独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

はい、良い夢を見させてい..
by zoofox at 23:46
いやいや、全然気分は悪く..
by memmon at 22:56
memmon様 そ..
by zoofox at 22:33
zoofoxさま、おはよ..
by memmon at 10:40
zoofoxさま、コメン..
by memmon at 15:15
zoofoxさま。この状..
by memmon at 14:26
はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17
おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

個人情報を
at 2017-09-20 22:54
病院にて
at 2017-09-20 16:32
自分でイイネを押してみた
at 2017-09-19 22:31
柔らかい心(独り言)
at 2017-09-19 16:35
朝の習慣
at 2017-09-19 08:55
雨の中の飲み会
at 2017-09-18 23:36
台風一過
at 2017-09-18 09:01
終活
at 2017-09-17 23:06
学級委員
at 2017-09-16 08:42
革の手帳
at 2017-09-15 22:29
断じて容認できない
at 2017-09-15 08:42
スイフトスポーツが出た
at 2017-09-14 23:02
驚いた
at 2017-09-14 08:36
西部邁さんの限界かくし
at 2017-09-13 23:11
将棋
at 2017-09-13 13:57
75歳までの命
at 2017-09-13 08:48
最近のおかず
at 2017-09-12 22:48
柿の実
at 2017-09-11 20:00
誕生日・記念日
at 2017-09-11 09:03
湯を沸かすほどの熱い愛
at 2017-09-09 23:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2017年 05月 ( 49 )   > この月の画像一覧

パソコンの引っ越し

人間の引っ越しに比べるとパソコンの引っ越しは楽だと考えていた。ところがどっこい、そう簡単でもないようだ。ノートパソコンが何台もあるのに、何故デスクトップパソコンを使い続けていたのか、ようやく分かった。個人のパソコンといえども、「グループ」として機能していたのだ。プリンター、ディスプレイ、スピーカー、マイク、カメラ、記憶装置、それらの物が一体となって私のパソコン環境ができていた。ノートパソコンは作業台で、最終の整理は一台のデスクトップに委ねられていた。データやメールはWEBやクラウド上で閲覧できる。何故、複数のメールアドレスのメールを一台のパソコンにダウンロードして集めていたのか、それができなくなってやっと実感した。意識しなくても、デスクトップは個人的な簡易なサーバーになっていたのだ。

今時、ノートの方がディスクトップよりHDDの容量は大きいし処理速度は速い。贅沢な私は何台ものノートを使い分けていた。 画像のきれいな物、持ち運びの便利な小型な物、キーボードの打ちやすい物、しかし、最終的なデータは時代遅れのデスクトップとそこにつながれた、HDDに集まるようにしていた。部屋はなかなか片付かなくても、パソコンの中身は整然と、データとバックアップに整理されていた。写真の画像にしても、カメラごと、日付ごとに整理してある。音楽データも同様だ。そしてリンクのキャッシュ。外付けのHDDを繋げばいいという簡単な話でもない。一番不便に感じているのは、メールのより分けとホームページの更新だ。メールは十何年分のデータやアドレスがある。コピーで逃がせる物は逃がしたが、動かせない物もある。最終のホームページはデスクトップのHDDの中にある。これは一例だが、しっかり逃がしたはずの細かいデータは、所々こぼれている。

すべてを大企業に委ねてしまう「クラウド」は便利だが、私は「GOOGLE」を全面的に信用しているわけではない。ブラウザである「クローム」も、うまく使うと、パスワード一つでどのパソコンでも同じ環境が構築できる。反対にこの便利さが怖い。(隠していたはずの私の名前や住所を何で知ってるの)、私の検索履歴や買い物情報が、海の向こうの巨大なスパコン(まあ、スパコンは使わないか)に格納されていると感じるのは恐ろしい。一種の汚染だ。多分新しい部屋に移る時にデスクトップを換えると思う。換えなくてもこの不便さに耐えている間に、新しいHDDを用意して、OSからメールアドレス、パスワードまで全部変えようと思っている。

これは心配しすぎなんだろうか。

[PR]
by zoofox | 2017-05-31 21:56 | Comments(0)

温サラダ

私は生野菜を好んで食べる習慣はない。揚げ物の付け合わせで食べるくらいだ。普段は煮物で食べる。キャベツ炒めで食べる。

遅い夕食を台所で一人摂っているとき。サラダの一盛りを(これ焼いたらどうかな)とひらめいた。フライパンに入れて上からオリーブ油をかけ、塩こしょうで軽く味付けして、フタをかぶせて蒸す。一番下はタマネギがいい。ちょっと味のアクセントに、バルサミコスをかける。一分でできあがり。トマトが甘くなる。

今朝は味噌汁と、この温サラダ。主役は新タマネギ、後はあり合わせの、ほうれん草、にんじん、ピーマン、椎茸それに小ぶりのトマト。塩こしょうに今日はカレーパウダーを少々入れた。肉やハムは入れない。入れるとしてもできあがりに、ハムの千切りを乗せるのもいい。手近な酢やドレッシングを入れるのもいい。要するにルールはない。

割と好評で、野菜炒めに取って代わりつつある。少ない油で野菜を炒めるには付ききりでかき混ぜないと焦げる。温サラダは油っぽくない。

母親の愛用の包丁はよく切れる。使う前にダイヤモンド砥石で一撫でする。まだ、新タマネギがうまい。

[PR]
by zoofox | 2017-05-31 07:53 | Comments(0)

今日は写真屋さんに行った

暑くていい天気なのに、大工さんはお休み。「今日はこないね」、「あんまり物が多いから呆れでんじゃないの」と同居人。私だって結構たくさん捨てたんだ。おかげで左の股関節がまだ痛い。昼前に「リコー500GS」と「オリンパス35RC赤」、それから残っているフィルムで公園と花のある家を撮った、これは「ペンのEED」。フィルムを三本出してきました。夕方4時の仕上がりを待って取りに行くと、店頭で初めて社長さんとゆっくり話をした。何で違うカメラで撮った写真を毎回出しに来るのか、不思議だったらしい。年齢は使っていたカメラの種類からほぼ同じくらいらしい。

社長は奥さんと二人で、オークションに見入っている。「社長、書いてある言葉を信じちゃ駄目だよ」と一言。写真店なら古物商や写真屋仲間から、いい品が入るはずだ。オークションで冒険することはない。写真のできはまあまあ。500GSは多少暗い時の露出が不安定。35RCはさすがに文句ない。心配していたEEDとISO400の相性は問題なかった。400ならかなり暗くても撮れると判明。ピーカンにも強い。だんだん手持ちのレンジファインダーカメラの優先順位がはっきりしてきた。今のところ、いつでも安心なのは「オリンパス35DC」続いて「35RC」、後は似たような物だ。ヤシカ、ミノルタにもそれぞれ個性がある。三番目はハーフだがこのEED。個体が当たったのか、少し大きいが安心感が出てきた。

さて、いよいよ最後ですね。
c0366973_19273623.jpg
c0366973_19275341.jpg
とうとう買っちゃいました。「ローライ35」のシリーでは一番新しいのかな。からくり人形のような仕掛けがたくさんあります。老眼にはちょっと厳しい。これで最後です多分。あっという間に操作は覚えました。おまけに露出計もある。1/500、絞りは22まであります。ISO200の36枚撮りフィルムを入れました。どんな写りを見せてくれるかな。写真屋の社長は「お客さんが持っていたが、みんなアンダーだった」と、懐疑派ですが、きっと電池が違うんだろうな、SRやLRの43、44を使うとそうなると思いましたが、黙っていました。特殊な1.3Vの空気電池4個というのも経済的につらいかな。今回はKANTOカメラのアダプターを買いました。でも、本当にこんなに小さいんだ。

[PR]
by zoofox | 2017-05-30 20:31 | Comments(0)

筋肉

何となく忙しくしている間に、大相撲も終わってしまった。まずは髙安関おめでとう、と言う。人生には所々にとんでもない「好機」が潜んでいる。それを掴み取れるか否かは、「流れ」というか「運」のような気がする。琴奨菊にも豪栄道にも流れはあった。最後に稀勢の里が掴んだ。今場所は怖い北の富士も、「休んで体を万全にしてから」と最初から言っていた。連続優勝すると周囲の見る目も変わる。

先週は結構重い物を運んだ。今朝気がつくと腕の力こぶが大きくなっていた。特に左が膨らむ。(この年齢でも筋肉はつくんだ)と自分でも驚いている。腰痛があまり気にならなくなったと思ったら、左の股関節が何となく痛い。これはねじった記憶がある。やっぱり、軽い運動を始めなきゃ。と思った。

部屋にテレビがなくなると(アンテナの配線が面倒くさいだけだが)、寝る時間が早くなる。アンテナと先端のアダプターと、LANケーブルも買ってこなくちゃ。無線より有線の方が断然確実だ。探せば山積みの段ボール箱の何処かには入っている。それを探す気力がない。

たばこの本数が極端に減った。一日2~5本ぐらいかな。止めればいいんだが。酒もたばこもナニも止めると、人生の楽しみがなくなっちゃう、かな。

[PR]
by zoofox | 2017-05-29 22:00 | Comments(2)

OlympusPen EED

振り返ってみれば、ジャンクを買う話ばかりで、使う話が少ない。レンジファインダーに興味を持った以上、オリンパスペンは避けて通れなかった。先に書いた通り、このEEDは二転三転して、今は立派に動いている。全部回復してチェックの時セルフタイマーを何度かいじったら、四角いシャッターがフリーズした。解体を覚悟したが上から下からの給油で何とか回復した。最後の点検では、オートでどう見ても速度が変わっていない。赤ベロも出ない。結局これは電池が少なくなっていたらしい。喜ばせては落胆させる。

このカメラの魅力は、F1.7のレンズだ。ペンにしては大柄だし、ファインダーは素通しだ。絞りをオート以外にすると、数値に応じて絞り羽は広がったりすぼまったりする。これで、「シャッターは切れます」という説明になるのだが、この場合シャッター速度は1/30に固定される。よほどの経験者なら1.7~22までの絞りを駆使してマニュアル撮影も可能だろうが、私には自信がない。プログラム露出の資料がないので、何処でF1.7が生きてくるのか興味があった。

苦労したがとうとう試写に持ち込んだ。手持ちのフィルムは、フジのISO400×24。ここまでは書いた記憶がある。今時期の真昼に、F22の1/500で対抗できるのだろうか、露出不足は警告するが、オーバーはそのままシャッターが切れる。手元にISO400しかフィルムがなかった。暗い方は、夜に自宅前の道路で、歩行者信号機の明かりが青になったときが、赤ベロの限界だ。切れたり切れなかったりする。夜景や室内は期待が持てる。

惜しい設定のカメラだ。ハーフサイズだが、「35シリーズ」とほぼ同じ大きさの筐体を持ち、作りも丁寧だ。プログラムシャッターを積んでいる。35DCとほとんど同じ造りだ。この上シャッター速度が自由に選べれば、「プログラム+マニュアル」という画期的なハーフカメラができたのに。このカメラは私の中では、「35DC」、「35RC」と比べてしまう。どれも好きなカメラだ。結局当時のコパルとセイコーのシャッターに縛られている。今、EEDのジャンクはたくさん出ている。機械的な不具合は技術を要求するが、電気的な不具合は、リード線の交換で何とかなるものが多い。何台か集めて、いいとこ取りで安定した一台を造りたいな。


追記:今朝の書き込みのカメラはこれです。ここで前にご紹介しました。最初の一台目は、シャッターが切れる音がして、絞りが動かないもの。これは二台目です。腐食断線で電池ケースを取り外しました。手を焼かせたものだけに可愛いですね。試写は48枚まであと10枚ぐらいでしょうか。
c0366973_14435762.jpg






[PR]
by zoofox | 2017-05-29 11:15 | Comments(0)

遺憾に思う、厳重に抗議する

ことある毎に政府の偉い人はこんな発言をする。別にここで政府の弱腰や対策のなさを指摘するつもりはない。ミサイルにしろ、領海(空)侵犯にしろ、ピリピリに神経を張り詰めていれば、「遺憾に思う」前に行動している。抗議は直接的に相手に届くように行われる。・・・別にそんな日本を求めているのじゃない。「自分の国」と「自分の選挙区とお友達」を優先的に考える国柄では差が出て当たり前だ。

領海侵犯に機銃を撃ちかけたり、北朝鮮の領海すれすれにミサイルを撃てと言っているのではない。この国には「外交力」が欠けている。私なら相手の痛いところを探して、「追い詰めないように」そこを攻める。家の前にゴミを捨てる人がいれば、見張っているだけで追い払える。(遺憾に思うな)ではなくて、「そこにゴミを捨ててとんでもない、片付けろ!」と直接言う。

利己主義とも自分勝手とも違う。父親は海軍言葉で「捨て目」という言葉をよく使っていた。日常動作として周囲に気を配ることだ。後に私も格技をやるようになってやっと理解できた。前を見ながら目だけで周囲に気を配る。慣れるとできるようになる。捨て目で常時周囲に気を配っていれば、緊急が緊急でなくなる。予想される事態には心の中で対応案はできている。「日本人の精神年齢は12歳だ」と言ったマッカーサーの指摘は、失礼な言葉だが当たっているところもあるかな。


[PR]
by zoofox | 2017-05-29 08:10 | Comments(0)

自分の時間

今日は、やっと穏やかな気分で朝を迎えた。お酒を毎日飲む習慣を捨てた時に、(なんて長い間、時間を無駄に使っていたんだろう)と実感した。新しい生活空間は、枕元に小さな机を出して、ナショナルのCDラジカセが一台、何故かスタンドが二つ、エアコンとライトとラジカセのリモコンがあり、レッツノートが一台(富士通よりは電波の受けがいい)、メモ帳とボールペンが一本。それに携帯電話の充電器。当分これだけだ。そのほかの空間は段ボールで占められている。普段着を掛けておく場所も先客がある。

お酒と同じように、(空間と時間を無駄に使っていたな)と実感する。「起きて半畳、寝て一畳」とはよく言ったものだ。6畳の部屋を2畳ぐらいに使っているのだが、特に不便は感じない。「建替えて広く使おう」という考えが間違っていたのかな。テレビのない生活は(勿論今までどおり居間にはあるが)久しぶりだし、惰性で面白くもない事柄を耳に入れずに済む。

新聞だけでお腹一杯だ。この国は何処へ行くんだろう。これだけ自民党と安倍政権の「悪い事」が、証拠・証人付きで報道され、官房長官が記者会見で前代未聞の、元官僚の個人攻撃を行う。大人が自費でバーに行こうがクラブに行こうが問題になるのかな。国の官房費や税金や領収書のいらない金を使って、寿司屋や料亭に行った訳じゃない。「証言」の内容とは関係ない。反撃になっていない。

新聞にいいことが書いてあった。「テロ法が無くても、伊勢志摩サミットは無傷でできたじゃないか」。その通り。無駄な他の想定をターゲットにした法律だ。必要のない法律や警戒を大声で言うのはどうかな。当然ISにも北朝鮮に聞こえている。「そうかそれなら・・・」と考えられたら大変だ。

まあ、起きて半畳寝て一畳が最善とは思わないが、もっと質素に暮らせば余裕は生まれてくるんじゃないのかな。

[PR]
by zoofox | 2017-05-28 09:18 | Comments(0)

canon AL-1

こんな時でもオジサンはオークションをしていた。三時過ぎ宅急便で「AL-1」が届いた。値段は言わない。キャノンのカメラは何度も買ったがいい印象がない。同居人がデジタル一眼が欲しいと言ったときは、「イオスキス」を勧めた。軽くて小さくてよく写る。オジサンはニコンを買ったが気に入らず、ペンタックスに乗り換えてそのまま落ち着いている。

キャノンのフィルムカメラも何台か買った。今はどこにあるか、きっと同居人の押し入れには一台あるはずだ。まあ、それはともかく、FLレンズとFDレンズが何本か余っている。「FP」と「FX」は何となく疲れるカメラだ。「レンズの置き場」としてカメラを求める。不純な動機だな。できれば撮影可能な方がいい。

届いた「AL-1」はストロボのスレがある程度で、あまり使われた形跡がない。電池室は綺麗で、単四電池を入れ替えたら、シャッターが切れる。絞り優先は大体あっている。シャッター速度を決めてのマニュアルは指針が動かないから「当てカン」なら使える。ミラーにとんでもない彫刻がある。初心綾向けの「フォーカスエイド」と言うらしいが、私のピントとは少し違う。どこか悪いところがあるのか、手持ちのFD、NFDのレンズでは機嫌が悪い。カメラに着いてきた、NFD50mm F2.0だとちゃんと動く。どちらにしろ電気系統に何かあるらしい。これ、シャッター速度優先で使えたかな、調べてみよう。

しばらく出待ちをして貰って、使ってみよう。こんなカメラ知らなかった。

追記:絞りをオートにしてシャッター速度を変えると、絞りはF16に固定されているようです。シャッター速度優先は使えないようです。ということは、両方をマニュアルにすると使える、「絞り優先+マニュアル」ということになるでしょうか。(5/28)
c0366973_21060555.jpg
遅ればせながら、こんな顔をしています。軽くて、グリップの後ろに単四電池が2本入っています。何となく持ちやすくて撮りやすい、何か特徴がないところが特徴かな。ストラップが着いているということは、出動準備ができたということになります。レンズはNFDの後ろの突起がないと、オートが使えないらしいです。フィルター待ちです。(5/29)

[PR]
by zoofox | 2017-05-27 16:59 | Comments(0)

新しい習慣

昨日から大工さんが入って、解体前の整理が始まった。ユンボで一気に壊すのかと思っていたら、そうでもないらしい。まあ、人様に物事を頼むと、伝わっているのかいないのか、もどかしい部分もある。「大安だから」と手をつけて、解体はもう少し先らしい。任せたことをいちいち確認をするのは失礼だ。工程表はもう提出されている。

身の回りの細かいものが見つからない。これも当然だ。最後の最後に(これは忘れないでおこうと)と仕舞ったものが多すぎる。無ければないで何とかなる。さすがに通帳と印鑑だけはすぐ分かるところにある。ホテルに泊まったつもりで、探さないことにした。どうせ、第二段階の整理で出てくる。

母はベットに寝ていたが、今はタンスに挟まれた和室だ。和室で布団というのも久しぶりだな。TVもDVDもしばらくは置かないつもりだ。部屋の引き戸を開けるとすぐトイレ、小さなキッチン兼シンク(これが洗面所)、結構明るいし暖かい、南側よりいいかもしれない。ここは母の「お城」だった。大きなテレビがあり。デロンギがあり、手の届く範囲に何でもあった魔法の部屋だ。もうそんな面影は箪笥だけだ。

6時前に起きる。玄関を開けて新聞を取る。ここから新しい習慣だ。玄関前の事務椅子(私が使っていたもの)を道路に向けて、たばこに火をつける。門柱と門柱の間の一間の隙間にフェンスの桟がある。宮沢りえの「サンタフェ」のような、縦の桟の隙間から外が見える。私が見えるほどに外からは見えていないようだ。通園、通学、仕事に出かける人来る人。こんなに人の動きがあるとは知らなかった。



[PR]
by zoofox | 2017-05-27 11:49 | Comments(0)

何かくたびれたな

何とか無線がつながった。このブログのパスワードはきれいさっぱり忘れていた。手帳は荷物の奥に隠れて行方不明。そういえば家電の子機がいない。いろいろ不便はある。最初の頃は覚えているが、最後の追い込みでは一々荷物の中身が書いていない。

昨夜は遅くまで、整理をした。部屋には段ボールとごみ袋がうず高く積まれて、その分空き部分ががらんとして見える。デスクトップパソコンのねじを回して、HDDだけを外した。このデスクトップ無線LANをつけて忘れていた。

風呂に入ってふと気がついた。(たばこを吸う場所がない)。事務椅子の置き場がなくて、玄関前に置いた。何か新しい布団と部屋は寝心地が違う。よく眠れなかった。

何時もの通りに6時前に起きる。雨だ。何時ものルーティーンだ。バイクをどかして、車の入るところを作る。9時前に大工さん、少し遅れて設計士がきた。区役所に提出する書類が何通りもある。何となく気が抜けた。設計士の話をよく聞くと、助成金の申請をするから、解体前に担当が見に来て話を聞くという。バリアフリーと耐震のための助成だ。なんだ、あんなに急ぐ必要はなかったのか。まあ、いくら助成してくれるのかな。

鉄骨の中で電波が邪魔されるのか、無線LANアダプターの性能が悪いのか、電波の入りが悪い。大きな富士通のノートを使うことにした。こんな中でもヤフオクをやっている。レンジファインダーカメラは後一歩未練があるが、あらかた熱が冷めた。一眼レフカメラのキャノンのレンズは広角から小ズームまで、何本かあるが、カメラが古い(ほぼマニュアル)ので、せめて一台、安易なAEを探していた。単4電池使用の「AL-1」を落札。きっと電池室は腐食かフタがないかもしれない。小雨に濡れながら振り込み。送料と手数料の方がカメラより高い。

午後から晴れて、玄関前の椅子に腰掛け、一服しながら道路を見ている。変なオジサンにみられなければいいのだが・・・。

これから夏に向かって、ぎゅう詰めの母屋の荷物整理が始まる。道は始まったばかりだ。今日は元文部官僚の話も興味がない。結局、韓国と同じなんだ。


[PR]
by zoofox | 2017-05-26 20:26 | Comments(0)