独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

> memmonさん ..
by zoofox at 10:07
おはようございます。 ..
by memmon at 08:59
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:46
白鵬やっぱりしでかし続け..
by 匿名 at 13:25
おはようございます。 ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。そう..
by memmon at 06:55
> memmonさん ..
by zoofox at 22:34
こんばんは。 あれ? ..
by memmon at 19:33
> memmonさん ..
by zoofox at 09:35
おはようございます。眠れ..
by memmon at 07:43

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

目覚め
at 2017-12-14 08:53
定例の飲み会
at 2017-12-13 22:25
年収850万円
at 2017-12-13 08:41
雀(独り言)
at 2017-12-12 15:03
小泉進次郞
at 2017-12-12 08:45
豚の角煮
at 2017-12-11 19:02
残された習慣
at 2017-12-09 22:56
人の生き方それぞれ
at 2017-12-09 09:06
寒がり
at 2017-12-08 20:41
まあ、何とニュースの多い月だ
at 2017-12-08 09:30
北朝鮮の木造船
at 2017-12-07 10:07
楽しいことを考えよう
at 2017-12-06 22:31
父の形見
at 2017-12-06 11:27
羽生さんおめでとう
at 2017-12-06 09:02
できれば、一人が好き
at 2017-12-05 22:45
忘れていた誕生日
at 2017-12-05 17:14
ふくら雀
at 2017-12-05 08:35
最近、本読んでないな
at 2017-12-04 22:59
柔道
at 2017-12-03 19:23
新しい習慣
at 2017-12-03 19:04

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2017年 11月 ( 49 )   > この月の画像一覧

減量は危ない

寝る前だが最近いつも腹が減っている。

9月の21日から始まった。実際の食事制限は栄養指導を受けてからだから、10月の23日から、血液検査の結果を見ながら、はじめは蛋白質、今月は塩分と少し方向が変わった。その前から炭水化物の制限は自主的に行っていた。自分の血液検査の数値を比較してみると、野菜食に変えてから、カリウム値が増えている。素人は無茶をする。炭水化物と蛋白質と塩分に加えてカリウム制限も視野に入れた。実際もう食べるものがなくなる。「この素人療法は危ないな」、と自分でも思っている。栄養指導では各食材の目方を測って写真を撮ったのは何の資料にもならなかった。今一番きつい縛りは「一日塩分6g」だ。体重は9月から約5Kg減った。風袋があるから実際は4Kgぐらいだろう。最終目標は私の身長ではあと10Kgぐらい落とさなければならない。塩分はどこにでもある。

一日6gというと一食2gの勘定だ。ラーメンやカツ丼はもう一生食べられない。鍋風スープも野菜をゆでこぼしてカリウムを落とす。醤油は食卓から消えた。大好きな刺身も危ない。減量が目的ではないが、そんな食事をしている、ゆっくり体重は落ちる。血圧も下がる。グルコースもHbA1cもコレステロールも標準を下回る。肝臓の数値は軒並み正常だ。

ウエストは85cmのズボンにシャツをたくし込んでも十分着られるようになった。食わなければ体重は落ちる。しかし、この方法は危ない。前に一度経験がある。もう半月もすると、「食事意欲」がなくなる。ここまで行くと拒食症に近い。今は、一日以前の一食分で過ごしても、日常生活には差し支えない。体重はどんどん下がる。どこかで目的が入れ替わってしまう。デブな人間は案外食べなくても行動できる。だから余計危ない。私の場合は体液のバランスを崩さないように、尿素窒素の監視も必要だ。検査間隔を狭めるか、一度入院して適正量を頭にたたき込まないと、体の耐性(免疫)がやられる。

管理栄養士になるのは大変だ。ようやく同居人が、「たまにはパーッと好きなもの食べなきゃだめだよ」と言い出した。エネルギー補給のために、ウイスキーを数センチずつ飲んでいる。水は大量に飲む。前回危機を脱したのはブランデーだった。さあ、今回は医者も栄養士もついているのだから、何とか安全に着地しなくちゃ。面倒な病気だな。

[PR]
by zoofox | 2017-11-30 23:04 | Comments(2)

朝日のあるうちに

今日は朝食の後、近所の銀杏を見て回りまわりました。

c0366973_20025950.jpg
田丸神社は日当たりによって色が違います。

c0366973_20040729.jpg
これは長浦神社の手水。

c0366973_20062449.jpg
c0366973_20050760.jpg
最後の二枚は香取神社です。
東京の都心部は未だに銀杏の並木が残っていますが、我が方は大体神社に限られます。場所によって日当たりによって少しずつ色が違います。好きなんだな~、この金色。どかんと大きな銀杏が真っ黄色に紅葉していると思わずみとれてしまいますが、写真を撮ろうと思うと電線が邪魔をします。しょうがないですね。

[PR]
by zoofox | 2017-11-29 20:20 | Comments(0)

断じて容認できない

この言葉は一定の場所から、条件反射的に発信される。容認とは「よいと認めて許すこと」だそうだ。それができないということは、「よいことではない」と「許すことができない」が一緒になった二重の否定で非常に強い意味を持つ。

私は政治を行うものではないし、日本を背負って責任を負うものでもない。言葉や約束を知らん顔して破る人たちから、こんな言葉が出ても、「これ、相手に伝わっているのかな」と不思議に思う。日本人にだけ通じる言葉で他国の行為を責めても、相手は痛くも痒くもない。政治家の発する言葉の重さを、軽くしているのは誰だ。

かといって、この国は報復攻撃をしない、戦争を行わない国だ。「許す」、「認める」、「無視する」もうひとつは、「忘れる」という選択しか現実にはできない。この袋小路を「容認」できないんだろうな。

容認できないという言葉を連発するのと、レーダー派を浴びせられたら攻撃と見なして報復するのとどちらがいいのか、今、私には俄に判断できない。

[PR]
by zoofox | 2017-11-29 08:05 | Comments(0)

季節の変わり目

すっかり、朝食後玄関前で過ごすのが習慣になった。今日は「鉛色」の空、登校する子供たちも一枚厚着をしている。小学生でもコートや厚めのジャケットを羽織ると、少し大きくなったように見える。

私の家は昔風で、壁と道路の境に1m程の小道がある。玄関から裏の庭につながっている。周囲に新しい家でこんな贅沢な土地の使い方をしている家は少ない。みんな壁が直接道路に面して、外界との境になっている。私が子供の頃は木の塀で、ここに自転車を入れておいた。今は、桜の葉が散って小さな紅葉を見せてくれている。
c0366973_08243538.jpg
綺麗と見るか、「掃除ぐらいしろよ」と言われるか、こんなところに載せる映像ではないが、この八重桜が、新芽を見せ、若葉を見せ、満開の花を見せ、夏の日陰を作り、今は静かにいろいろな色に染まりながら散っていく。小さな空間で精一杯私達や道を通る人を楽しませようとしているように感じる。

冬が近いんだな、と思う。
日馬富士の暴行事件を毎日報道し、予算委員会では約束した「丁寧な説明」などどこ吹く風だ。誰に教えられることもなく、一年を着実に全うしていく植物たちに頭が下がる気がする。正直に生きよう。残された時間は案外少ない。考え方によってはとても長い。一瞬の中に全てがあり、全ては一瞬だ。

[PR]
by zoofox | 2017-11-28 08:38 | Comments(0)

三温四寒

こんな言葉はないが、温かい日と寒い日が混じってだんだん冬が近づいている。車好きが体の事情で長距離旅行ができない。悔しいなと思うこともある。

車の「あおり」運転が社会的な問題になっている。多分問題にしている人は、高速で日常的に走ったことのない人だ。あおり運転を擁護するつもりはないが、誰かがマナーを守らないと原因ができることがある。法律遵守と通常走行に「差」があることが原因だろう。

長く続いた左側の車列を追い越そうと、右側の追い越し車線に入る。その途中で後ろからもっと速い車がくる。あおられようがパッシングされようが、私は自分の速度で追い越して、左車線に戻る。後ろの車が要求するように、瞬時に道を譲ることができない場合がある。普通はそれですむ。嫌がらせで左車線の私の車の前に割り込んできたら、じっと法定速度で走るか、瞬時に頭のギアを切り替えて、自分の出せる最高速度で追い抜いて走り続けるかだ。オービスのない区間で150Kmで走り続ければ、高価な外車のほかには、追いつき追い越す車は少なかった。(まあ、昔はそうだった)。今は普通の車でもアクセルさえ踏めばリミットまで走る。結論は「危ない車」は感覚的に分かるものだ。喧嘩する気力のない時や面倒くさいときは、関わらないのが一番。道路上で止めたり、ドアの鍵を開けておいてはいけない。

そんな走り方で、有料道路を降りてすぐ、私の車を追い越して覆面パトカーに追尾された車を、箱根で見た。一歩間違えば私が捕まるところだった。今は法定速度プラスアルファ以内で走る。アルファは1割か2割ぐらいまでだろう。私は東京に帰るとき深夜に走ることが多かった。午前3時頃に出発して、朝7時ぐらいに家に着く。周りは「働く車」ばかりだ。働く車はほとんどが優しい安定した運転をする。山梨県境で暴走族の一団に取り囲まれたことがある。彼らの出動時間と私の帰郷時間が重なったからだろう。彼らも、さすがに白いライトバンには嫌がらせはしなかった。しばらく東京方面へ並行して走った。昔話だ。

あおりとクラクションがある。私の家の前は信号だから、出遅れた車に後ろから鳴らすクラクションが聞こえることがある。これは「言葉」だ。「ビビー」と鳴らすか「プッ」と鳴らすかで、それこそ喧嘩になる。私は前の車が信号の変わり目に気がつかなくても、クラクションは鳴らさない。別に急ぐ旅じゃない。

[PR]
by zoofox | 2017-11-27 08:47 | Comments(0)

歌の力

私はテレビはここに書くほどは見ていない。ソニーのTV音声も入るポケットラジオでニュースなどを聞いている。

最近注目しているのは。かなり前からやっているカラオケ点数に挑戦する番組と、もう一つは、カラオケプラス審査員の評がつく二つの番組だ。前者は単に歌の正確さと音の揺らぎなどを加点として機械が計算する。後者の番組は、アメリカの全米を回るオーディション番組の変形のような気がする。音楽関係者もオブザーバーとして見ていて、歌手としての道も開けているという。

アメリカの番組も時間があると見ていたが、これは大きな力強い声を持つ人が最後は勝つ。そして歌手になって後輩のステージのゲストで出てくる。(まあ、外人の歌だからな)と思っていた。審査員が「感動した」という意味が分からない場合が多い。

形は違うが同じような内容だ。日本の番組で歌われる歌は私の知らない曲ばかりだ。審査員が目に涙を浮かべながら「感動した」とコメントするのに、私の心にはちっとも響いてこない。ポップスでもバラードでもない。かといってクラシックの発声でもない。きれいな声で、広い音域を一杯に使ってカラオケを歌っても、(すごい声が出るな)とは感心するが、感動はしない。審査員の言うような素晴らしさを感じられない。どうしてかな、と思っていてひとつ気がついた。「リズム」が表に出ていない。声を張りすぎて強弱が少ない。アメリカ人だったら「カレン・カーペンター」日本人だったら、「山口百恵」のような強弱の表現ができない。つまり、自分の歌に酔って観客に聞かせる部分が置き去りにされている。

これから歌手になりたいという人と、完成した歌手を比べるのは不公平だが、どこかに、カラオケとは違う「片鱗」があればな、と思っている。

[PR]
by zoofox | 2017-11-26 23:27 | Comments(0)

言葉を正確に

日曜の朝はニュース系のワイドショーが続く。まだまだ相撲の話だ。(もうどうでもいいんじゃないの)と相撲ファンとしてはうんざりしている。わざわざことを大きくしようとモンゴルから飛んでくる人もいる。私の嫌いな、又聞きの又聞きが、ニュースとして流れる。間に憶測が入る。何度も書くけれど、大相撲が「スポーツ」や「国技」だと信じている人は少ないだろう。大相撲は、歌舞伎と似て「興行」なのだ。役者が裏でけんかしようが仲良くしようが、舞台でお客さんを満足させて、「入場料は高くなかったな」と思ってもらうことが一番だ。デブの裸男が尻を丸出しにして取り組む。冷静に考えると異様なところもあるが、長い伝統とはそんな部分も含んでいる。

司会者が「貴の花部屋では前の親方の指導方法が、しゅうとうされている」と話していた。もちろん「踏襲」の間違いだが、芸能人の司会者の無知をあげつらう気持ちはない。私も昔うろ覚えの言葉で間違いを指摘されたことがある。特にカタカナ語を使うときには気をつけて、なるべく使わないで自分の識っている範囲の言葉を使うようにしている。広辞苑で見ると「とうしゅう」とある。(あれ、「としゅう」とも言わなかったかな)と疑問が増えた。きっと何かの単語と間違えている。

同じく広辞苑では「興行」の意味として、「客を集め入場料を取って演劇・音楽・相撲・映画・見世物などを催すこと」とある。広辞苑が何でも正しいとは思わないが、大相撲興行はそんな意味だ。「国技」でもないし「スポーツ」でもない。もちろん学生相撲や素人の相撲大会はスポーツの分類だろう。興行を催す日本相撲協会が公益財団法人だという意味がもう一つ分からないのだが。

[PR]
by zoofox | 2017-11-26 08:52 | Comments(0)

私は自分の「管理栄養士」になる

今日はお酒を飲んできた。ビールを三杯、日本酒少々、次は怖くていけなかった。蛋白質と脂肪制限は今のところストレートではないので、塩分だけには気をつけた。「カキフライ」は何もつけなくてもうまい。焼き鳥は最初から塩が振ってある。今日は朝昼、私の計算では3g程度の塩分摂取だ。飲み会で酔わなければ制御できる。家に帰って酒と同じ量の水分を摂る。私の計算では制限のぎりぎりに入っているはずだ。(そんなに神経質にならなくてもいいだろう)という声が常に私の内部にもある。反面、私が諦めたら、緩慢な死が口を開けて待っている。そこに知りながらはまるのはプライドが許さない。私の意地だ。

8時前に明日の食事の一部を準備する。1Lの水に、だし、小匙一杯弱の塩。この約0.5%という味にいやでもこれから慣れなければならない。だしに使った「ホタテ」にも「シャウエッセン」にも塩分は入っている。野菜をたくさん入れた実だくさんの「汁」を6回か8回で食べる。

制限はないとはいえ、蛋白質にも炭水化物にも、脂肪にも気を配る。カリウム値が少し上がっている。野菜が多いからだろう。

酒の冷めかけた台所で、(何でこんなことしているんだろう)と思う。こればかりは誰も助けてくれない。自分で自分を助けるより仕方ない。因果な病気だなと思う。食べることが一番好きなのに、自由に食べられない。

まあ、自分の命は自分で守るしかない。慈恵医大の幹細胞からの腎臓作成はとても私には間に合わない。

[PR]
by zoofox | 2017-11-25 20:45 | Comments(0)

本気になれば見つかる

日頃から面倒で、セットアップしてそのまま使っていたノートパソコンを「昔の自分風」にセットアップし直した。CDやFDは家庭内移動の時にみんな処分してしまった。その残り滓が、外付けのポータブルHDの中にそっくり入っている。ここに入っていないソフトやデータは一度「これはいらない」と判断したものだろう。

一太郎もロータスも、よく使っていた写真編集のソフトもまだ使える。反対にOSではじかれたソフトもある。後はFONTを選んで登録するだけだ。使いやすい10数年前の年賀状ソフトも見つけて入れた。覿面に使いよくなった。社内にパソコンが増えて、どこからでも社内サーバーに接続して仕事をするようになった頃から、このこだわりを忘れていた。メールは全部WEBメールにした。いちいちパソコンにダウンロードする必要はない。いるものだけ取り込む。

この拘りがあるから私なのだ。エクセルやワードは本音を言えば「新参者」で、日本人には使いにくい。世界共通の「英語」のようなもので、日本語を扱うときは日本語ワープロが使いやすい。まあ、一太郎で残しておけば、今の時代それだけで「暗号化」してあるようなものだ。読める人は少ない。

昔のデータも、とんでもないところに埋もれていた。健康記録のワークシートも見つけたが、いろいろ計算が入っているが、使いにくい。記録のたびにいちいちパソコンを起動するのもどうかと思う。最後はやはり「手書き」の記録に勝るものはない。

とんでもないものも見つかった。ビルの概要や賃貸床の面積、賃料等を記入すると、補助金や建築基準法上のチェック、借り入れ返済、税金まで、概算が計算できるワークシートがある。専門家の先生と相談しながら作った。100%とはいえないが、80%ぐらいの信頼性はある。でも、今は制度が変わってもう使えない。(昔は暇だったんだな)と思うが、教科書のない仕事だった。若い自分がそこにいる。

当時からパソコンに向かっていれば「仕事をしている」と見られる風潮が社内にできたが、私は知っている。そんな仕事はほとんどが無駄な仕事だ。今の政治もきっと、政治家がどぶ板を回ってくみ上げた国民の声より、若い官僚が机の前でパソコン相手に作った、資料や文章が幅をきかせているんだろうな。

[PR]
by zoofox | 2017-11-25 09:14 | Comments(0)

久しぶりのATOK

日本語入力はいちいち設定するのが面倒で、OFFICEに着いていたIMEを利用していた。この変換には何時まで経っても慣れない。私はパソコンを使いだした最初から「一太郎」だし、「ATOK」だった。使いこむうちに、だんだんと登録単語や私の癖が反映して使いやすくなった。今の(といってもかなり古いが)ATOKは、一気に打ち込んで、さあ変換しろというと、ほとんど間違いなく変換してくれる。昔使った登録単語辞書を見つけて、単語と用法を登録した。まあ、何でこんなにラクチンなんだろう。今まで何年もちょっとした手間を省いて不便な思いをしていた。

今でも「ジャストシステム」と「一太郎」は健在なのだろうか。どこかに身売りしたと聞いたことがあるが。

ほんのちょっとしたことが、快適さを増す。いろんなところにある事柄だ。もちろん、最近の単語や固有名詞はいちいち覚えさせないといけない。これがちょっとだけ面倒だ。

c0366973_21503574.jpg
先日の管理栄養士との約束(宿題)で、毎日同じ時間(一番血圧が高いといわれる起きてすぐ)に血圧を測ることになった。探せば幾つもあるのだが、近所で買ってきた。「LOTUS123」で、30年も前に高血圧を指摘された時に、表を作って毎日記録していた時期がある。その時のフォーマットを探しているうちに、ATOKを見つけた。それでATOKなのだ。123の血圧フォーマットはとうとう見つからない。

[PR]
by zoofox | 2017-11-24 21:59 | Comments(0)