独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by zoofox at 14:10
頑張ってきてくださいね。
by memmon at 07:56
はい、良い夢を見させてい..
by zoofox at 23:46
いやいや、全然気分は悪く..
by memmon at 22:56
memmon様 そ..
by zoofox at 22:33
zoofoxさま、おはよ..
by memmon at 10:40
zoofoxさま、コメン..
by memmon at 15:15
zoofoxさま。この状..
by memmon at 14:26
はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

天気予報
at 2017-10-23 08:25
朝鮮戦争
at 2017-10-23 00:23
童謡の中に
at 2017-10-22 21:25
選挙、期待しちゃいないけど
at 2017-10-22 07:00
久し振りでお酒を飲んだ
at 2017-10-22 00:18
和暦、西暦?
at 2017-10-21 11:37
女流王将戦
at 2017-10-20 08:49
期日前投票
at 2017-10-19 21:02
心の鏡
at 2017-10-19 08:10
Green Gables
at 2017-10-18 22:11
環境に左右されながら
at 2017-10-18 09:14
元気回復
at 2017-10-17 10:52
頭が寒い
at 2017-10-17 09:20
47年ぶりの寒さ
at 2017-10-16 23:01
やっと復帰した
at 2017-10-15 14:29
人間が本当のことしか言えなく..
at 2017-10-15 08:55
パソコンのこと
at 2017-10-14 09:20
今日は寒いな
at 2017-10-13 14:31
今は昔
at 2017-10-13 08:32
ボールペン
at 2017-10-12 21:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2017年 08月 ( 50 )   > この月の画像一覧

人生は面白い?

「人生は面白い」と言う人がいると、私は「へーそんなもんかね」と簡単には賛同しない。人間は動物だから、生まれて子孫を作って、愛する伴侶と子供や孫に取り巻かれて、時がくれば交代していく。脳みその中にはそんなプログラムが、最初から組み込まれているようだ。私はそんな平均的な人生とは違う道を歩いている。面白さの尺度も幸せの尺度も、大多数の人とは少し違うようだ。

私の周囲にも親戚にも、一度も結婚をしない人が増えている。男も女もだ。それで幸せでないかというと、そうでもない。面白くないかというと充分面白い。好奇心は何時までも絶えない。毎日、毎日知りたいことが増えている。

親戚が田舎で山を幾つか持っている。先日電話で話したときに、「山を一つくれよ」と言ったら「いいよ」と軽い返事だ。無指定の山林には、自由に家が建てられる。山小屋でも別荘でも造り放題だ。でも、小屋を作ってもそこに行く道を作り、冬は雪に閉じ込められる。電気や水道のことを考えると、とても快適な山荘生活などできるはずがない。何故集落に人が寄り添って住むのか、それしか方法がないからだ。

以前(平成の初めの頃)の夏、案内されてそんな山の中の空き家を見て回ったことがある。尾根道を走り少し開けたところに、数軒の田舎作りではない家があった。英国人やアメリカ人の年寄りが住んでいた。見晴らしのいいところだ。空き地では高齢者事業団のオジサンが草を刈っていた。こんな所でも住めるのかと驚いたが、相当の覚悟がないと暮らせない。一人暮らしのアメリカ人のお婆さんの話を聞いた。真冬には古い車で急坂を降りて町まで買い物に出てくるそうだ。今はどうなっているか知らないが、庭にブランコがあった。

学校の先生をしていた従兄弟が、定年になったら気心の知れた人と町の外れに、別宅を造る計画をしていた。先生の車で土地を見に行くと、県道を外れて少し上ったところに、平地ができていた。「○○(私の名前)、今なら一口乗せてやるぞ」と言われた。山歩きや渓流釣りの拠点にする目的らしかった。結局定年直後に先生は亡くなり、計画は他の人に引き継がれたのだろうか。

やっぱり人生は面白いんだろうな。いろんな曲がり角を曲がってみないと分からない。

[PR]
by zoofox | 2017-08-31 23:05 | Comments(0)

自転車通学

子供を乗せたママチャリは、小雨の中重装備だ。子供はすっぽりビニールの袋に収まり、母親は雨合羽だ。(こんな日は保育園を休めばいいのに)と思う。中に傘を差して悠々と走る若い人がいる。

私は高校三年間、自転車通学だった。電車に乗る進学校より自転車で行ける学校を選んだ。家から2Km超、歩くにはちょっと遠いが歩けないことはない。乏しい家計費の中から自転車を買ってもらって、毎日自転車で通った。当時のママチャリである。8時30分からの授業に、家を出るのは20分前後だったと思う。東武線と京成線の二つの踏切次第だが、遅刻した記憶はない。自転車は道路の左端を通る規則だった。今と同じだ。明治通りを車と並んでほぼ同じ速度で走った。

雨の日は当然傘を差して走った。右手に傘、左手のブレーキは後輪に効く。子供の平衡感覚は大人とは比べものにならない。それで目一杯こぎ続けて学校に着く。(良くあんなことが平気でできたな)と今なら思う。手放し運転も普通の行動だった。背中を直立させて走る自転車は、安定が良かったのかもしれない。

もう一度自転車に戻るのは、一つ目の会社を辞めて入った会社の、徒歩圏内の事務所が新築のビルに移ってからだ。自分の金で自転車を買ったが、当時働いていた父親が、「新しい自転車は、お父さんの会社なら雨に濡れないでしまっておけるから、乗ってあげるよ」と、さっさと自分用にした。父は亡くなるまでこの自転車を愛用していた。その後私は、会社近くの自転車屋で新発売の青いT字ハンドルのブリジストンを買った。この自転車は今でも乗っている。この自転車は傘が差せない。前屈みの姿勢では無理だった。この頃から原チャリとの併用が始まる。

原チャリは酒を飲んだら乗れないが、自転車は平気だった。会社の地下には青い自転車が何時も置いてあった。本当に酔っ払うと自転車も乗れなくなる。そんな時代があったなあ。

[PR]
by zoofox | 2017-08-31 08:50 | Comments(0)

ミサイル

今日もニュースは北朝鮮一色だ。(まだほかにも重要なことがあるんじゃないの)と思ってしまう。

私がミサイル攻撃を初めて意識したのは、イラクからシリア、ヨルダンを越えてイスラエルをスカッドミサイルが攻撃した頃だ。(似てるな)と感じる。似ているのはイスラエルと北朝鮮だ。国の成り立ちが似ている。重複する部分もあると思うが、今回のミサイル問題は日本の問題ではない。日本が降伏した後1948年、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)と韓国(大韓民国)が生まれた。その2年後に朝鮮戦争が始まった。当初は朝鮮半島はソ連、アメリカの鞘当ての場になった。その後は独立した中共とアメリカ(国連軍)の争いになる。1953年に、停戦になったままだ。イスラエルは第一次大戦後、ユダヤ人のパレスチナ入植が始まり、1948年イギリスから独立した。背後にはイギリスとアメリカがいる。

無条件降伏をし、何十万人もの難民を受け入れている日本が、今更北朝鮮に恨まれる理由はない。長い間日本は隠れたスポンサーだった。

そんなイスラエルと北朝鮮が「核兵器」を大きな武器だと考える理由は分かるが、核兵器を持つということは、小さな国土が報復攻撃を受けたら一体どんな状況になるのか、想像力が欠如しているのは不幸だ。今や原爆は「共倒れ兵器」であり「強力な抑止力」とは考え難い。

アメリカのSF映画には、世界的な核戦争や細菌兵器で地球が荒廃し、そこから立ち上がるテーマが多い。相手は最初はソ連であり、今はアラブのテロだ。ロシアもチェルノブイリを抱えている。二つの核大国が核を手放さない限り、終わりは見えない。


[PR]
by zoofox | 2017-08-30 21:05 | Comments(0)

厳重な抗議

テレビを点けて驚いた。画面の左下に黒バックの警告文字がどの局でも映っている。北朝鮮のミサイルが日本上空を飛び越えて「襟裳岬先1180Km」に着水した、というニュースだ。官房長官や首相の談話は、「深刻かつ重大な脅威であり、誠に遺憾に思う、厳重に抗議する、日本としては容認できない、国民の命を守る」、と何時もの通りだ。大きなスライダーで、韓米の合同演習を横目に見ながら、韓国を直接攻撃もできず、かといってグアム島周辺にミサイルを撃つこともできない。予想された方法だ。「日本は何をしても口だけだ」と見切られている。あっという間のことで、ご自慢のパック3も発射できなかったらしい。もちろん日本に直接ミサイルを落とすことなど考えていないだろう。

私は自民党には厳しいが、今、日本ができるのはこの程度のコメントだ。国営放送は大部入れ込んだ報道をしているが、解説者は冷静だ。これでいいんじゃないのかな、と思う。軍事国家ではないのだから、「報復攻撃」は選択肢にない。当然、”同盟国”であるアメリカは何もしない。先に知っていても日本に知らせていない。過大評価もいけないし過小評価もいけない。

日本としての「危機管理」が何の進歩もしていない「評議制」なのが心配だ。
「弱い犬ほどよく吠える」という格言は今に生きている。こうした挑発に国民が一致協力して、「敵を討つべし」などという結論が出る方がよっぽど怖い。政治家の頭に少しでも戦略があって、将来の日本のあり方から逆算して考えれば、日本の態度を決めるのは難しくない。

[PR]
by zoofox | 2017-08-29 08:12 | Comments(0)

リヤカー部隊

S急便が大阪から東京に進出する以前は、小包と言えば郵便局と日通に決まっていた。もう一つは国鉄の切符の付録の「チッキ」で、これは駅まで取りに行かなければならなかった。こんなに宅急便が私たちの生活に食い込んでくるとは考えてもいなかった。宅急便の次のステップはインターネットとのコラボだった。

午後8時半頃、電気自転車にリヤカーを着けて、Y宅急便の配達員が私の家の前を通って、営業所に戻る時間だ。きっと時間指定でも届かなかった荷物が入っているのだろう。「今日頼めば明日来る」という通信販売の便利さに私たちは慣れすぎてしまった。便利さには光と影がある。大量注文の通信販売に、運送業者は弱い。値引きが過重労働となり、留守で届かない再配達が余計に首を絞める。

よく考えると、おかしいよねこれ。当たり前の後ろで、とてつもない時間外労働が行われている。宅急便もゆうパックも値上げになる。「便利だな」、「安いな」の裏にはどこかにしわ寄せがある。今回は配送業者達が、「やってらんねえよ」と声を上げたが、次はモールに出店している店から悲鳴が上がるだろう。「誰が一番儲けているか」を考えて、私たちも下請けをいじめる業者から買わないようにしないといけないだろう。

便利さには金がかかる。個店が潰れるわけだ。私たちは無味乾燥なインターネット通販に頼りすぎて、対面販売の暖かさを忘れているんじゃないだろうか。Yオークションのカメラなんて使えるものは半分以下だもの、店で買わないといけないな。やっぱり。

[PR]
by zoofox | 2017-08-28 22:11 | Comments(0)

目くらまし

ずっと以前に「猫ぱっちん」という題で相撲について書いたと思う。目くらましも同じだ。日本人は執念深くない。ひどい目に遭わされても、少し時間が経過したり、別の興味ある問題が出てくると容易にそちらに向いてしまう。それを利用しているのがマスコミだ。マスコミは(刹那主義だな)と思う。今週刊誌が売れれば、今視聴率が取れれば、それで満足してしまう。辛抱強く主張を続けていく、などという姿勢は見えない。個人的には大嫌いだが、韓国のしつこさを少しは学んだ方がいい。

今は北朝鮮問題も旬が過ぎて、国会議員と市議会議員の不倫騒動に大きな時間を割いている。安保に付随する戦争法案のことも、公用地を九割引で売って、重要人物の婦人が関係していたことも、「補助金詐欺」で幕を引こうとしている。さらにお友達のために「合法的に便宜を図る」という為政者が一番してはいけない問題についても、何となくその後が続かない。政治家は「情報商売」だから、意図的にそれで議会で質問したり、不正追求をするのは当然だが、自分の利益のために使ってはいけないのは常識だ。

日替わりニュースの陰で、東日本の被災者の置かれた生活と、フクシマ原発事故の問題はもう解決したように表に出てこない。年金の値下げもこんなに企業の景気がいいのに、下がったきり回復しない。何か政治が大雑把になっているなあ。

まあ、それで国民が満足しているなら私が口を出すまでもない。
朝鮮半島で紛争が起こった時に日本はどうするか、アメリカが介入し中国が介入すれば、ベトナム戦争と同じ構図だ。朝鮮戦争の時と同じにはならない。今度は日米安保で日本が直接狙われる。「怖い友達」との関係はきちんと線を引かないといけない時期に来ている。アメリカは本土では戦争をしない。そんな意識を忖度しちゃいけないな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-28 09:38 | Comments(0)

分かっているんだけど

車の話です。私がここに書く車の話は、みんな昔話です。昔のフィルムをデジタル化していると、「紺のブルーバードSSSターボ」の写真が出てきました。友人と二人、東京から安曇野に一泊して、松本から糸魚川に行き、海岸を走りぐるっと回ってきたときの写真です。穂高から大町を通り、スキーの名所を通り過ぎ、その先の糸魚川までの道の狭かったこと。日本海を臨む食堂で蟹の味噌汁が美味しかったこと、数葉の写真から思い出します。この車もちろんMTです。ターボが利くまでは普通の車で、面白い車でした。同時所有していたカローラを下取りに、レガシーワゴンに乗り換えました。

考えてみると30年以上、紺と黒の車に乗っていると、そろそろ「パールホワイト」とか白い車に乗りたくなります。レガシーに乗り換えてから、いくつか手術をしました。病気は何時も秋口なんですね。納車の二日後には、会津若松から北方を通り米沢に抜けていました。

もう何年にもなるのに、インプレッサではまだ遠出をしていません。理由はいくつかあるけれど、(7時間も8時間も長距離運転が何日もできるかな)という不安があります。田舎には、新幹線の越後湯沢駅でレンタカーを借りて行く方がずっと楽です。ゴルフには行っていたのですから、誰か同行してくれれば走る気になるんでしょうが、用もないのに首都高を走り回る趣味はありません。

旅に出れば、気分ががらりと変わることは分かっているんですが、どうして尻が重いのかな。何かきっかけがあればいいんだけどな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-27 21:55 | Comments(0)

運動不足

「高齢者の方は、家の中でも熱中症になりますからご注意ください」と、色々なところでしつこく言われる。大体自分は高齢者なのかまだ予備軍なのかよく分からない。私の年の時の親父さんは、好々爺とも言うべき風貌で、立派な爺ちゃんだった。顔かたちはよく似てきたが、多分身体は父の方が若かったはずだ。父の自慢は「生涯現役」、父が言ったわけではないが、隠居するなどという選択肢は初めからなかったように感じる。私は働く選択もあったが、66歳直前で仕事を辞め年金生活に入った。

時間ができたら、あれもしよう、これもしようと考えていたが、実現しているのはほんの少しだ。母のせいにすると仏壇の中で怒りそうだが、約5年間の母の介護と看護が終わったときに、私の「やる気」という魂の一部もお休みに入った気がする。あれからずっと「やる気」はお休みしている。

直接の原因の一つは、若いときの仕事の無理が、腰痛になっている。私の仲間はみんんなそうだ。脊柱管狭窄症(も原因の一つらしい)で、痛みと痺れがきて、手術かリハビリかの選択に迷っている友人もいる。私も背中が少し曲がっている。歩きで都内で仕事した人は、みんな背骨が利き腕側に曲がっている。今なら立派な労災だ。何十年も時間が経ってから出てくるから、誰にも怒れない。

歩くのがいい。と言われて歩く。しばらく歩くと腰が痛くなる。足ではなくて腰だ。自転車も好きなのだが、「自転車の道路内通行」という変な規制のおかげで、中途半端な都会では自転車に乗っていると、歩いている人にも、車にも白い目で見られる。10日間もインターバル練習をすると、股がすぐ太くなる。呼吸にもいい。年寄りにはいい運動だが、早朝に跳ねられたらそれでお仕舞いだ。

河原の写真撮りは斜面を登ったり降りたりで、いい運動になるが、この時期は危険だ。帽子を被っていても、頭痛がしてくる。・・・何か継続的な軽い運動で、運動能力を極力落とさないというものはないかな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-27 09:05 | Comments(0)

何故かな

最近大きな交通事故が多い。それも地方のスピードの出る高速道路で大きな事故がある。その前はやたらと、高齢者の逆走やアクセルブレーキの踏み違いが毎日のように報道された。(何かあるのかな)と考えてしまう。

いよいよ修繕工事が進行し始め、建築らしい音がしている。取りかかりにずいぶん時間がかかった。初回金を払ってから、(これは、「やるやる詐欺」に引っかかったかな)と同居人共々半分心配していた。丁寧な解体でこれも時間がかかった。最初の予定では9月末には入居できるはずだったが、かなり遅れそうだ。従来は部屋の空間を贅沢に使っていたので、今の狭い生活空間はストレスがある。我慢しようと思ったが、安い組み立てベットを注文した。空間が空いたら、小さな机と椅子も買おうと思っている。新しい家でも不意の客や、部屋の片隅に置けるようなものを買うつもりだ。

同居人は気が早い。「家具はどこで揃えようかしら・・・」、おいおいまた荷物が増えるよ。私は家具ごとゴミにしてしまったので、ベットと机とタンスが一つか二つ、それからカーテン、これだけで済むはずだ。出入りの家具屋さんに部屋を見てもらって、色やデザインを統一してもらえばいいと思っている。居室が三つできるが、実際に使えるのは二つで、私は一室でいい。田舎サイズの6畳が7畳半になり、ロフトが付くからそれで十分だ。

楽しみかと言われれば楽しみだろうが、私の場合は面倒くさいが先に立つ。母の嫁入りダンスはどうしよう。一応桐だからタンス屋さんで洗ってもらうのもいいだろうが、この部屋にも二竿ある。戦争中のものだから特に良いものではない。大きな仏壇も気にしているが、祖母が百年以上前に田舎から持ってきたものだ。今時、墓じまいや仏壇じまいは簡単にできない。次の代に必要か不必要かで、決めてもらう方がいいんじゃないかな。おっと、次の代はないのか。

[PR]
by zoofox | 2017-08-26 15:02 | Comments(0)

二重国籍

「国籍」って不思議だな。親の国籍に縛られるか、生まれた国の国籍になるか、はっきりしていないから、二重国籍が生まれる。中国や韓国の人は臨月近くなると、カナダやアメリカに行くという。やり過ぎるとどこかで歯止めがかかる。「国籍」と「永住権」というのがある。18歳や20歳になるまで、合法的に二重国籍で、自分で選ぶというのも面白いな。日本国籍と台湾国籍を持っていた元気のいいお姉さんが、国会で問題にされたけれど、日本は台湾や朝鮮を併合した時に、その国の人を日本人として、兵役まで課している。やっぱり最後は、利益(権利)と義務が問題になるのだろうな。二重国籍で、「二つの国を母国として、それぞれに国民としての義務を果たす」というのは無理なのかな。税金をきちんと払って、社会保障も受けられるとしたら、二重国籍も悪くない。

ちょっと視点を変えて考えているだけだ。オーストラリア議会でニュージーランドとの二重国籍を持つ議員が何人もいて問題になっているらしい。このグローバル(私の嫌いな言葉)な時代、一つの国の国籍に縛られるから、自由な発想ができない。起業もやりにくい。国籍って言うのは「核の傘」に似ている。「棄国主義」とか「無国籍」とか国を持たないで自由に世界を渡り歩けたら面白いな。必要があれば最後に落ち着く場所に国籍を決める。税金が不均衡だったり、専制主義の国は国民がいなくなる。移民が自由になればそうなる。イギリスとEUはそんな関係だ。

国籍が住民登録と同じような意味になれば、最終的には「地球人」という括りで、戦争がなくなる、と考えるのは楽観的すぎるだろうか。グローバル企業はそんな形で世界の富を集めている。一部では国籍など気にしない超富裕層が生まれているんだろうな。

[PR]
by zoofox | 2017-08-25 12:11 | Comments(0)