだ。ご苦労さん。(2016.10.15)


今シーズンは、もう一つドラマがない。住みやすい土地では10日(正味9日)は短かすぎる。反対にモンゴルやパタゴニアでは、生活の工夫をカメラに説明する余裕もない。私の予想では、エド・スタンフォードがほとんど単独で計画を立て、行き当たりばったりのような気がする。独立したのだろうか。もうすこし事前にロケハンをして、弓矢や落とし穴で動物を捕まえ、「生活」をする様子を盛り込んだ方がいいと思う。ちょっとマンネリを感じる。ヌードから始まらないなら、せめてナイフと靴を身につければ、もっと幅広い活動が可能だろう。趣向を変えて「特殊部隊」が持つ様々なサバイバル用品を実際に使って、生活してみせるのもいいと思う。

まあ、やる人は大変だが、テレビ観客は贅沢だ。

[PR]
by zoofox | 2016-10-15 09:50 | テレビの話 | Comments(0)