独りの戯言


by zoofox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
気になること
政治って
車の話
テレビの話
自分のこと
戦争
映画を見て
思い出
子供について
詩文
若い日
カメラ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月

お気に入りブログ

生きる。撮る。

最新のコメント

おはようございます。11..
by zoofox at 08:29
おはようございます。早起..
by memmon at 06:20
コメントありがとうござい..
by zoofox at 20:30
張り手は禁じ手では無いけ..
by 匿名 at 16:20
ありがとmemmonさん..
by zoofox at 12:05
ファイト!
by memmon at 10:44
何かすっきりしない日がつ..
by zoofox at 15:59
カマキリ、当地では幸いに..
by korei at 09:36
> memmonさん ..
by zoofox at 22:44
大丈夫! すぐに治りま..
by memmon at 17:34

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

正直なところ
at 2017-07-25 22:43
人を殺す
at 2017-07-25 09:03
090
at 2017-07-24 23:17
内閣支持率26%
at 2017-07-24 08:43
車をかまう
at 2017-07-23 22:00
朝鮮総督府
at 2017-07-23 09:54
レンジファインダーの感想
at 2017-07-23 06:15
花火
at 2017-07-22 21:04
夏休み
at 2017-07-22 09:00
値段
at 2017-07-21 19:32
何でもない日課
at 2017-07-21 16:53
白鵬の選択
at 2017-07-21 09:47
武士の本分
at 2017-07-20 23:34
知らない言葉
at 2017-07-20 08:06
引導を渡す
at 2017-07-19 19:12
看護と介護と被介護
at 2017-07-19 09:19
よく読んでから行動しろ
at 2017-07-18 23:25
しつこさと研究熱心
at 2017-07-17 20:22
語られない近代史
at 2017-07-17 08:43
休場
at 2017-07-16 22:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
カメラ

画像一覧

<   2016年 11月 ( 55 )   > この月の画像一覧

私のような人間にとって

毎日テレビを見て、新聞を読んで、気に入った意見を吐くWEBを回って、何か自分の心に響く物があると自分の感じたことをブログに書く。色々な意見を探し、違う立場の意見を聞き、自分の考えを修正していく。少し前ならノートに書いて、時折読み返して満足していたのだろうが、今は情報が「使い捨て」だ。勿体ないな、沢山の人に知って貰いたいな、と思う話も毎日の巨大は情報の波に埋もれてしまう。そんな時の流れの中で立ち止まってみる。(オレの目的はこんなことだったんだろうか)。何かが出来ない代わりにこんな生活をしているのだ。きっと。

写真は好きだが、中学生の頃から何十年も撮っていて、ちっとも上手くならない。若い時は「アサヒカメラ」を定期購読して、冒頭の「芸術写真」毎月見ていた。心に残っているのはほんの数葉だ。父や母や兄弟姉妹が笑っている写真とその背景の方が、私には価値がある。人に見せる写真と自分に見せる写真がある、そんな簡単なことに気が付くのに随分時間がかかった。知らず知らず他人の目を意識しているのだ。それはオレじゃない。少なくてもオレらしくない。

私にとって最高の写真は従兄弟の結婚式で、新妻の真っ白い角隠しの「鶴」にピントが合って、後はぼやけている一枚だけだ。薄暗い中で中望遠の手持ちで、シャッターを切った記憶も薄い。誰も誉めてくれなくても、私が満足している。もうネガもプリントも手元にはない。私の記憶の中だけにある。その従兄弟ももうすぐ還暦になる。

日替わりのニュースに腹を立てても、何も残らない。外野から怒っていても何の満足感も残らない。政治家がいくら駄目でも、社会の仕組みが私達を排除しようと動いても、「気配」に一々腹を立てるのは無駄に思える。「悠々自適」とか「晴耕雨読」という言葉は、言葉だけの世界だ。実際にそこに放り込まれたら退屈で死にそうになるだろう。そう今の私だ。私は時折このブログの中で、自分の事を「年寄り」とか「オジサン」と呼ぶ。それも心底思っている訳ではない。無理矢理昔の趣味を引っ張り出しても、心の底から夢中にはなれない。

角隠しの鶴のように、相手を投げてその瞬間を覚えていない乱取りのように、何か私を無我夢中にさせてくれる物があるはずだ。「充実感」と似ているが違う。今の私にとって何が一番大切なのかそれを探し続けている間に、人生は終わるかも知れない。

[PR]
by zoofox | 2016-11-30 09:48 | Comments(0)

公孫樹

午前中は大工さん、設計士と打ち合わせ、だんだん大事になって来たな。午後になって、公孫樹を探しに行った。

その前に、元の職場のお姉さんからリクエストがあったので、柿を沢山届けて、世間話をした。その後、近隣で一軒になってしまった写真屋で、OM2N用にISO100のネガフィルムを二本買う。アマゾンより50円ぐらい高い。太陽が隠れないうちにかなり離れた、神社に行く。入り口に2本、社殿の右に1本、左奥にもう1本あった。今年は本当におかしい。やはり、秋が短かったのだろう。

c0366973_21593097.jpg
c0366973_21584117.jpg
こんなに色が違う。都心の並木と違って格好よく剪定していない。つんつんと小枝が青空に突き刺さるように背伸びしている。写真教室に通った同居人は、被写体が真ん中に来るのを「日の丸構図」と教えられて嫌う。「逆光がいいよ」とも言う。私とは少し意見が違う。自分が撮りたいものが真ん中でもいいんじゃないのかなと、常々考えている。真下から広角でてっぺんまで入れると、どうしても電線や街路灯がいいところで邪魔をする。黄金色の公孫樹って何となく暖かくて好きだな。上手い下手より、好き嫌いが先になります。

明日は晴れていれば、亀戸天神かな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-29 22:25 | Comments(0)

久々のカレー

五穀米に切り替えてから、カレーライスはほとんど作らない。カレーには合わない。土曜日に肉屋でさいころの豚の肩ロースを買ってしまった。本当は牛がいいのだが、最近は牛肉を置かなくなった。冷凍するか使うかで迷って、昨夜下煮をした。野菜はみんな大きく切る、最後は溶けてなくなる。高圧鍋で、湯気が出始めてから13分。

朝には、アルミの深鍋に移してまた火を入れる。ローリエが一枚見付からない。熱を入れては冷ましを何回かすると、カレーの下地らしくなる。カレーでもシチューでもいいのだが、豚肉は選択範囲がやや狭い。どうしても大人数の時の量になる。カレーだ。最終決定は夕方、半分は誰かにあげよう。

新聞を開く、良いニュースは何もない。「負担増」の話ばかりだ。毎度の話だが、富裕層や儲かっている大企業から税金を取れば全てが解決するのに。グローバルと格差拡大は同義語らしい。総理大臣が帰ってきてから、国会は駆け足で懸案の議案を法案に仕上げていく。何も私達にいい話がないという政権も珍しい。どうしてこの政権が支持されるのか理解できない。飛鳥はそのためにまた使われるのかな。

まあ、そんなことより、美味しくて身体にいいものを毎日食べよう。今日も洗濯が沢山待っている。乾いたらビニール袋に入れてまた整理だ。懐かしい革ジャンパーを捨てることにした。勿体ないが手入れが悪くて、皮が固くなっている。ごめんな。



[PR]
by zoofox | 2016-11-29 08:42 | Comments(0)

はしゃぐな

都知事は今度は、ボランティアの制服に文句を付けた。国の省や庁は小さくてもうるさい職員がいるから、「はいはい」と期間限定の親分の言うことは聞かない。都や区の職員は、親分の権力より、まず自分の保身を考えるから、賞味期限のある親分の言うことも、なるべく「はいはい」と聞く。「背面服従」という言葉があるが、「しょうがねえなあ、またこんなこと言いだしたよ」と思っていることは確かだろう。役人は基本的に選ばれてくる「長」をある意味馬鹿にしている。前の長が作らせたボランティアの制服など、何でもいいのだ。自分の懐が痛む訳でもないし。この「何でもいい」の範囲が、頑固な国家公務員と地方公務員で少し差がある。

都知事はまあ多分、自分の言葉にこんなに従順に従ってくれる団体は初めてだと思うから、だんだん増長してくる。給料生活者の公務員の前で、「私の給料を減給します」と平気で言える。少しずつ都職員の操縦法を学んでいるようだ。大体実際の行政など、突っつき所満載なのだ。マスコミも記事になるから面白がる。「何馬鹿やってるんだ。豊洲の問題は、人を処分しても何も解決しない」、とはっきり述べる人がいない。大騒ぎしたオリンピックの会場問題は、結局元通りだ。なーんにもしていないのと同じじゃない。

マスコミの役割は粘り強く、「埋め立て地の問題」、「東京ガスの問題」を調べて、「汚染はどこから来たのか」を独自の取材で明らかにして、初めて攻撃態勢が整う。都の発表をただ知らせるだけでは、屁の突っ張りにもならない。おまけに時期が過ぎれば知らん顔だ。いろはのいと人の心を知らない人達の時代になった。まあ、「退職したって金は取るわよ」というのはいい姿勢だが。

[PR]
by zoofox | 2016-11-28 11:09 | Comments(0)

川岸は・・・寒い

c0366973_16585884.jpg
午前中、同居人と二人でまちの中の紅葉を求めて一時間ほど走りました。「何だかこの車ゴツゴツするね」、容赦ありません。空気が多いのか扁平タイヤとは違うゴツゴツ感があります。公孫樹が撮りたくて探してもこちらはほとんど見付かりません。家に戻ってすぐに、バイクに乗り換え、カメラを二台持って出かけました。

何時もの川岸は寒くて桜の落ち葉が目立ちます。(後は神社しかないかな)と考えてます。下町は区の木、区の花が決まっているので、並木は期待できません。この石のテーブルと椅子、人が座っているのを見たことがありません。川には鴨の親子連れが泳いでいます。帰りに床屋さんで、0.5mmの坊主頭にしてきました。まあ、寒いこと。

[PR]
by zoofox | 2016-11-27 17:17 | Comments(0)

スティーヴン・セガール

昨日の話だ。俳優のスティーヴン・セガールがロシア国籍を取り、プーチンからパスポートを直接受け取った、というニュースを耳で聞いていた。「女言葉の関西弁」をしゃべる変な外人だ。アクション俳優で異色なのは、「合気道」を使うことだ。カンフーと合気道が混ざっている。沈黙シリーズで有名だが、彼のアクションを見ていると、「合気道」がどんなに優れた武術かよく分かる。多分、沢山の相手を倒すには、ベアナックルのボクシングか、合気道しかないだろう。カンフーや空手は、「一撃必殺」という技がない。

どんな事情か知らないが、アメリカのでっかい車で、でっかい身体を使いながら、小手先でちょいちょいと相手を倒す。特異なアクションをする俳優だ。アクションスターはスリムじゃなくちゃ。何故か彼はコルトの1911しか使わない。何か理由があるのだろう。

その彼が何で今国籍を移したのだろう。おいおい理由は出てくると思うが、黒髪の巨人というと、何となく東欧の匂いがする。まさか、トランプが嫌で行った訳でもあるまい。

そうだなあー、こういう手があったんだ。総理大臣が嫌いだ。放射能が恐い。政治が悪い、と文句ばかり言わずに、好きな国に国籍を移せばいい。年寄りは受け入れる国もないだろうが、年金はどうなるのかな。唯一の収入がなくなってしまう。

[PR]
by zoofox | 2016-11-27 09:01 | Comments(0)

アトムレンズ?

物を片し始めると、いろいろなものが出てくる。「Canon FP」というシンプルなカメラがある。F1.8 50mmの標準レンズが付いている。レンズは少しちりが入っているだけで、黴びていない。綺麗なものだ。カメラ自体も綺麗だ。どこで買ったのか貰ったのか記憶がない。誰かに貰ったのだろう。昔々、一度絞り込んでからシャッターを切るカメラがあった。これではないはずだが。

レンズを覗き込んでも、シャッターは軽快だが、自動絞りが利かない。外してみるとレンズの絞り棒を動かしても反応がない。壊れている。露出計もないし、ISO100のネガなら、勘で撮れるかも知れないが、実用的ではない。少々面倒でも開放でピントを合わせて、絞り込みリングを回してシャッターを切れば撮れるだろう。もしかして特別な操作でもあるのかと検索してみたら、ガンマ線を出す「アトムレンズ」というのがあったそうだ。ピタリこのレンズも入っている。絞り確認の環の位置からして初期の物らしい。知らず知らず何年もガンマ線を浴びていたとは気が付かなかった。最初の東京オリンピックの頃の製品らしい。おー恐。捨てちゃおうかな。

Yオクで、ニコンのレンズに入札していた。「50mmF1.2」は、憧れのレンズだ。中古カメラ店であっても2万円ほどする。ほとんどない。私の予想では、6千円~8千円くらいで落札しそうだ。私より高値が出たところで手を引く。高値で買って黴でもあったら泣くに泣けない。こういう物は実物を見て買うより仕方がない。さあ寝よう。これ以上物を増やすなんて馬鹿な考えだな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-26 23:40 | Comments(0)

出かけるどころか

とうとう重い腰を上げて身辺整理を始めた。まず衣類。この冬着る物と、春夏の薄手のジャンパーやヤッケを選りわけてビニール袋に入れ、お気に入りのダクトテープで封をしていく。段ボール箱に入れ、名札を貼り付けていく。100枚入りのビニール袋がだんだん減っていく。

私の行動形態だと自転車とオートバイが主で、歩くときとは着る物が違う。薄い風よけは夏でも必要になる。長袖のスポーツシャツが意外に沢山ある。私が絶対に買わない模様の新しいものもある。戴きものか形見分けだろう。厚手の半袖スポーツシャツも同じだ。厚い綿のポロシャツは着ない。捨てるには惜しいが、結局着ないだろう。(何でこんなに沢山あるんだ)と溜息が出る。

白い綿の長袖ワイシャツは、何時までも着られる。まだ、包装を開けていない物も何着もある。背広は着ないし、冠婚葬祭毎に新しいものを下ろすが、とても追いつかない。厚手のセーターが幾つもある。セーターは着る機会がない。ポーラティック(厚手のフリース)をまとめ買いした物も沢山あるが、暖房していれば暑いし、戸外では風を通す。シャツの代わりにするには暑すぎる。自分の生活習慣も変わったんだな。時間をかけて少しずつやるしかない。一日に段ボール箱一つずつ作れば、年内には片がつくだろう。

ゴルフをしていた10数年の間に、キャップやポロシャツなど色々買っている。止めたら余ってしまった。ヤッケやチョッキが多いのはそのせいかな。衣類、パソコン事務用品、その他、という順番かな。捨てたはずの下着が沢山ある。きっと母親が雑巾にでもしようと取って置いたのだろう。背広が沢山ある。ゴミと使えるのもの選別は難しい仕事だ。

また、ビニール袋を買ってこなくては。空いている段ボール箱は「お相手」が揃うまでなかなか閉じられない。床が沈むほどある本はどうしよう。「土門拳」の写真集は捨てられない。「日本の美術」も駄目だ。今は買えない単行本が沢山ある。でも、もう読めないものな。

何もかもが中途半端だ。これが嫌だったんだな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-26 15:14 | Comments(0)

土曜日の朝

土曜日の朝は、食事をしながら、「西部ゼミナール」と「佐和子の朝」を見る。西部さんは相変わらずだ。「ゼミ」と言うのに相応しい短い授業だ。

その前のニュースで、長い遊びから帰った総理が、蓮舫に突っ込まれていた。「何故TPPを急ぐのか」、はっきりとした理由が話せない。今回は言葉も内容も不明瞭だ。(威勢はいいが白鵬状態だな)と思う。昨日のNHK報道は自分の目で見て納得した、厚生労働委員会の「年金カット法案」の強行採決は、午後4時53分にテロップで流れ、5時のニュースで1分ほど放送した。6時のニュースでは完全スルー。民放は放送していたのに。その後のニュースで放送したか否かは見ないから知らない。NHKをあてにするのが間違いだ。改築にあわせてアンテナを撤去しよう。

こんなに何もかもが悪い方向に向かっている日本も珍しい。船頭が変われば流れも変わるのだろう。誰だ次の船頭は。

「カメラ」
FE10という古いカメラに、RL44という電池を二つ入れたら動き出した。レンズはAFの大きくて重たい24~120mmを付ける。バランスが悪いが、接点が合うと「絞り優先AE」だけは反応する。(これは手が疲れるな)と思う。FE2ではシャッターも切れない。手持ちのフィルムはISO200と400、FE10は1/2000秒が最高速度。少し絞れば戸外でも使えるかな。現像焼き付けを依頼して、手持ちのスキャナーでデジタル化することにした。ISO100も揃えておこう。もう無駄なお金は使えなくなっちゃったからな。外はピーカンだ。さあどこまで行くかな。

[PR]
by zoofox | 2016-11-26 09:07 | Comments(0)

タイヤ交換

一度試みて挫折している。年々タイヤ交換が面倒になる。今年は最初からディーラーのサービスフロントに連絡して、時間を取ってもらった。前のスタッドレスタイヤは回転方向が決まっていて、右前後、左前後のローテーションしかできなかった。今回のタイヤには雪に噛みつく方向を書いた矢印がない。ジャッキアップの補強点が奥にあり、下手をすると車体を傷つけるのも恐い。金は取られたが空気圧とバランスも見てくれる。おまけに洗車もしてくれた。まあ、しょうがないか。

展示場には新しい白いインプが真ん中に一台置いてあるだけだ。乗り込むと感じはほとんど同じだが、外から見るとちょっと平べったい感じがする。

何だかんだで一時間もかかった。走り出すとスタッドレス特有のゴーという音はするが小さめだ。17インチから15インチにすると、若干加速がいいように感じるが、突き上げはこちらの方が感じる。アルミホイールの形状が違うので、ディスクブレーキとポッドがよく見える。この前は何も気にしていなかったから気が付かなかったところに目が行く。近所を一回りする。深めの底の固い防水の靴を履いているから、何の気なしにアクセルを踏むと、3000回転ぐらいになる。このせいで加速がいいと思っただけらしい。タイヤのインチが違うと随分感覚が違う。さあ、何時降ってもいいよ。

[PR]
by zoofox | 2016-11-25 21:12 | Comments(0)