独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

はい、良い夢を見させてい..
by zoofox at 23:46
いやいや、全然気分は悪く..
by memmon at 22:56
memmon様 そ..
by zoofox at 22:33
zoofoxさま、おはよ..
by memmon at 10:40
zoofoxさま、コメン..
by memmon at 15:15
zoofoxさま。この状..
by memmon at 14:26
はいそうです。お昼前には..
by zoofox at 15:45
二日酔いですか?
by memmon at 14:17
おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

オレばっかり虐めなくてもいい..
at 2017-09-22 23:42
個人情報を
at 2017-09-20 22:54
病院にて
at 2017-09-20 16:32
自分でイイネを押してみた
at 2017-09-19 22:31
柔らかい心(独り言)
at 2017-09-19 16:35
朝の習慣
at 2017-09-19 08:55
雨の中の飲み会
at 2017-09-18 23:36
台風一過
at 2017-09-18 09:01
終活
at 2017-09-17 23:06
学級委員
at 2017-09-16 08:42
革の手帳
at 2017-09-15 22:29
断じて容認できない
at 2017-09-15 08:42
スイフトスポーツが出た
at 2017-09-14 23:02
驚いた
at 2017-09-14 08:36
西部邁さんの限界かくし
at 2017-09-13 23:11
将棋
at 2017-09-13 13:57
75歳までの命
at 2017-09-13 08:48
最近のおかず
at 2017-09-12 22:48
柿の実
at 2017-09-11 20:00
誕生日・記念日
at 2017-09-11 09:03

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2017年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧

篆刻のセット

忙しい現役時代、(定年になったら、あれもしようこれもしよう)と、色々な小物を準備していた。今室内整理をしていると、思わぬ所から思わぬものが出てくる。反対に(この辺にあるはずなのに・・・)と思うものが見付からない。

同居人も多趣味だ。私と違って集中力がある。しかも、お金を掛けて先生について習う。私は全部自己流だ。習字で選ばれ、美術館に展示するときに、名前の印をプレゼントした。同時に、(これなら俺でも出来そうだ)と、浅草橋の書道の用具を売っている店で、自分用に「篆刻」のセットを買った。石から小刀から台座(万力)まで揃えて、細いルーター(電動の錐のようなもの)まで買った。文字の手本は中国の各書体が本になっている。文字を選び、字や線を浮かして彫るのは、もの凄く神経を使う作業だ。当時は眼鏡も必要なかった。自分用に数点、同居人用にも数点彫り上げた。同居人は大切にして、今でも落款として使っている。私は、私は色紙も書かないから、一時年賀状に使用して、その後は放り出していある。

小さな箱か、袋に入って「その辺」で時々見ていたが、これが出てこない。別に彫りたくなったら、また揃えればいいのだが、それは癪だ。水彩セットと一部色の変わったスケッチブックは、紙袋の中でじっと出番を待っていた。これは見つけた。「引き出し」のない部屋だから、どこかにはある。出てこ~い。

[PR]
by zoofox | 2017-03-31 09:04 | Comments(0)

時々迷う

一日何回か机に座ってデスクトップを開ける。何回も書いているようにこの部屋は、今積年の垢を洗い落とそうとしている。データ関係は衣装箱一つを残して、ゴミにすることにした。デスクトップの機器はレザープリンターも含めて、今使っているこの一台を残して捨てることにした。大きな山が片付くととうとう、ノートパソコンの一団に出会う。半分は米国籍の「ThinkPad」だ。一台一台に電気を通して、起動するか否かを確かめている。今通電しているのは「T42」という型だ。X30代とT40代が一番多い。これは多分1.6GB、繋ぐとバッテリーの充電が始まる。BIOSの更新を求められる、C-MOSが飛んでいるが、まだ使用は可能らしい。XPの壁紙には2012年のカレンダーが貼り付けてある。一番最初に手に入れたのは、「X31の1.2GBか1.4GB」だと思う。

c0366973_10531439.jpg

この部屋は無腺LANの暗号は変えていないから、一発で繋がる。インターネット閲覧とのメールぐらいなら楽々使える。「T43」という機種は暗号が強化されて、癖のある機種だった。HDDを変更すると受け付けなくなる。これはこの先何台出てくるか、何台使えるか心配だ。ハイレゾもある。動くものを動くうちに捨てようとは思わないから。写真の右手に見えるのは、「Windows2000」の入ったデスクトップだ。これは普段使いをしていたから、HDDは外さないといけないかな。

こんなことをしていると作業が進まない。充電が終わったら次に移ろう。

[PR]
by zoofox | 2017-03-30 10:56 | Comments(2)

夕食

片付けが続いていると、なかなか外にも出かけない。(桜も咲き出したかな)と思うが、部屋もだんだん広くなってきた。燃えないゴミは産廃として、家の解体と一緒に処理するというので、庭の一角に厚い段ボールを敷き、雨よけのシートを掛けている。だんだん量が増えている。布団や家具は家の中においておけばいい、というので外に出すのは、(いらない)と決意した電気製品が多い。パソコンはまだまだある。もう買えない「PD」や「外付けのMD」も、しょうがないだろうな。

自分のペースでやっているが、今日は左肩が痛い。筋肉が落ちているなという感覚はある。私も仕事で、年寄りに引っ越しを勧めて歩いたことがあるが、「面倒で・・・」という答えがようやく理解できた。地主とは話が付いて、借地人の方が了解すれば大きなマンションが出来る計画だ。私も我が社も一銭も儲からない仕事だ(開発業者じゃないですから)。ビルの内容によっては、事業費の20%近い補助金が出る制度活用だ。凄い時代だったな。

今回の我が家の計画は、「耐震補強」と「バリヤフリー」で、幾ばくかの補助が出るらしい。私の要望は、二重サッシと厚いフローリングだけだ。畳の部屋はなくなる。一番日当たりのいいところは、6畳の書斎で、アトリエ兼音楽室にして、運動用具も入れたい。同居人は色々と計画を立てているが、私は口を挟まない。

大きなカジキマグロが一切れあった。(煮物にしようかな)と思ったが、タマネギのみじん切り二つ分に、細かく切ったカジキに塩胡椒、片栗粉を着けて揚げで混ぜる。酢と甘酢と赤唐辛子を彩りに混ぜて、漬け込んで寝かせると美味だ。まあ、マリネの一種なんだろうが、特に名前はない。最初から妹の家用に一パック別にしておく。おかずにはならないが、ちょっと箸休めになる。(一日一食は軽くしようね)、というのが合い言葉だが、なかなかそうもいかない。片付けもののお陰で、「久保田」が一升出てきた。料理用に、この前までは「八海山」を使っていた。まあ、毒味に飲んだが、千寿だった。あっさりとした風味は落ちていなかった。

そうだ、今度はタバコが吸える部屋がなくなってしまう。これを機に止めるかな。

[PR]
by zoofox | 2017-03-29 22:19 | Comments(0)

目が痛い

朝起きたら、目がしょぼしょぼする。昨日酷使しすぎたからだろう。細かい物を見て最後はサッカーを見た。痒くはないから花粉症や細菌性のものではないだろう。「片目で障子の桟が歪んでいたら黄変症だよ」と脅かされている。黄変症や網膜剥離も、もう少しで治る病気になるのかな。基本は寝不足だ。

朝冷蔵庫を開けたら、豆腐が三丁ある。二丁は私が買ってきた。もう期限だ。豆腐は片栗粉をまぶして揚げる。その上に、タマネギ人参、椎茸を細く切って甘辛く煮てとろみを付けかけ回す。私の家では「揚げ出し豆腐」と言っているが、正確には「豆腐のあんかけ」だろう。厚揚げで同じものを作っても味が違う。母の味だ。もっとも大分薄味になってはいるのだが。サヤインゲンがほしいが使ってしまった。

c0366973_10313467.jpg

昨年はゴーヤやピーマンと一緒に豆腐をよく食べた。私の家では、朝はあっさりとか、夜はこってりという区別がなくなってきた。一食では食べきれないから、何時作っても同じだ。(食生活も変わってきたな)と思う。塩辛い味噌汁は身体が受け付けなくなった。時々変わるのだが、今はメロンや蜜柑がどうも好きではない。まだ、カジキとマグロがある。差し入れのフライもある。油ものはだんだん苦手になる。

「地震が来ても三日は大丈夫だね」と同居人と話している。冷蔵庫が使えなくなるのを忘れている。さて、もう三月も終わりだ。無職になって丸三年、そろそろ飽きてきたな。まだ、片付けは延々と続いている。こちらは早くしないと。桜は咲いたかな。

[PR]
by zoofox | 2017-03-29 09:42 | Comments(0)

親父達の底力

今日昼前に、キャノネットが届いた。1969年から作られた「ニューキャノネット」だ。何しろ大威張りのジャンクだから、期待はしていなかったが、速度優先のオートの他はきちんと動いているようだ。ネガのマニュアル機としてなら十分使える気がする。かれこれ50年近く前の機械だ。「新品のように動け」という方が無理だ。アルコールで拭くと長年の垢が取れて綺麗になった。露出計の不具合には原因はいろいろ考えられる。まず、電池室、断線、その先は私の手には負えない。

私は分解するのが好きだが、自動巻きの時計とカメラは特別だ。ほとんど無事に組み上がったためしがない。レンズの埃はどうするかな。巻き上げもシャッターも絞りも合格だ。色々なサイズの電池を入れて見たが、オートは動かない。ファインダーがちょっと曇っている、二重像は合致する。この前、ニコンFG、FEとキャノンのFXを分解修理した。それ達と比べると、キャノネットはもう少し部品がぎっしり詰まっている感じだ。修理業者に出す選択もあるので、大いじりはしない、ちょっと見るだけだ。下の蓋は二本のネジで留まっている。電池は差し込み式で、電池室はネジを二本外すとすっぽり抜ける。断線はしていない。接点復活材で接点を磨く。

まあ、片付けものの途中でちょっと手を出したのだが、電池の試行錯誤は結局結果が出なかった。蓋を閉めようとしたら、U字型の細いバネが余っている。よく考えたら、電池室蓋の復元(押さえ)のバネらしい。ピンセットで押さえながら蓋を閉めた。

(すげぇな~)と感心する。50年前の親父達の技術というか技能は、掌に乗る機械式カメラを作っている。ユーチューブの解説に外人が多い訳だ。ノートパソコンなど細かいといっても、足下にも及ばない。電池がなくても、絞りもシャッターも使えるカメラがあるなんて、とまた感心する。もうオートで撮ることは半分諦めている。テスターやハンダも側に置いて、じっくり腰を落ち着けて取りかからないと、とても「親父達の底力」には対抗できそうもない。

[PR]
by zoofox | 2017-03-28 19:39 | Comments(0)

キャノネット

楽しみがある。先日秋葉原で中古カメラ店が見付からなかったが、ネットには沢山転がっている。キャノネットは35mmのレンジファインダーカメラだが、大きく分けて三つのエポックがある。最初の大きなお弁当箱のようなタイプ、その次は小型のタイプ、その改良型、そしてオートボーイのプラスティックカメラに移行する。例によって、「例えゴミでも諦めが付く価格」で、落札した。

私の大好きな、オリンパス35Dシリーズより少し大きい二代目のキャノネットだ。使っている人の感想ではこれが一番良心的に作ってあると聞く。レンズが明るい。小さい、オートもマニュアルも使える。写りはそこそこいい。写真で見ると綺麗だが「ジャンク」だ、絶対レンズは汚れているだろう。絞りも上手く開閉するか保証はない。引っ越し荷物の整理に忙しくて、それどころではないが、家を取り壊せば暇が出来る。レストアが済んだものは、店頭では3万円以上もする。

もう分解修理して使う気なのだ。パソコンのアルミケースも一台補修用に平らなところを用意しておこう。電池の台座に出来る。もちろん電池は大小いろいろ取りそろえている。盲点だった電池は、ボタン電池の1.4Vというリチウム電池を見つけて買った。リチウムの馬力がカメラを壊さないかどうかは不明だが、他は大体1.5V以上だからうまく行けば使えるかも知れない。ちゃんと動いている「オリンパス35DC」や「OM-1N」には怖くて入れられない。

そのキャノネットが多分、今日着く。オリンパスの35RCとRDは修理して売っている店を見つけた。分解修理が手に負えなかったら、そちらも対象になるかな。


追記:リチウム電池というのは間違いで、「空気電池」と書いてありました。でもナショナルのこれ、随分安いな。



[PR]
by zoofox | 2017-03-28 08:39 | Comments(0)

稀勢の里のけが

大阪場所の開催中は、私は相撲のことを書くのは遠慮していた。何も言わない方がいい。という自分の中でのゲン担ぎだ。稀勢の里は、多分優しい性格なのだろう。「こんな相撲が取れるなら、大関の時は何をしていたんだ」、とよく言われる。立場が人を作るいい例だろう。反対に立場に負けてしまう人もいる。「心」の持ち方がはっきり結果に出てくるのも相撲の面白さだ。

今後の長いプロ生活を考えれば、西洋合理主義はすぐ、「故障者リスト」に入れて休場させるだろう。相撲取りは時には他人の思惑通りには行動しない。日馬富士に負けて土俵下に落ちても、普通はあそこで怪我はしない。落ちた角度と受け身の失敗だろう。(ここまでだったか、後は休場じゃ面白くないな)と誰もが思っていた。この出場の判断は本人しか解らない。「大胸筋断裂、全治三ヶ月」と報道されたときは、もしかしたらこれで終わりかな、と思ったほどだ。

横綱になる直前、左腕一本で軽く白鵬をいなした。稀勢の里には特別な「型」がない、しかし負傷のお陰で、右腕と左腕の強さが際立っていた。

王と長島がスターと呼ばれるのは、観客の期待に見事に応えたからだ。日本人横綱、負傷出場、逆転優勝と今回の演出者のいない演出には観客は大満足した。私は疑い深いから、どこかで八百長が行われていないか、目を皿にして見ていた。鶴竜も照ノ富士もちゃんとドライに相撲を取っていたと思う。

まあ、照ノ富士は琴奨菊の突進を避けた時点で目がなかったのだろう。
稀勢の里おめでとう。

それにしても、NHKの番組の切り方には不満が残る。日曜の午後6時、大した番組がある訳ではない。30分でも一時間でも延長して、テレビ桟敷にも満足感を届けるべきだ。会長が替わって、受信料が増えても体質は変わらない(日曜討論は少し違ってきたが)。お客様の為のNHKでいられないなら視聴料など取らなくてもいいだろう。放送以外に手を広げる必要はない。お笑いタレントの動員も不愉快だ。・・・最後はNHKと相撲協会の独占体制がどうにかならないかな。と思ってしまう。

[PR]
by zoofox | 2017-03-27 09:36 | Comments(2)

真っ直ぐに

他人にも自分にも嘘を付かず、真っ直ぐに生きること。他人にも自分にも公平に親切に行動すること。困難を避けず、敢えて人の嫌がることでも身を粉にして働くこと。悔いのない人生を送れるように努力すること。

道徳教育は私の年齢では、一度授業化されたことがある。何時の間にかホームルームになり、他の教科の時間になって消えてしまった記憶がある。「人間としての生き方の問題」であり、「日本国民の生き方の作法」ではない。もっと言えば「学校で教えることではない」。

「忖度」という言葉が俄に脚光を浴びている。普通は公平を表すために、「忖度しない」と使われていたはずなのに、時代が変わると「忖度も必要」となる。忖度とは言葉を換えれば、「不公平」のことだ。自分の中で優先順位を決めるときに「忖度」は必要かも知れない。他人に対して、まして自分が、他人の有利不利の決定権を持つときは、絶対に近寄ってはいけない事柄だ。

行政は何時も「声の大きい」方向を向く。自分の金ではないから好き勝手に遣う。こんな役所もそれを指示する政治家もいらない。行政サービスを受ける方も、自分の努力をまずしないで、行政に頼る。思い通りにならないと、「土下座しろ」と文句を言う。自分勝手な住民を諭すのも「道徳」の力だ。

訳の解らぬグローバル化の悪い影響が、あちらにもこちらにも見える。
楽に生きようとしては、人間としての堕落が始まる。
「金」が全てに優先する、なんて考えるのは悲しい社会だな。









[PR]
by zoofox | 2017-03-26 07:46 | Comments(0)

西部邁と黒金ヒロシ

今朝の「西部邁ゼミナール」は先週に続いて、黒金ヒロシがゲストだ。黒金ヒロシは「赤兵衛」の時分から、またテレビのクイズ番組の回答者として、(いろんなことをよく知っているなあ)という印象があった。今回は黒金ヒロシが書いた本と、この番組の趣旨が交差しておもしろい話題だった。座談だから内容をきちんと記憶しているわけではないが、日本人の心の変遷の問題を、分かりやすく話している。押しつけがましい持論の主張ばかりの時代にこの種の「座談」は面白くてためになる。

日本人は、「豊かになって金持ちの国民だ」という常識に疑問を提じる。「お金があればそれが満足なの」、という私の疑問ともぴったり重なる。暮らしの豊かさと、経済的な豊かさはイコールじゃない。しかも、経済的豊かさは公平に配分されていないという、経済学的な裏付けがある。国民としての「矜持」の持ち方も、戦争に強いことがいいことじゃない。「自分を大切にし、他人を大切にし、国民を大切にする」。国民に優しさと厳しさを持たせられる国は、他国からも尊敬される。そんな「矜持」、今どこにもない。

番組を見て、私が感じたことだけれども。

[PR]
by zoofox | 2017-03-25 10:15 | Comments(0)

マスコミの変化

今日の新聞は薄いが、昨日の籠池氏証人喚問のことが、FAXの資料入りで出ている。証人喚問はTVの即効性には叶わない。大方の意見は、「一方の証人喚問をしたのだから、ツイッターで反論するより府知事も、国の役人も、総理夫人も証人喚問すべきだ」、という方向にゆっくりと地滑りしているように思える。官房長官の記者会見がこれほど説得力がないのかと、改めて感じた。

サラリーマンと文句を言わない国民からは、やらずぼったくりで税金を否応なしに取り立てて、違う所では当事者が驚くほどの価格(神風)で、国有地の払い下げをする。中国の「賄賂体質」を「遅れた国だ」と嗤うが、一皮剥けば同じことだ。

日本会議の仲間割れだ、と言ってしまえばそれまでだが、「公明党」はどんな態度を取るのかな。見所はいろいろある。「維新の会」は何だかゆらゆらしてきたな。こんな小さな揺れがだんだん大きくなって行くのかも知れない。一気に話は飛躍するが、「日本に損害を与え(てきた)た」人は弾劾に値するんじゃないのかな。

ここ数ヶ月、マスコミの報道がほんの少しずつ変化しているのを感じる。変化しないのはNHKだけだ。日本テレビも、フジテレビも遠慮が薄くなってきた。拉致家族の問題には手が付いていない。新しい治安維持法、まして憲法改正はゴールが見えなくなった。森友学園問題は正に「オウンゴール」に見える。

[PR]
by zoofox | 2017-03-24 09:32 | Comments(0)