人気ブログランキング |


独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
気になること
政治
車の話
テレビの話
身の回りのこと
戦争
子供時代
思い出
若い日
カメラと写真
言葉
自分のこと
考えること
ニュース
計画&希望
テレビとラジオ
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> s_achiさん ..
by zoofox at 15:31
遠い昔の夏の日に 涼し..
by s_achi at 10:14
ありがとうございます。プ..
by zoofox at 22:30
イイネをありがとうござい..
by s_achi at 20:00
> s_achiさん ..
by zoofox at 07:35
なるほど! ワタシも、..
by s_achi at 06:37
> kazematic-..
by zoofox at 20:41
いつも拝見しております。..
by kazematic-night at 16:23
> waku59さん ..
by zoofox at 20:38
女性が手を前に重ねてのお..
by waku59 at 10:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヤスデとウスバカゲロウ
at 2019-06-25 06:04
先駆者
at 2019-06-24 08:54
言い訳
at 2019-06-24 06:02
おさぼり
at 2019-06-23 05:55
いい顔
at 2019-06-22 06:02
「イズム」が欲しい
at 2019-06-21 10:11
水掻き
at 2019-06-21 06:06
歯が捻挫
at 2019-06-20 06:00
実行されない国連の勧告
at 2019-06-19 23:25
撓(たわ)められた心
at 2019-06-19 06:10
今度は3000万円
at 2019-06-18 07:59
久しぶりの運転
at 2019-06-18 06:05
父の日プレゼント
at 2019-06-17 05:55
気になる言葉
at 2019-06-16 07:34
はがき
at 2019-06-15 06:01
けがの功名
at 2019-06-14 10:21
村田英雄
at 2019-06-14 09:57
退行催眠
at 2019-06-14 05:08
ラテックスの手袋
at 2019-06-13 06:02
消えた年金再び
at 2019-06-13 06:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

選択

これは仮の話である。可能かどうかは分からない話だ。

私は介護保険を辞退する。私は認知症にはならない。介護保険ができて、たくさんの小さな事業所ができ、今は幾つかの大手の寡占状態になっている。当初の発想には、「失業対策事業」という意味合いもあったのかも知れないが、遅滞なく一定の報酬が得られる事業を、資本力のある企業が見逃すはずはない。事業所の寡占化はそこに働く人達の低賃金化を促し、当初は地域の小さな善意が従事するはずだった介護業務が、厳しい労働の場となっている。従事者が居着かないから外国から労働者を入れる考えまである。このシステムができて何か良いことがあっただろうか。私の母はケアマネージャーを呼んだら、最初に勧められたのは家の改造だ。必要のない工事を勧められて、ここに活路を見いだしているケアマネの連れてきた工務店に、何十万も支払うことになった。今考えると無用の出費だった。工務店も医療器具業者も介護事業者自体も、この保険制度を利用して営業している。被介護者のための制度ではなかったのだ。病院に高齢者が集まるから、看護と介護を切り離す意味でできた制度だが、その病院が介護病棟を造っている。

介護保険料変更の報道がある。ここにも「取れる時に取れるだけ取ろう」という行政の意識が見える。一番人数の多い時に天引きで、しかも今後は「資産」も計算に入れて、保険料を決めるという。現金がなくても親から相続した家があれば、保険料が高くなる。しかも一生介護保険を使わなくてもだ。しかもこの保険金は払った私達のためにだけ使われるのではなく、将来の施設準備や周辺業者の儲けに吸い取られる。平等そうに見えて一番不平等だ。だから私は認知症にならない。病気にはなるかも知れないが、認知症だけにはならない。父も母も祖母も祖父も認知症になった者はいない。

妻が夫を世話し、夫が妻を世話し、子供が親を看る。日本が長い間行ってきたことを継承すれば良いだけの話だ。面倒を見てくれる人のいない私のような者は、それなりにのたれ死ねばいい。
介護保険は当初の目的を離れ「事業」になってしまった。国と地方公共団体が消費税の中で面倒見ればいい話だ。もともと消費税は「福祉目的税」だったはずだ。

by zoofox | 2015-06-24 08:44 | Comments(0)